HALO、6人6色のグラビアを公開!カジュアルルックで20代の初々しい姿を披露

HALO、6人6色のグラビアを公開!カジュアルルックで20代の初々しい姿を披露グループHALOの6人6色のグラビアが公開された。

2日、HALOの所属事務所アイン・ホールディングス側は、メンバーたちの多様な魅力が盛り込まれているグラビアを公開した。公開されたグラビアの中のHALOは、感覚的なカジュアルルックで20代の初々しい姿を披露している。

同日、撮影に参加した関係者は「HALOは撮影の間ずっと明るい姿で撮影現場の雰囲気をリードした」とし、「新人らしくない自然な表情演技と、多彩なポーズを躊躇なく表現するプロフェッショナルな姿に称賛を惜しまなかった」と伝えた。

HALOはリーダーOOONを中心にDINO、JAE YONG、HEE CHEON、IN HAENGとYOON DONGで構成された6人組のボーイズグループでだ。HALOは先週、地上波の音楽番組で1stミニアルバムのタイトル曲「体温が熱い」のステージを披露し、新人らしくないカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス)と中毒性のある歌で視聴者の視線を釘付けにした。

「体温が熱い」はニュースクールジャンルをベースにした曲で、ヒップホップ、エレクトロニック、ファンキーなど様々なジャンルが共存している楽曲であり、20代の情熱といわゆる“Some(付き合ってはいないが良好な関係を続けている男女)”に関するメッセージが盛り込まれている曲で、有名作詞家キム・イナが手がけた。

新人グループとしては異例の、デビューと同時にファンカフェの会員が3,400人を突破し人気を博しているHALOは、ファンカフェーを通じて7日、ファンと特別な出会いを予告した。

記者 : チェ・ジンシル、写真提供 : アイン・ホールディングス