チョ・インソン、映画「グォン・ボブ」から降板!

チョ・インソン、映画「グォン・ボブ」から降板!俳優チョ・インソンが映画「クォン・ボブ」から降板した。

2日午前、チョ・インソンの所属事務所であるIOKカンパニー側は「スケジュールの調整が難しく、結局この映画から降板することにした」」と伝えた。

チョ・インソンは3年前に映画「クォン・ボブ」の主役にキャスティングされたが、投資の問題で映画撮影が延期になった。このような理由で、これまで他の映画の出演は控えて撮影を待ち続けてきたチョ・インソンは、今年の初めSBSドラマ「その冬、風は吹く」で復帰することになった。

「クォン・ボブ」は未来の都市を舞台に正義感に溢れる男が偶然幽霊の森“ピョルリ”に訪ね、その街を破壊しようとする勢力に立ち向かう物語を描いたSF映画である。映画「トンマッコルへようこそ」のパク・クァンヒョン監督が演出と脚本を手がけた作品だ。

記者:チャン・ソユン、翻訳:チェ・ユンジョン