パク・シフ、来年1月に大阪で写真展示会を開催!「王女の男」展示品も

パク・シフ、来年1月に大阪で写真展示会を開催!「王女の男」展示品もパク・シフが大阪で写真展示会を開催する。

パク・シフは最近、自身の日本公式ホームページに映像を掲載した。掲載された映像の中のパク・シフは明るい笑みを浮かべて「新年には皆さんに良いお知らせを伝えたい。大阪で皆さんに再び会えると思うと幸せだ。これはファンの皆さんの応援のおかげだ」と大阪での写真展示会を知らせた。

これに続きパク・シフは「今回の展示会で新しい写真で皆さんに会いに行くので、たくさんの期待と愛情をお願いしたい」と述べた。

映像の中のパク・シフは、明るい笑みを浮かべて暗いカラーのスーツを着ている。パク・シフは以前より落ち着いたヘアスタイルをしているが、明るい姿を維持した。

日本公式ホームページによると、パク・シフの写真展示会は「Re-Portrait Park Si Hoo Exhibition in Osaka 2014 ~The Man Who Was There~」というタイトルで来年1月11日から13日まで3日間にわたり、大阪 drapeau EXHIBITION SPACE(ドゥラポ エキシビジョン スペース)で開かれる。

この展示会は11月に東京で開催された。パク・シフは東京の展示会でSBSドラマ「清潭洞アリス」で本人の台本や所蔵品を展示した。今回の大阪展示会では、これと共にKBS 2TV「王女の男」が加わり、さらにグレードアップした。

パク・シフは23日、中国映画「香り」(仮題)への出演が確定し、芸能活動を本格的に再開する。パク・シフは映画「香り」で韓国人のインテリア・デザイナーカン・インジュン役を演じ、中華圏でホットなライジング・スターChen Ranと共演する予定だ。

記者 : チェ・ジンシル、翻訳 : チェ・ユンジョン