BIGBANGのG-DRAGON、「YG WITH」キャンペーンを通じてハイチの養魚場を支援

BIGBANGのG-DRAGON、「YG WITH」キャンペーンを通じてハイチの養魚場を支援

G-DRAGON

BIGBANGのG-DRAGONが「YG WITH」キャンペーンを通じてハイチの養魚場を支援する寄付活動に参加した。

G-DRAGONは青少年の才能寄付サイト「GOOD WAY WITH US」と共にする「YG WITHキャンペーン」に参加すると決定した。

所属事務所のYGエンターテインメント(以下YG)は2009年から社会貢献活動として「YG WITH」を行い、YGのコンサート、アルバム、商品の収益の一部を社会に持続的に還元するだけでなく、所属アーティストたちが様々な形でボランティア活動を展開している。   G-DRAGONは3月のコンサートでYG WITHキャンペーンを通じて「ネパール希望の学校」建設のための募金ブースを設け、疎外階層のための寄付を奨励した。そして、今回はハイチの養魚場に関する寄付活動を支援した。

G-DRAGONが参加した今回のYG WITHキャンペーンはGOOD WAY WITH USの「Fish 4 Lifeプロジェクト」で、世界中の人々が参加するグローバルな募金運動である。今回の募金の目標は、世界最貧国の一つであるハイチの住民のために魚類養殖手段を支援し、経済的基盤を作ることだ。

G-DRAGONは8月31日と9月1日、ソウルオリンピック体操競技場で開催されたワールドツアーのフィナーレ公演で、YGの社会貢献キャンペーンである「YG WITH」ブースを設置した。ブースではG-DRAGONのサイン付きの後援証、コンサートDVD、YG Secret Goodsなどを景品に掲げたイベントが行われた。YGはファンのイベント参加による収益を寄付金として募金した。同寄付金はハイチの養魚場を支援するために使われる予定だ。

G-DRAGONが参加するGOOD WAY WITH USの「Fish 4 Lifeプロジェクト」は、クラウドファンディングサイトであるUCANFUNDING(http://ucanfunding.com/)で9月30日までインターネット募金も行われる。また、UCANFUNDING加入後、「希望の養魚場プロジェクト」ページにコメントを投稿すれば、参加者の名前で100ウォン(約9円)が後援される「G-DRAGONと一緒に参加する希望の養魚場コメントイベント」も進行中である。

記者:パク・スジョン、写真提供:YGエンターテインメント、翻訳:ナ・ウンジョン