東方神起、「TENSE」アルバムを米ビルボードが詳しく紹介「マイケル・ジャクソンも満足できるアルバム」

東方神起、「TENSE」アルバムを米ビルボードが詳しく紹介「マイケル・ジャクソンも満足できるアルバム」

東方神起

グループ東方神起の7thフルアルバム「TENSE」が米ビルボードの注目を浴びた。

6日(現地時間)、アメリカの音楽専門誌ビルボードはK-POPのコラムのコーナー「K-TOWN」を通じて「TVXQ!『Tense』:Track-By-Track Review0」というタイトルの記事を掲載した。ビルボードは東方神起の7thフルアルバム「TENSE」に深い関心を示し、アルバムに収録されている12曲を詳しく紹介した。

特にビルボードは「東方神起は2003年12月26日にデビューした以来、10年間さまざまな国際的記録を破り、デビュー10周年を迎えた。ユンホとチャンミンは10周年を自ら祝い、『TENSE』アルバムでK-POPにカムバックした。2人は2014年の元日、ビッグバンドからインスピレーションを受けた野心に満ちたタイトル曲『Something』を披露し、今回のアルバムにはカシオペア(東方神起の公式ファンクラブ)だけではなく、マイケル・ジャクソンやブルーノ・マスなどといったR&Bファンたちも満足させる11曲が収録されている」と報道した。

また、各トラックのレビューで「東方神起は今までK-POPの分野で進歩的なエレクトロニックポップを披露してきたが、今回のタイトル曲『Something』は過去と現在のサウンドが見事に結合した素晴らしい特徴を持っている。収録曲『Moonlight Fantasy』は、曲の前半は暗い雰囲気のピアノの旋律のイントロで始まるが、曲のベースラインが進むとすぐ軽快なパンク・ロックに変わる。これはマイケル・ジャクソンのクラシックアルバムと似ていて、現代的な構成(DJのスクラッチの部分に注目)も感じられるが、まるでブルーノ・マスのアルバム『Unorthodox Jukebox』のような穏やかな印象を与える」と説明した。

さらにビルボードは「収録曲『Love Again』はソフトなR&B曲で、東方神起のパワフルなボーカルが際立ち、不要な装置は全て削ぎ落とした構成をベースにしているため、2人の幻想的なハーモニーを楽しむことができる。彼らが10年間積み上げたキャリアを通じて、彼らが優れた歌唱力を持っていることが分かる。リスナーは『Love Again』『Smoky Heart』のように素晴らしい曲をどうしてトラックリストの後半に配置したのか不思議に思うかもしれない」と評価した。

6日に発売された東方神起の7thフルアルバム「TENSE」は、HANTEOチャート、シンナラ・レコードなど主要アルバム売り上げ集計サイトのリアルタイムチャート、デイリーチャートの1位を獲得した。

記者:チェ・ジンシル、写真提供:SMエンターテインメント、翻訳:ナ・ウンジョン