2014年、EXOのバラエティ担当はBAEK HYUNに決まり!?

2013年、韓国の音楽業界における最高の発見はEXOだと断言できる。そして、2014年にもEXOの活躍が続くと予想されている。特にEXOはメンバーたちの映画出演、ドラマ出演が続々と発表されており、“先輩グループ”SUPER JUNIORのように多様な分野で才能を発揮すると見られる。それでは、EXOのバラエティセンスを担当することになるメンバーは誰だろうか。メンバー全員がバラエティ番組やラジオで12人12色の面白さをアピールしているが、中でも最も際立っているメンバーはBAEK HYUNである。

2014年、EXOのバラエティ担当はBAEK HYUNに決まり!?

写真提供=MBC every1

#ペラペラとよくしゃべるBAEK HYUN、ポイントは“ストレートな表現”

BAEK HYUNは20代の若者特有のマシンガントークと才覚を兼ね備えている。そんなBAEK HYUNの姿はまるでやんちゃな男子大学生のように見える。BAEK HYUNの才覚が最も際立っている番組は、MBC every1「EXO’s SHOWTIME」だ。BAEK HYUNは「EXO’s SHOWTIME」でメンバーたちの会話をリードし、必要があればMCにも変身する“バラエティカメレオン本能”を見せた。特にBAEK HYUNのセンスが際立ったのは、EXOのメンバーたちが旅に出た第6回の放送だった。BAEK HYUNは数人のメンバーが買い物に行って退屈になると、D.O.と一緒に「ベランダ・トークショー」を開催した。ここで2014年の最高のアイコンであるBAEK HYUNが、バンダナとサングラスをマッチさせた“世紀末ファッション”で登場し、面白さを与えた。また、BAEK HYUNは大胆で攻撃的な進行を披露し、ゲストのメンバーたちを当惑させた。特にBAEK HYUNは「今日、寝る前に食べ物を食べた」と気弱に話すTAOを強く叱るなど、清々しい進行を繰り広げ、笑いを誘った。

また、BAEK HYUNは「EXOの顔を区別する方法」を示した。BAEK HYUNの提唱する区別方法によると、KAIは「顔が一番黒い」、TAOは「顔が緑色で黒い」、CHENは「恐竜に似ている」、CHAN YEOLは「耳の形が妖精と似ているから……(少し躊躇って)ヨーダ」であるらしい。このようなBAEK HYUNのストレートな表現は、ファンがEXOを探求する面白いポイントになっている。

ちなみに、BAEK HYUNは細かいアドリブも無限に繰り広げてきた。BAEK HYUNはもし自分がプロポーズをするならという質問に、「この花はチョファ(造花)だ。僕は君がチョワ(好き)」という難解なプロポーズを話したり、EXOメンバーたちのプレゼント交換の時はSE HUNからバブルティー(タピオカティー)をもらって、「バブル、僕ペブル(お腹いっぱい)」というとんでもないダジャレを披露した。BAEK HYUNのダジャレはメンバーたちからブーイングを受けたり無視されたりしたが、視聴者の笑いを誘った。

2014年、EXOのバラエティ担当はBAEK HYUNに決まり!?#EXOのバラエティリーダー、中国人メンバーたちを引っ張るEXOのバラエティの先駆者

BAEK HYUNは“ストレートな表現”を使う一方、バラエティ番組が難しい中国人のメンバーたちを配慮する、両面のバラエティセンスを見せた。EXOには4人の中国人のメンバーがいる。ただでさえ大変な韓国語なのに、笑いまでとらなければならないバラエティ番組は、彼らにとって非常に大きな壁である。BAEK HYUNは誰よりも中国人のメンバーたちに気を配り、“バラエティセンスのある兄さん”としての資質を見せた。

BAEK HYUNの配慮は「EXO’s SHOWTIME」で輝いた。ハングルを知らないLU HANが“入水”の意味を聞くと、“プンドンス(海の中に落ちる音)”という自分だけの表現で親切に説明してあげた。その後、“プンドンス”はポータルサイトの新造語辞書に追加されるなど、面白い反響を呼んだ。また、BAEK HYUNは自分に甘える年下のTAOにも、言葉や状況を細かく説明したり優しく答えを返し、TAOの独特なバラエティセンスを際立てた。BAEK HYUNは視聴者たちに不思議に見えるかもしれない中国人メンバーたちの姿を、4次元(個性が強く、ユニークな考え方を持つ人)や可愛い魅力の持ち主として見えるように一役買った。

このようにBAEK HYUNはずば抜けたバラエティセンスで、バラエティ界の新たなスターの気質を見せている。BAEK HYUNはデビューショーケースでも、MCを務めたSUPER JUNIORのイトゥクに「一緒にバラエティ番組をやりたい」と話し、バラエティ番組への野心を表していた。2014年はBAEK HYUNのバラエティセンスがより広く知られ、デビュー当時の野望を果たし、バラエティ番組のMCになることを期待してみたい。

記者 : チェ・ジンシル、翻訳 : ナ・ウンジョン