4Minute「入ってきて」&San E「Body Language」KBSで放送不適格判定…“扇情的すぎる”

4Minute「入ってきて」&San E「Body Language」KBSで放送不適格判定…“扇情的すぎる” KBS側はガールズグループ4Minute「入ってきて」とSan Eの「Body Language」などに対して、放送不適格判定を下した。

23日に発表されたKBSの4月第4週目の歌謡審議結果によると、申請された152曲のうち、4Minuteの「教えてあげる」やヤン・ヒウンの「散歩」などを含めた計148曲が適格判定を受け、「入ってきて」「Body Language」、カン・ミンヒの「お姉さんって呼んで」など計6曲に放送不適格判定が下された。

「入ってきて」と「Body Language」の場合、扇情的なシーンを連想させるということで、不適格判定が下された。KBS側は「Body Language」の歌詞の中で「やってまたやって、やり続けても、上から下、後ろから前からボタンを外して胸を当ててみて。僕は一頭の馬、僕の上に乗って」の部分と、「入ってきて」の歌詞の「戸惑わないで深く入ってきて、私を抱きしめて Baby 私を触って」の部分を問題視したことが確認された。

また「お姉さんって呼んで」とエディ・キム「Slow dance」などを含めた4曲は、特定ブランド名の使用を理由に放送不適格判定を受けた。

記者 : キム・グヮングク、写真提供 : キューブエンターテインメント、ブレンニュミュージック