イ・ミンホ、ユ・ハ監督の映画「江南ブルース」への出演を検討中

イ・ミンホ、ユ・ハ監督の映画「江南ブルース」への出演を検討中イ・ミンホがユ・ハ監督の新作映画「江南ブルース」への出演を検討している。

「マルチュク青春通り」「卑劣な街」などを演出したユ・ハ監督がメガホンを取る「江南ブルース」は、1970年代のソウル江南(カンナム)を背景に、不動産開発が本格的に始まった時期、政治権力と闇の勢力が結託して繰り広げられる物語を描くアクションノワールジャンルの映画である。

俳優よりスターのイメージが強かったクォン・サンウ、チョ・インソンなど男性俳優たちの新たな一面を発掘してきたユ・ハ監督の作品であるだけに、今回のイ・ミンホのキャスティングに高い関心が集まっている。

イ・ミンホ側の関係者は「『江南ブルース』のシナリオを頂き、前向きに検討している。映画のクランクインが来年3月なので、まだ出演を確定できるような段階ではない」と述べた。ちなみに、イ・ミンホは最近10アジアと行ったインタビューで「暗い面を持つキャラクターを演じてみたい」と明かした。

現在イ・ミンホは、ドラマ「シークレットガーデン」「紳士の品格」を執筆したキム・ウンスク脚本家のSBS新しいドラマ「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち」の撮影を行っている。

記者:チョン・シウ、写真提供:Starhausエンターテインメント、翻訳:ナ・ウンジョン