パク・シネ、「相続者たち」の劇中歌を歌う…「美男<イケメン>ですね」から4回目

パク・シネ、「相続者たち」の劇中歌を歌う…「美男<イケメン>ですね」から4回目女優パク・シネが再び自分が出演するドラマのOST(劇中歌)を歌う。

SBS水木ドラマ「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち」(以下「相続者たち」)で貧しい相続者チャ・ウンサン役を演じているパク・シネが歌ったOST「Story」が、6日に韓国で放送された第9話で初めて公開された。

パク・シネの「Story」は劇中、チャ・ウンサンと母パク・ヒナム(キム・ミギョン)が会話を交わすシーンから学校の廊下でキム・タン(イ・ミンホ)とチャ・ウンサンがただすれ違うシーンまでのBGMとして流れた。

これについて、所属事務所のS.A.L.T.エンターテインメントは「パク・シネはこれまで『美男<イケメン>ですね』『オレのことスキでしょ。』『となりの美男<イケメン>』といった出演作品で、自分が演じるキャラクターのテーマ曲を自ら歌った。今回の『相続者たち』でもチャ・ウンサンの心を代弁するテーマ曲を自分の声で歌うことになった」と説明した。

撮影が忙しく行われている中、合間を縫ってOSTの制作に参加したパク・シネは、撮影が終わった直後にレコーディングを行ったおかげで、チャ・ウンサンの感情に深く入って見事にレコーディングを終えたという。「Story」は7日正午、各種音楽配信サイトを通じて公開される予定だ。

記者:チャン・シウ、写真提供:SBS、翻訳:ナ・ウンジョン