イ・ヒョリまでもが結婚!”妖精”から”結婚した女性”になっていく第1世代ガールズグループ

“結婚”イ・ヒョリ、“妖精”から“品切れ女”になっていく第1世代ガールズグループのメンバーたち

第1世代ガールズグループFin.K.Lのメンバーイ・ヒョリ(左)とS.E.S

イ・ヒョリとイ・サンスンが9月1日に済州島(チェジュド)にある別荘で結婚式を挙げた。これで、誰も結婚していなかったFin.K.L(ピンクル)の中で、イ・ヒョリが一番先に結婚したメンバーとなった。

Fin.K.L、S.E.S、Chakra、JEWELRY、Baby V.O.X(ベイビーボックス)など、1990年代後半から2000年代初めまでガールズグループの全盛期をリードした主役たちの結婚が相次いでいる。この中で一番最初に結婚したのは、2009年1月に一般人と結婚したChakraのイ・ウンだった。

Fin.K.Lと共に90年代の女性アイドルを代表するS.E.Sのメンバーたちの結婚も続いた。Shooは2010年4月、バスケットボール選手のイム・ヒョソンと結婚にゴールインし、女優として活発に活動しているユジンは2011年7月、俳優キ・テヨンと結婚した。

他にもBaby V.O.Xのメンバーキム・イジとJEWELRYの元メンバーイ・ジヒョンが2010年と2013年、それぞれ一般人男性と結婚し、妖精から卒業した。そして、第1世代ガールズグループではないが、2013年1月にガールズグループWonder Girlsのソネが宣教師ジェームズ・パクと結婚し、話題を集めた。

第1世代ガールズグループの中でまだ結婚していない人は多い。オク・ジュヒョンやソン・ユリ、イ・ジン、Bada、ファンボ、チョン・リョウォンなど、彼女たちのほとんどは依然として歌手や女優、MCとして活発に活動している。“国民の妖精”イ・ヒョリの結婚に続き、今度は誰が結婚を発表するのかに期待が集まる。

記者:キ・ミョンギュン、翻訳:ナ・ウンジョン