INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

写真=TENASIA

初恋はなかなか叶わないものである。その人を見るだけで胸がときめいたり、どうすればいいのか分からずただため息だけをつく初恋の感情は、結ばれないまま、一時の熱病で終わってしまうことが多い。tvN「応答せよ1997」でそんな初恋の表情を一番よく見せてくれたのは、意外にもジュニ(INFINITE ホヤ)であった。彼が机の上にうつぶせになって片思いしているユンジェ(ソ・イングク)をじっと見つめたり、せっかく打ち明けた気持ちを冗談と誤解される瞬間の彼の切ない表情は、誰かを好きである気持ちがどんなものであるかをよく表現してくれた。デビューしてから2年、これまでアイドルグループINFINITEでラップとダンスの担当として生きてきたホヤは、繊細な目つきと優しい言葉遣いでジュニを完璧に表現した。「演技を学んだことがないので、台本を完全に僕のものにしなければならないと思いました。僕が出ないシーンまですべてを繰り返して読んでいるうちに、ストーリーの流れが分かるようになり、それが結構役に立ちました。ユンジェがあることを話したとき、もしジュニならどんな表情をするだろうとか、どんな反応を見せるだろうかということまで頭の中で予め計算しておきました。それが正しかったかどうかは分かりませんけどね(笑)」このため、彼は初めて演技に挑戦したにも関わらず、自分の顔を完全に消すことができた理由に、ただ「運がよかった」と一言で答えることができる。不慣れな分野に100%のエネルギーを注ぐ彼の熱意こそが、彼にとって最も心強い武器になった。

ジュニになるため噴き出したエネルギーは、そのまま彼に戻っている最中だ。「最近、二つのイベントに参加しましたが、僕のパートのとき、観客たちの歓呼が以前と少し違っていたんです(笑) 気のせいかもしれませんが、ジュニはドラマで少しかわいそうですよね。だから、みんなが僕を慰めよう、励まそうとしているような感じで歓声を送ってくれました」ステージだけで生きてきたこの若者は、演技のおかげでもう一つの自分の可能性を見つけることができ、さらにたくさんのストーリーを見せることができた。そのため、今のホヤにとっては、演技をしたという事実より、もう少し幸せに生きる方法をもう一つ学ぶことができたということが重要である。「他の方々と一緒に撮影することが楽しくて、大変だったことを忘れることができました。普段、音楽番組に出演するときは朝早くから準備しなければならないので、終わった後はとても疲れているのですが、その次にドラマの撮影がある時は、むしろ嬉しかったです。僕が登場するシーンが多ければ多いほど、楽しかったです」体力的にも精神的にも大変だったはずの時間を楽しそうに説明する彼の目に、22歳のエネルギーと純粋さが同時に通り過ぎる。そんな若者がおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」なので、どんな映画であるか気にならざるを得ない。きっと、知らず知らずのうちに彼の栄養分になった作品であるから。

 

INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

写真=TENASIA

1.「8 Mile」
2003年/カーティス・ハンソン

「数日前に韓国でコンサートを行ったりもしたヒップホップミュージシャンであるエミネムの自伝的なストーリーを描いた映画です。実際に彼が幼い頃に暮らしたアメリカ・デトロイトのスラム街が舞台ですが、非常に生々しく描かれています。主人公であるジミー(エミネム)が暗鬱な現実から抜け出す夢として、ヒップホップを突破口とする姿が心にジーンときました。特にパパ・ドクとラップのバトルをするシーンは、一生忘れられないと思います。エミネムが作った映画の主題歌『Lose Yourself』も本当にいい曲です」

不幸な暮らしから脱出するため、ラップを心の安息所にしなければならなかったある男性のストーリーである。エミネムの実話をもとにして作った映画ではあるけれど、「8 Mile」は主人公であるジミーを大スターにさせるような安易な結末にしなかった。ラップのバトルで優勝した後も、残りの夜勤をするため工場に戻るジミーの後ろ姿は、妙な余韻を残す。韓国で公開された後、「夢は高いのに、現実はどん底だ」という台詞が流行語になり、この映画は第75回アカデミー賞で歌曲賞を受賞した。

 

INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

写真=TENASIA

2.「ユー・ガット・サーブド」(You Got Served)
2004年/クリス・ストークス

「『ステップ・アップ』や『ダンス・レボリューション』が好きな人なら、この映画もきっと好きだと思います。ヒップホップダンスの映画ですが、プロのダンサーたちがバトルを披露する姿が生々しく描かれています。ストーリーが少し弱いですが、それでもみんなダンスがうまくて目を離すことができないんです。ダンサーたちの汗やそんな彼らに向けられた歓声、そしてダンスが混ざったシーンを見ていると、まるでミュージカルを見ているような気がします。僕もダンスをするので、映画を見ているうちに体が自然に動くような感じがしました」

ダンスを題材にした映画はいつも魅力的だ。リズムとビートによって人の体が自由自在に動くことは、誰もが経験できることではないから。デビッド(オマリオン)とエルジン(マーカス・ヒューストン)は自分たちのスタジオを持つため、ストリートヒップホップ大会に参加するが、そこで実力と友情を同時に試されるストーリーである。ダンスのシーンは印象的だが、ドラマがないという批評を圧倒的に受けた。それでも、ダンサーを夢見る人々にとっては依然として魅力的な映画であるしかない作品だ。

INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

写真=TENASIA

 

3.「言えない秘密」(Secret)
2008年/ジェイ・チョウ

「愛の切なさを描いた映画の中でこの映画ほどいい映画はないと思います。時間と空間を行き来しながら愛し合う男女主人公たちの姿が非常に切なく感じられたからです。見ている僕が少し恥ずかしくなるシーンではあるけど、シャンルン(ジェイ・チョウ)が片手でピアノを弾きながらシャオユー(グイ・ルンメイ)に『もう一つの手は君の手を握らなければならないから』と言うシーンは、本当に印象的でした。監督と主演を担当したジェイ・チョウの年齢が当時29歳だったと聞きましたが、意外と制服がよく似合っていてびっくりしました」

天才的なピアノの才能があるシャンルンは、転校した芸術学校で愛しい少女シャオユーに出会い、2人はピアノを通じて急激に仲良くなる。しかし、2人の間がどんどん近くなればなるほど、シャオユーは「言えない秘密」と言って、それ以上の自分を見せようとしない。ジェイ・チョウの監督デビュー作であり、シナリオと演出をすべて担当した。

 

INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

写真=TENASIA

4.「きみに読む物語」(The NOTEBOOK)
2004年/ニック・カサヴェテス

「最近のように肌寒くなり始める季節にちょうどいいラブストーリーの映画です。一生続く愛というものが本当に存在するんでしょうか? いろんな事情で愛を諦めなければならなかったけど、結局、もう一度会うようになる2人の縁を見て胸がジーンと来ました。ノア役を演じたライアン・ゴズリングとアリー役を演じたレイチェル・マクアダムスが一緒にいるシーンは、それ自体が美しいと思いました」

一目ぼれの愛、身分の差による仕方のない別れ。しかし、長い時間が過ぎた後、もう一度愛するようになるというストーリーは少し分かり切っているほどである。しかし、ラブストーリーの方程式にそのまま従う作品こそ、秋の日に心を揺さぶるには一番良い映画である。愛する彼女が自分を覚えていなくても、最後の瞬間まで彼女と一緒にいるノアの姿は、この映画がなぜ多くの観客たちの頭の中に残るしかないかという理由を見せてくれる。

 

INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

写真=TENASIA

5.「ジュマンジ」(JUMANJI)
1996年/ジョー・ジョンストン

「本当に思い出の映画です。子どものときにも見ましたが、動物たちがゲームから飛び出て街を荒らすシーンの衝撃が今でもリアルに残っています(笑) 象が自動車を踏みながら歩いたり、助けに来た警察と思ったのに実はバイクに乗った猿だったりするシーンが特に面白かったです。1996年の作品であるため、ロビン・ウィリアムズがかなり若く、幼いキルスティン・ダンストもかわいいなと思いました」

「ボードゲームが現実になったら?」というとんでもない想像が、「ジュマンジ」を通じてスクリーンで再現された。ジュディ(キルスティン・ダンスト)とピーター(ブラッドリー・ピアース)がジュマンジのゲームボードを探し出し、サイコロを投げる瞬間、ゲームの中の動物たちが飛び出て街をめちゃくちゃにし始める。26年間ゲームボードの中に閉じ込められていたアラン(ロビン・ウィリアムズ)まで力を合わせてゲームを終わらせようとするが、状況はどんどん取り返しがつかないほど大変になるだけだ。映画を見た後、いきなり変な太鼓の音が聞こえてくるような気持ちに陥るかもしれない。

 

INFINITE ホヤがおすすめする「僕の身体と心を揺さぶった映画」

写真=TENASIA

いい俳優の条件が次回作が期待できる人だとすれば、ホヤはいい俳優に一歩近づいたと言えるだろう。なぜなら、「応答せよ1997」のジュニと違う顔をしてカメラの前に立つ彼に早く会いたくなったからである。彼自身も俳優としての明日を頭の中に描いている。「実際の僕と違う人物を演じることができたら、もっと面白いだろうと思います。普段できないことをやることができますから。そのため、もしまた作品をすることになったら、アイドルだからできなかったことをやってみたいです。アクションもあるし悪口を言ったりもするような、レベルが少し高い映画に出てみたいです」

もちろん、夢を見ながらも常に自分の本分を忘れないことは、この若者のもう一つの美徳である。「作品にもう1本出演したら今よりうまく演じる自信はありますが、僕の本当の職業はINFINITEですから。しばらくの間は歌手としてより時間をかけて頑張りたいと思っています。INFINITEが一番大事ですから」その時、その時に合わせてエネルギーを自由に変奏することができる才能は、すべての人に与えられるものではない。ステージでもドラマでもどうして彼がそんなにも心強く見えたのか、ようやく分かった気がする。そして、今後も予想できないところでホヤの名前を見つけることができるだろう。
記者 : ファン・ヒョジン、写真 : チェ・ギウォン、翻訳 : ナ・ウンジョン