「10人の泥棒たち」のキム・スヒョン、日本ファンの心を虜にした!

「10人の泥棒たち」のキム・スヒョン、日本ファンの心を虜にした!

映画「隠密に偉大に」のポスター

映画「隠密に偉大に」、「10人の泥棒たち」のキム・スヒョンが、日本の映画業界まで熱く盛り上げている。

6月29日、キム・スヒョンは日本人ファンの熱い歓迎を受け、羽田空港に到着した。今回の訪問は、日本で公開された「10人の泥棒たち」の舞台挨拶と日本公式ファンクラブの創立式に参加するためだった。キム・スヒョンは30日、東京TOHOシネマズ六本木ヒルズで観客と挨拶を交わした。キム・スヒョンは日本語で挨拶を交わし、近況報告とともに撮影時のエピソードを話してくれた。

30日の舞台挨拶は午後12時と午後1時の2回に渡って行われた。午後1時の舞台挨拶の様子は、日本全国50ヶ所以上の映画館にいる1万人余りの観客に同時生中継された。キム・スヒョンの日本の所属事務所の関係者は、「舞台挨拶を他の上映館で同時生中継することはとても異例的なイベントであり、キム・スヒョンさんに会いたいと願っている日本人ファンの希望で、特別に企画された」と伝えた。

「10人の泥棒たち」の舞台挨拶が終わった後、キム・スヒョンは渋谷公会堂に移動し、日本公式ファンクラブの創立記念のファンミーティングを行った。今回のファンミーティングのチケットは5月、前売り開始と同時にチケットの完売を記録し、キム・スヒョンの人気を実感させた。

2時間にわたって行われた今回のファンミーティングは、スペシャル映像の公開やトークタイム、料理の実力公開、歌のプレゼントなど、多彩なコーナーで構成された。キム・スヒョンは「映画デビュー作である『10人の泥棒たち』の公開時期に合わせて舞台挨拶とファンミーティングでファンの皆様にご挨拶でき、一層格別な時間になった」と感想を伝えた。

映画「10人の泥棒たち」の舞台挨拶と公式ファンミーティングを大盛況のうちに終えたキム・スヒョンは1日、日本の有力新聞や雑誌とのインタビューを行った後、帰国する予定だ。韓国では「隠密に偉大に」、日本では「10人の泥棒たち」でスクリーンを掌握しているキム・スヒョン。日韓の両国でのキム・スヒョンの影響力が徐々に高まっている。

記者:キ・ミョンギュン、写真提供:SHOWBOX、翻訳:ナ・ウンジョン、日本語編集:チェ・ユンジョン