B.A.P「BADMAN」、米iTunesのヒップホップチャート1位

B.A.P「BADMAN」、米iTunesのヒップホップチャート1位

B.A.P、米iTunesのヒップホップチャート

3rdミニアルバム「BADMAN」で帰ってきたB.A.Pが、タイトル曲「BADMAN」でアメリカのiTunesヒップホップチャートで1位を獲得した。

6日に公開されたB.A.Pのタイトル曲「BADMAN」は、7日(韓国時間基準)、“iTunesストアー・トップ10ヒップホップアルバム”チャートで1位となった。

「BADMAN」はアメリカのヒップホップチャート1位の他にも、日本やフィンランド、ニュージーランドチャートで2位、ポルトガルチャートでは7位にランクインした。特に、アメリカのヒップホップアルバムチャートでは、ジェイ・Zを押しのけ1位になり、さらに注目を集めている。

B.A.Pは以前発表した「POWER」「NO MERCY」「ONE SHOT」も、リリースと同時にアメリカのiTunesヒップホップアルバムチャート1位、イギリスのチャート4位を記録し、フロー・ライダーやGORILLAZなど、ヒップホップ歌手を押しのけ好成績をあげたことがある。中でも、「ONE SHOT」は世界11カ国のチャートに名を連ね、注目を浴びた。

B.A.Pは8日夜、シンガポールでアメリカ4都市とアジア4都市を回るパシフィックツアー「B.A.P LIVE ON EARTH」を開催する予定であり、今週、音楽番組を通じて「BADMAN」のカムバックを控えている。

記者:パク・スジョン、写真提供:TSエンターテインメント、翻訳:ナ・ウンジョン