Block.B 、1年ぶりに新曲をリリース!音楽配信チャートの上位にランクイン

Block.B 、1年ぶりに新曲をリリース!音楽配信チャートの上位にランクインBlock.Bが約1年間の空白期間を破り、カムバックに成功した。

最近、新しい所属事務所であるセブンシーズンズに移籍したBlock.Bは、本日(23日)に約1年ぶりの新曲「光になってくれ」を公開した。

「光になってくれ」は公開と同時に、23日午後2時基準でMelOn4位、M.net3位、Bugs1位、Soribada1位など韓国の主要音楽配信チャートの上位にランクインし、Block.Bの底力を見せた。

昨年にリリースしたフルアルバム「BLOCKBUSTER」以来、約1年ぶりに歌謡界に姿を現したBlock.Bは「光になってくれ」を通じて従来の雰囲気とはまったく異なる、さらに成熟した感性を醸し出す姿で戻ってきた。

Block.Bの先行公開曲「光になってくれ」はリーダーのジコとPop Timeがタッグを組んで作った曲で、リーダージコのプロデュースを通じて完成された。23日、ジコは自身のTwitterに「いつもありがたいあの方たちの立場になって書いた曲です。もうすぐ公開ですね」という書き込みを掲載した。

ピアノの甘い旋律が印象的な「光になってくれ」は、リフレインの明るいメロディと対照的な愛する人に届けられない切ない気持ちを表現した歌詞が際立つ曲である。

これに先立ち17日に予告映像が公開され注目を浴びた「光になってくれ」は、本日(23日)、 音源と共にミュージックビデオが公開された。メンバーのユグォンを中心にBlock.Bのメンバーたちの熱演が盛り込まれており、話題となっている。

「光になってくれ」の先行公開を通じて従来のイメージとは180度違う変身を見せたBlock.Bは、10月2日に3rdミニアルバム「VERY GOOD」をリリースし、1年ぶりに本格的な活動に乗り出す予定だ。

記者:パク・スジョン、写真提供:セブンシーズンズ、翻訳:ナ・ウンジョン