「綺麗な男」チャン・グンソク、 国宝級のビジュアルとLTE級の魔性とはこういうもの

「綺麗な男」チャン・グンソク、 国宝級のビジュアルとLTE級の魔性とはこういうもの

「綺麗な男」でトッコ・マテを演じるチャン・グンソク

チャン・グンソク主演のKBS 2TV新水木ドラマ「綺麗な男」がベールを脱いだ。

「秘密」の後番組として放送される「綺麗な男」で主人公トッコ・マテに扮したチャン・グンソクのイメージ写真が30日午前、初めて公開された。

トッコ・マテは歴史も変えられる顔という評価を受けている国宝級のビジュアルの持ち主で、どんな女性でも振り返るようにするオーラとLTEよりも早く女心を掴める魔性を持っている。チョン・ゲヨンの同名漫画がドラマ化されるというニュースが報じられた時、女心を魅了するトッコ・マテを一体誰が演じるのかと、原作マニアたちの関心が集まったという。そして、制作陣はフリープロダクションの段階から「チャン・グンソク〓トッコ・マテ」と決めていたほど、彼を信頼した。

制作会社のグループエイトは原作ファンの反応も肯定的だと伝え、一部のファンたちが「綺麗な男」のポスターを漫画のトッコ・マテの絵とチャン・グンソクの写真を使って自分たちで様々なバージョンに作り、共有していると明かした。

30日、制作会社が公開したトッコ・マテのイメージ写真は原作ファンたちのこのような期待を満足させたという評価を受けている。制作会社の関係者は「チャン・グンソクはトッコ・マテが持っているビジュアルだけでなく、言い方や表情、動作などキャラクターについて完璧に準備してきた」と満足感を示した。

トッコ・マテはビジュアルだけでなく、征服しなければならない目標を持つキャラクターである。「綺麗な男」はこんな彼が韓国上位1%の成功した女性10人の女心を盗みながら身につけたノウハウを通じて、真の“綺麗な男”に成長していく過程を描くマテの成功白書ドラマである。さらに、トッコ・マテだけを見守りながら愛するごく普通の女性キム・ボトン(IU(アイユー))の“綺麗な男”攻略気まで加わり、予測不可能な恋愛模様が描かれる。

「綺麗な男」チャン・グンソク、 国宝級のビジュアルとLTE級の魔性とはこういうもの

「綺麗な男」でトッコ・マテを演じるチャン・グンソク

1200万人の観客を動員した映画「7番部屋の贈り物」を脚色したユ・ヨンア脚本家が脚本を、tvNドラマ「となりの美男<イケメン>」「美男<イケメン>ラーメン店」を通じてビジュアル感性に溢れるドラマを披露してきたチョン・ジョンファ監督が演出を担当する。韓国で11月20日に初回放送される予定だ。

記者:ペ・ソニョン、写真提供:グループエイト、翻訳:ナ・ウンジョン