キム・スヒョン、アジアツアー遂にファイナル!日本公演を盛況のうちに終了

キム・スヒョン、アジアツアー遂にファイナル!日本公演を盛況のうちに終了キム・スヒョンが18日、日本ファンミーティングを最後にアジアファンミーティングツアー「2014 Kim Soo Hyun Asia Tour 1st Memories in Japan」の大長征を終えた。

ドラマ「星から来たあなた」で再度韓流ブームに火をつけたキム・スヒョンは、アジアのファンたちの愛に応えるために多忙なスケジュールにもかかわらず、ドラマ終了後、優先的に3ヶ月間アジアツアーを行った。

キム・スヒョンは3月16日、ソウルを皮切りに約3ヶ月間、アジア7ヶ国(ソウル、台湾、中国、タイ、シンガポール、インドネシア、日本)9都市を回りながら、計5万人ほどを動員した。18日、アジアツアーの最後の舞台である日本ファンミーティングには日本のファンだけでなく、韓国、中国、タイなどから訪れた約4000人のファンが駆けつけた。所属事務所のキーイースト側は「早めにチケットが完売したため、会場に入れなかったファンは初夏の暑い陽気にもかかわらず、公演が終わるまで会場を離れなかった」と伝えた。

同日、キム・スヒョンはツアーの最後の公演を残念に思いながらも、率直で愉快なトークで2時間のツアーをリードした。特に甘美な歌をファンにプレゼントし、ファンのためにサプライズイベントをするなど、充実したプログラムでファンとコミュニケーションしながら楽しい思い出を作った。特にファンミーティングのエンディング曲である「君の家の前」を熱唱するキム・スヒョンと4000人のファンが共に歌い、感動的な瞬間を見せて注目を集めた。

アジアツアーの大長征を終えたキム・スヒョンは、「ツアーが終わると思うと残念だ。ドラマを1本終えた感じだ」と感想を明らかにし、「ファンミーティングをしながら未熟な部分も多かったが、温かく見守ってくださり、素敵な思い出を一緒に作ってくださり心から感謝している」とファンに温かい挨拶を伝えた。

キム・スヒョンの今回のツアーは、訪問国家の確定からチケットオープン、空港の入国、そしてファンミーティングと記者会見まですべての日程が高い関心の中で行われた。特にすべての訪問国でチケットが完売したことはもちろん、入国の際に空港に大勢のファンが駆けつけ、放送局が先を争って入国現場を中継するなど、スケジュールが進行される間に例のない歓迎を受けた。

現地のメディアも、ドラマが終了した以後も続くシンドロームを大きく報じる一方、記者会見の際には近況や次回作に対する関心を示し熱い取材競争を繰り広げ、ますます高まるキム・スヒョンの人気を実感させた。

特に、キム・スヒョンはツアーが行われた中でも韓国を行き来しなければならない忙しいスケジュールにも疲れた様子を見せず、誠実で謙虚な姿勢で日程をこなし、高い評価を受けた。

キム・スヒョンのファンミーティングツアーを共同進行した中華圏の現地関係者は「キム・スヒョンは韓流スターの中で最も優しくて真心を込めたファンサービスを見せ、現地のファンと関係者を満足させた最高の俳優だ」と絶賛し、「今回のツアーの成功により、韓流ブームの先頭に立っているキム・スヒョンの今後の活動に対し、海外からの関心がますます高まるだろう」と見通した。

キム・スヒョンの所属事務所であるキーイースト側にアジアはもちろん、アメリカ、ヨーロッパからもアンコール公演の要請が殺到しているほどだ。キム・スヒョンは今回のファンミーティングツアーを通じて、各国のファンを一つに集める起爆剤の役割を忠実にこなしてさらに強力なファン層を確保し、アジア全体を一つにした、韓国代表する俳優として確固たる地位を固めた。

ファンはもちろん、韓国と海外のマスコミの高い関心の中で成功裏にアジアファンミーティングツアーを終えたキム・スヒョンはしばらく休暇を取り、慎重に次期作を検討する予定だ。

記者 : きっ者 : クォン・ソクチョン、写真 : キーイーストエンターテインメント