パク・シフ、マスコミに公式謝罪…活動再開の意志を表明

パク・シフ、マスコミに公式謝罪…活動再開の意志を表明

俳優パク・シフ

パク・シフがマスコミを相手に公式謝罪した。

3日、パク・シフの所属事務所であるフファクトリーはマスコミに長文の公式報道資料を配布した。フファクトリーは現在、パク・シフの弟であるパク・ウホ氏が代表を務めている。

パク・ウホ代表は「パク・シフが社会的にご迷惑をお掛けしたことを、近くは家族として、表では俳優の所属事務所の代表として深くお詫び申し上げる」と話を始め、「強い叱咤と激励を下さった皆様の気持ちを謙虚に受け入れ、最善を尽くす役者に生まれ変わる」と伝えた。続いて、「パク・シフは演技を天職だと思っている人だ」と話し、今後の活動再開への意志を示した。

また、パク・ウホ代表は「パク・シフが初心に戻り、再び役者としての一歩を踏み出したとき、役者としてまだ花を咲かせていないまま、苦痛の中にいる若い芸術人を後援し、韓国映像文化の優秀性を知らせる代表的な韓流俳優として韓流ブームを再び盛り上げられる主役になれるよう応援するとの思いで、俳優パク・シフに関する記事を掲載するときも、未だ大きい苦痛の中にいるか弱い人間に温かい励ましで勇気を下さる恩恵を施すとの思いで、今まで俳優パク・シフが受けた苦痛と、そしてこれからも俳優や俳優を愛した大衆に痛い傷跡として残る傷を哀れに思い、過去の事件を言及することなく記事を書いていただければ幸いだ」と述べた。

このようなパク・シフの所属事務所の行動は、パク・シフの活動再開への意志を確実に表明したと見られる。

次はパク・シフの所属事務所のフファクトリーが配布した公式謝罪の全文である。

私は俳優パク・シフの弟であり、フファクトリーの代表を務めているパク・ウホです。

俳優パク・シフが映画「殺人の告白」とドラマ「清潭洞(チョンダムドン)アリス」に出演した後、韓流俳優として多くの方々の期待を受けながらトップへ向かっていた途中、他の模範になるべき公人として、社会的にご迷惑をお掛けしたことを、近くは家族として、表では俳優の所属事務所の代表として深くお詫び申し上げます。

これまで俳優パク・シフにたくさんの愛と期待を送ってくださった分、今回の事件により失望も大きく、愛情のこもった叱咤も、身に余る激励も受けました。強い叱咤と激励を下さった皆様の気持ちを謙虚に受け入れ、他の模範となり、最善を尽くす役者として生まれ変わりたいと思います。

俳優パク・シフは演技を天職だと思っている人です。今回の事件で誰よりも厳しい時間を送ったパク・シフが初心に戻り、再び役者としての一歩を踏み出したとき、役者としてまだ花を咲かせていないまま、苦痛の中にいる若い芸術人を後援し、韓国映像文化の優秀性を知らせる代表的な韓流俳優として韓流ブームを再び盛り上げられる主役になれるよう応援するとの思いで、俳優パク・シフに関する記事を掲載するときも、未だ大きい苦痛の中にいるか弱い人間に温かい励ましで勇気を下さる恩恵を施すとの思いで、今まで俳優パク・シフが受けた苦痛と、そしてこれからも俳優や俳優を愛した大衆に痛い傷跡として残る傷を哀れに思い、過去の事件を言及することなく記事を書いていただければ幸いです。

私と所属事務所の全員は韓国最高のエリートであり、全ての事案に客観的で鋭い記者精神を発揮し、苦痛を受ける人々に新しいスタートができるように勇気を与えてくれる記者の皆様の崇高な職業精神をよく存じています。翼を失った小鳥を見守るという愛情を込めた視線で俳優パク・シフを見守っていただければ、公人としての重大な責任感を忘れず、最善を尽くす役者として愛と憎で応援してくださるすべての方々に感謝の気持ちを長く覚える俳優パク・シフとフファクトリーになります。

記者:ペ・ソニョン、写真提供:パク・シフ Twitter、翻訳:ナ・ウンジョン