キム・ミョンミン&カン・ジファン&イ・ジョンソク、波乱万丈な男たちがお茶の間にやってくる!

キム・ミョンミン&カン・ジファン&イ・ジョンソク、波乱万丈な男たちがお茶の間にやってくる!お茶の間に波乱万丈な人生を生きる主人公たちがやってくる。

記憶喪失になりアイデンティティを失う危機に立たされたり、孤児として生まれたが、ある日目覚めてみると指折りの財閥家ヒョンソングループの息子になっていたり、愛する人を脱出させるためには何事も辞さない事情を抱えた男たちが同時に視聴者の前に立つ。切ない事情を抱いている3つの物語の中で、視聴者たちはどのドラマを選択するのだろうか。

30日に韓国で初放送されるMBC新水木ドラマ「改過遷善」(脚本:チェ・ヒラ、演出:パク・ジェボム、オ・ヒョンジョン)は、大手法律事務所のエース弁護士キム・ソクジュ(キム・ミョンミン)が事故によって記憶を失い、自分が生きてきた人生を振り返り、事件を担当しながら新たな人生を生きるようになるヒューマン法廷ドラマだ。キム・ミョンミンは記憶を失うことで、アイデンティティの混乱を経験するキム・ソクジュ役を演じる。

キム・ソクジュは優れた能力を持つ冷徹な弁護士だったが、偶然の事故により記憶を失い、自分が生きてきた人生を振り返り、失われたアイデンティティを取り戻すキャラクターだ。記憶を失う前と後のまったく異なる姿はもちろん、その間で複雑な内面の変化を表現しなければならないキャラクターであるだけにキム・ミョンミンがキャスティングされたことでファンたちの期待はさらに高まっている。特に、キム・ミョンミン特有のカリスマ性溢れる演技を見ることができる見込みだ。

キム・ミョンミンは「何よりもドラマのストーリーが素晴らしく、シノプシス(ドラマや舞台など作品のあらすじ)が上手くまとまっていて関心を持つようになった。そして、劇中でキム・ソクジュのキャラクターに不思議な魅力を感じ、演じてみたいという意欲が湧いた」と出演するきっかけを明かした。これに続き「『白い巨塔』、『ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~』以来、久しぶりにMBCのドラマに出演することになってドキドキしている」とし、ドラマへの期待を示した。

28日に初放送されるKBS 2TV新月火ドラマ「ビッグマン」(脚本:チェ・ジンウォン、演出:チ・ヨンス)の男性主人公キム・ジヒョク役にキャスティングされたカン・ジファンは、まともに勉強したこともなく、お金のないどん底の人生を捨てて、韓国の新たな経済リーダーになろうとする男の野望を描き出す予定だ。

キム・ジヒョクは孤児として生まれ、後ろ盾も学歴もない無視される人物だ。遊ぶだけ遊び、波乱万丈な人生を生きてきた彼が、ある日目覚めてみると指折りの財閥家ヒョンソングループの隠し子になる。だが、その裏に隠された不純な意図に気づき、激しい復讐を繰り広げる。

カン・ジファンは人生のどん底を転々としていたある男性が最高の“ビッグマン”に生まれ変わる人生逆転の話を描く。法律も通用しない“別の世界”に放り出され、絶対権力に立ち向かい、自分の信念と度胸で大切な人たちを守るために本物のリーダー“ビッグマン”へと成長していくキム・ジヒョク役を熱演する予定だ。

制作会社キム・ジョンハクプロダクション側は、「カン・ジファンは爆発的な演技力を備えた俳優だ。キム・ジヒョク役は、状況によって“喜怒哀楽”の感情を自由自在に表現できる俳優が適していると思い、カン・ジファンをキャスティングすることになった」とし、「『ビッグマン』は厳しい現実の中に一筋の希望の光が差し込む感動的な復讐劇になるだろう。たくさんの期待をお願いしたい」と伝えた。

俳優イ・ジョンソクは、脱北者の天才医師役でお茶の間に戻ってくる。彼は来月5日に初放送されるSBS新月火ドラマ「ドクター異邦人」(脚本:パク・ジヌ、演出:チン・ヒョク)で主人公のパク・フン役を務め、メディカルドラマに初挑戦する。

イ・ジョンソクが演じるパク・フンは、医者である父親と共に北朝鮮に拉致され、そこで父親に教わりながら医者として育てられた人物だ。パク・フンは脱北後、韓国最高の病院で勤務することになるが、医師の仲間に加われず、徹底して異邦人として暮らす中で北朝鮮に残された恋人を脱北させるために努力する。運命の渦の中で、巨大な陰謀に立ち向かう彼の物語が好奇心を刺激する。

イ・ジョンソクは所属事務所を通じて「パク・フンという魅力的なキャラクターを演じることができて、とても緊張してドキドキしている。外科医という専門的な職業を持つキャラクターであるだけに、視聴者の方々に良い演技をお見せするために一生懸命準備している。成熟な演技をお見せするために努力しているので、たくさん期待してほしい」と覚悟を明らかにした。

記者 : チェ・ボラン、写真 : MBC、KBS、SBS