チェ・ジウ、SBS「怪しい家政婦」で2年ぶりにドラマカムバック!

チェ・ジウ、SBS「怪しい家政婦」で2年ぶりにドラマカムバック!

チェ・ジウ

チェ・ジウ女優チェ・ジウが9月末に放送予定のSBS月火ドラマ「怪しい家政婦」(仮題、脚本:ペク・ウンチョル、演出:キム・ヒョンシク)の主人公パク・ボクニョ役にキャスティングされた。

このドラマはベールに包まれたミステリーな家政婦パク・ボクニョの物語を描く作品で、日本ドラマ「家政婦のミタ」を原作としている。2011年、NTVで放送された「家政婦のミタ」は、最高視聴率40%を記録し、日本ドラマ視聴率の歴代3位に上がった話題作だ。

ストーリーは母を失い父と4兄妹が暮らす家庭に、ある日、正体不明の家政婦が訪れることから始まる。絶対に笑わない無表情のミステリーな女性の登場により数々のエピソードが発生し、多くのものを失ったまま傷を抱えて暮らしていた家族は、彼女の活躍で家族愛を改めて感じるという内容を盛り込んでいる。

制作陣は「絶対笑わず奇妙な雰囲気を醸し出す女性を、これまで可憐なキャラクターや実力あるキャリアウーマンを主に演じてきたチェ・ジウが演じることで、“逆発想”の魅力をアピールできると思う」とキャスティングの背景を説明した。

チェ・ジウは「これまで見せたことのない女優チェ・ジウの新しい演技変身であり、挑戦になると思う」と伝えた。

記者:チャン・ソユン、翻訳:ナ・ウンジョン