防弾少年団、「進撃の防弾」で6日から活動再開

防弾少年団、「進撃の防弾」で6日から活動再開防弾少年団が6日から後続曲「進撃の防弾」の活動に突入する。

今年6月に「No More Dream」でデビューした防弾少年団は、9月に新曲「N.O」をリリースし、活発な活動を続けてきた。そして、後続曲「進撃の防弾」で独特なステージを披露することを予告し、今年最高の新人として認められたいという情熱を見せた。

「進撃の防弾」は防弾少年団の1stミニアルバム「 O!RUL8,2? : Oh! Are you late, too?」に収録されている曲で、メンバーのRap monster(ラップモンスター)やSUGA(シュガ)、J-HOPEが曲の作業に参加した。

オールドスクール風のドラムビートに、軽快なブラスやギターのメロディを加え、みんなが楽しく遊べる曲に仕上げた。リズム感溢れるラップと、無声映画時代の活動弁士を連想させる面白いイントロのナレーションなどが曲を盛り上げている。

また、漫画「SLAM DUNK」の名ゼリフである「左手は添えるだけ」をパロディーして「そう、僕はステージの上のカン・ベクホ(桜木花道)、ただマイクは添えるだけ」という歌詞で防弾少年団の才気溢れるセンスを発揮した。

防弾少年団は6日午後6時に放送されるMBC MUSIC「SHOW CHAMPION」に出演する。

記者:ファン・ソンウン、翻訳:ナ・ウンジョン