イ・ヨンエ、修道女イ・ヘインさんの詩を絶賛「まさに酸素のようなもの」

イ・ヨンエ、修道女イ・ヘインさんの詩を絶賛「まさに酸素のようなもの」女優イ・ヨンエが修道女イ・ヘインさんの詩を絶賛した。

月刊文学思想5月号にイ・ヨンエが書いた「勇気と慰め、謙遜と感謝という言葉」というタイトルの記事が掲載された。イ・ヨンエは同記事で「修道女イ・ヘインさんの詩はまさに酸素のようです」と文章を切り出した。続いて「多くの人々が修道女の詩を読むことで慰めを得ていますが、私も同じです。文学や詩は、そのように治癒する力を持っていますが、修道女の詩は特にそうです。心が疲れ果てた時に休むことができる心の家のようです」と述べた。

イ・ヨンエは修道女イ・ヘインさんの詩「日記」に対しても、「時々、根拠のない噂で思い惑い、苦しんでいた時も、また、私に与えられた幸せにただ浮かれて雲の上を走っているような気分になる時も、勇気と慰め、謙遜と感謝というお教えを頂きました」と説明した。

イ・ヨンエは文学思想側から5月号の特別企画として「私が読んだイ・ヘイン詩人の詩」のコーナーに原稿の依頼を受けた。イ・ヨンエと修道女イ・ヘインさんは2001年ボランティア活動で知り合い、深い親交を続けている。

記者 : チェ・ジンシル、写真 : ペン・ヒョンジュン