チョン・ウソン&チェ・ジニョク、監督と俳優としての出会い…短編映画「夢の始まり」

チョン・ウソン&チェ・ジニョク、監督と俳優としての出会い…短編映画「夢の始まり」「監視者たち」のジェームス役のチョン・ウソンがもう一度メガホンを取った。

7月31日、所属事務所レッドブリックハウスによると、チョン・ウソンが苦しい現実を生きていく現代人の逸脱と夢に対するファンタジーを描いた短編映画「夢の始まり」の演出を担当した。

「夢の始まり」は「SAMSUNG GALAXY S4 – 私とS4の話」キャンペーンの第2弾となるブランドフィルムプロジェクトに出品した作品で、消費者からの公募を通じて当選したシナリオで作られた。チョン・ウソンが演出と脚色を担当し、チェ・ジニョクが主人公として熱演した。

チョン・ウソンは今回が初めての演出ではない。1999年、歌手godのミュージックビデオ「君が僕を離れた後に」を通じて監督デビューを果たしたチョン・ウソンは昨年、ケーブルチャンネルXTMのチャンネル広告を手がけ、隠れた才能を披露した。今年初めに発表した短編映画「4ラン(サラン)」の場合、YouTubeの再生回数が180万回を超え、注目を集めた。

「夢の始まり」プロジェクトの関係者は「撮影現場でチョン・ウソン監督と主演俳優チェ・ジニョクの呼吸が特に良かった。撮影現場で優しいチョン・ウソン監督のディレクティンとキャラクターを正確に理解し表現するチェ・ジニョクの瞬発力が、作品をさらに豊かにしてくれた」と述べた。

「夢の始まり」はYoutubeを始めとするオンラインメディアを通じて確認できる。

記者:チョン・シウ、写真提供:レッドブリックハウス、翻訳:ナ・ウンジョン