BOYFRIEND“君という彼氏”の変身は無罪

BOYFRIEND“君という彼氏”の変身は無罪時間は嘘をつかない。時が来たら、すべてのことは明らかになる。1年5ヶ月ぶりに帰ってきたBOYFRIENDからこれまでの時間と努力の痕跡がはっきりと伝わってくる。2ndミニアルバム「OBSESSION」のタイトル曲「OBSESSION」を通じてタフでスタイリッシュな反抗児の魅力をアピールしているドンヒョン、ヒョンソン、ジョンミン、ヨンミン、クァンミン、ミヌといったBOYFRIENDの6人の男たちは、セクシーな眼差し、表情、体の動きまで少年から男性へ確実に変身した。

2011年にデビューし、いつのまにかデビュー4年目のグループになったBOYFRIENDは、韓国を離れている間は世界各国を周りながら自分たちの“彼氏”らしい魅力をアピールした。BOYFRIENDは特に日本で大きな成果を収めた。2012年8月にリリースした初のシングル「Be my shine ~君を離さない~」がオリコンランキング4位を獲得したことを皮切りに、3月に発表したシングル「My Avatar」は、オリコンランキング6位にランクインされた。第27回日本ゴールドディスク大賞ではベスト3ニュー・アーティスト(アジア)を受賞し、韓流アイドルとしての威厳を誇示した。皮肉にも、韓国での空白期が彼らにとっては成長の時間で、原動力になってくれたわけだった。少年が大人になっていく過程で自分の世界観を拡張させていくように、BOYFRIENDの変身は彼らの無限の発展の可能性に対する前向きな信号弾になっている。「僕は君のボーイフレンド」と歌いながら可愛い笑顔を浮かべた少年たちはもういない。その代わり、少年の歴史を積み重ね、ようやく大人の男性の話を始めた変身の鬼才だけが存在する。

―本当に久しぶりだ。1年5ヶ月ぶりにカムバックした感想から聞いてみよう。

ヒョンソン:これまで海外を回りながら多くのことを見て感じた。僕たちが成長した姿をファンに早く見せたいと思った。

ドンヒョン:今回の活動で変わった姿を見せられそうで本当に楽しみだ。

ミヌ:準備期間が長かっただけに、ステージに立つたびに新しく感じる。緊張もたくさんしている。ショーケースのステージに上がる前もとても緊張した(ドンヒョン:今も緊張しているみたいだね?)今は大丈夫だ!より良い姿を見せるために頑張りたいと思う。

クァンミン:久しぶりにステージに立って楽しい。ファンたちもそうだろうが、僕も韓国のカムバックをすごく待っていた。その楽しみの分だけステージの上で楽しく遊びたい。
ヨンミン:僕たちを覚えているだろうか、ひょっとしたら忘れてはいないだろうかという心配が多かった。でも、幸いにも多くの方々が関心を持って愛してくれて幸せだ。ショーケースでファンの愛情をたくさん感じた。

ジョンミン:韓国のステージがとても恋しかった。精力的に活動してより頻繁にファンに会いたい。

―そういえば、末っ子たちが全員20歳になった。兄さんたちに望む点や話したいことがあるのか?

ミヌ:あ、ある!兄さんたちがいつも僕のことを幼いとからかったり、小学生とか中学生扱いをするが、僕ももう大人だ。行動も大人っぽくするから、大人として扱ってほしい。

―兄さんたちが末っ子に話したい言葉は?

ドンヒョン:(質問が終わるやいなや)大人として扱えるように、子どもっぽい行動はしないでほしい。僕の目にはいつも子どものように見える。

クァンミン:僕は大人になっても純粋さを保ちたい、フフ。

ドンヒョン:純粋さとは少し違う。

一同:(笑)

―メンバー全員が大人になっただけに、今回のBOYFRIENDの変化に関する話がしたい。今回、「OBSESSION」を通じてビジュアル的にも、音楽的にも変身を図った。男っぽい反抗児のコンセプトが非常によく似合う。

ドンヒョン:2ndミニアルバム「OBSESSION」に力をたくさん注いだ。タイトル曲「OBSESSION」を聞いたら分かると思うが、今回は僕たちが普段使っていた歌い方をほとんど使わなかった。色んな歌い方で歌ってみて、その中で一番良い方法を探した。ミュージックビデオでもビジュアル的な部分に特に気を使ったため、見る人が「この子たち、本当にBOYFRIENDなの?」という感じを受けたと思う。

―今話した歌い方に関して特に気を使った部分があるのか?

ドンヒョン:ある意味、今回の曲はタフでスタイリッシュだ。それで、僕の声だけの個性を盛り込もうとたくさん努力した。少し鋭い感じを出した。

ジョンミン:僕のコンセプトはセクシーに歌うことだった。タイトル曲だけでなく、収録曲も全部そうだ。息の音などがそんな感じを決めると思って、その点にたくさん気を使った。録音しながら作曲家の兄さんたちに「これ、どう歌えばいいんですか?」と聞いたら、兄さんたちが「もう少しセクシーに歌ってみて。ずっとセクシーに歌い続けて」と言った(笑)

―今回の「OBSESSION」のアルバムで一番好きな曲は?

ドンヒョン:「ALARM」が一番好きだ。僕は年齢が高いためか、僕の年齢で共感できる曲が好きだ。「ALARM」を聞いたら、リラックスしながらも感傷に浸るようになる。実は「OBSESSION」よりもっと好きだ、ハハ。

クァンミン:僕も「ALARM」がすごく気に入っている。

ミヌ:たぶん皆同じだろう。

クァンミン:ラップの作詞に参加したのでもう少し愛着がある。

ジョンミン:僕は「DENY」が好きだ。メロディラインが少し独特で録音の時は非常に大変だったが、僕のパートが上手く録音できたようで愛着がある(笑)

―メンバーのほとんどが好きな「ALARM」のラップの作詞にミヌ、クァンミン、ジョンミンの3人の名前があった。歌詞はどんな方法で書くのか?

ミヌ:僕とクァンミンが書いたラップに、ジョンミン兄さんがコーラスラインを作ってディレクティングしてくれた。

クァンミン:ミヌと僕はまずそれぞれ歌詞を書いて、2人の歌詞を組み合わせた時、良かったらそのまま使って、もしあまり良くなかったらどっちかが変えて調整する。

ミヌ:書く前に(クァンミンに)どんな方向で書くつもりなのか聞く。クァンミンは一人で自分が考えたことを書き下すことが好きだからだ。それで、書く途中にクァンミンの歌詞をチェックして「あ、こんな感じで書けばいいのか」「分かった。そしたら、僕がここでこうする」のように書いていく。(ジョンミン:ミヌがクァンミンに合わせる方だ)今回の「ALARM」の場合は、もともとクァンミンが書いたラップは今のような感じではなかった。普通のラップだったが、曲に合わせてラップを少しメロディっぽくソフトに歌ったらどうかと話し合って、ラップにメロディを入れた。

―ミスを犯さないために、もしくはもう少し没入度の高いステージを披露するために自己暗示をかけたり、特別に行うことがあるのか?

ドンヒョン:あ、ステージに上がる前にやることがある。僕は必ず香水をつけてステージに上がる。良い香りがしたら、歌を歌うことが楽になる。それで、スタイリストから香水はやめてとよく言われる、ハハ。使い続けている香水があって、気分によってつける香水もある。香水がとても好きだ。

ヨンミン:僕は頭の中を空っぽにしてステージに上がる方だ。色んなことを考えてステージに上がると、必ずミスを犯す。それでも、考えが多過ぎてミスを犯す時がある。

クァンミン:テンションをたくさん上げた後にステージに上がる。(ジョンミン:彼は楽屋でものすごくうるさい!)色んな人にいたずらをする。

ドンヒョン:僕と反対だ。僕は少し落ち着いてからステージに上がる。ステージを披露する前にクァンミンが隣に来ていたずらをしたら、それを受けてあげる時もあるし、怒る時もある。でも、クァンミンがあまりにも無邪気でどうすることもできない(笑)

―他のメンバーたちはどうなのか?

ミヌ:常に考えていることは目を大きく開けようということだ。いつも(目を大きく開けて)こうやって目を大きく開けて鏡を見た後、ステージに上がる。小さい目がコンプレックスだからだ。(ドンヒョン:実際に見たらあまり小さくない)ステージで習慣的に目をとろんとさせているようで、モニターするたびにそれが本当に嫌だ。それで、今度は目を大きく開けようと思ってステージに上がっても、その時はまた目を閉じているように見えたりする。それで、周りの人々に「ステージに上がる前に、僕に目を大きく開けてと言ってください」と頼んでいる。

ヒョンソン:僕は普段とあまり変わることがないと思う。普段やっている通りにやればいいと気楽に思う。

―その言葉を変えて考えると、ヒョンソンは普段もステージの上のようにセクシーだということなのか?

ヒョンソン:ハハハ、違う!訂正する。ステージでは僕が最高だというマインドを持ってステージに上がると思う。

ドンヒョン:ヒョンソンは感情表現がとてもストレートだ。嬉しさ、セクシーさ、笑顔などをちゃんと表現する。

ヒョンソン:違っても別にいいと思ってしまう(笑)

ジョンミン:僕の場合は、以前はステージに上がった時にまとめて披露すればいいだろうと思ったが、最近は考えが少し変わった。ステージに上る30分前は一人でMP3プレーヤーのイヤホンで歌を聞きながらステージについて色んなことを考える。この部分ではこれをやってここではこれをやろうとか、ファンにこんなことをアピールして反応を引き出そうという風に、僕だけの脚本を作ってステージに上がる。思った通りに反応が出ない時は少し戸惑ってしまうが(笑) ある程度は予想した通りに出るのですごく気持ちいい。

―気持ちが良かった瞬間についてもう少し話してみよう。海外で活発に活動したが、特に日本での成果が際立った。記憶に残ったり、胸がいっぱいになった瞬間があるのか?

ドンヒョン:韓国のカムバックの前に行った日本のコンサートで直接作詞作曲した歌を歌った。曲をもらって歌うことと自分の話を自分で書いて聞かせることは非常に違うと感じた。歌を歌った後、暗転になってステージから下りる時、インイヤーでファンの声が小さく聞こえた。「聞き入った」「とても良かった」などの話が聞こえて、胸がいっぱいになって感動的だった。この曲は7月にリリースされる日本の2ndフルアルバムに収録される予定だ。

―日本で映画「GOGOイケメン5」の主演を務めた。「OBSESSION」のショーケースで映像を少し見たが、6人のイケメンが視線を引き付けた。

クァンミン:本当に新鮮な衝撃だった(笑)

ジョンミン:映画の撮影を通じてたくさんのことを学んで面白かった。

―撮影の時、「演技に本当に才能がある」と思ったメンバーは?

一同:ミヌ!

クァンミン:ミヌも本当に上手かったし、ヨンミンの演技も良かった。また、ジョンミン兄さんも上手だった!

ジョンミン:僕は面白いキャラクターが似合うと思う。作品に面白さを足す助演!「建築学概論」のナプトゥクのようなキャラクターが本当に好きだ。もし演技に挑戦するなら、そんなキャラクターを演じてみたい。

ドンヒョン:僕も演技への意欲がある。昨年、ミュージカル「千番目の男」に出演して演技の魅力を感じた。舞台に立って自分じゃない違う人になろうと努力しながらその魅力を知るようになった。機会があれば、ミュージカルやドラマなど何でもやってみたい。

―子役出身のミヌも今年初めに演技をやってみたいと話した。演じてみたいキャラクターがあるのか?

ミヌ:僕の場合、周りから高校生のキャラクターを演じるべきだとよく言われる。大人の演技は似合わないし、高校生を演じるにも曖昧だと言われているが、僕は街の教会のお兄さんのようなキャラクターを演じてみたい。僕がそんなイメージじゃないことは分かっている(笑) でも、そんなイメージになってみたい。年下ではなく、年上のような感じに挑戦してみたい。

―自分が考える自分のイメージは?

ミヌ:僕?僕は非常に……。

ドンヒョン:学校の“パンシャトル”(パンを買いに行かされる学生)のキャラクターがよく似合いそう(一同爆笑) いや、“パンシャトル”だったが、あるきっかけで突然かっこよくなるキャラクターがいい。(クァンミン:眼鏡をかけて!)ミヌがかっこよくなったら、以前いじめていた友達が突然優しくなったりするようなキャラクターがとても似合いそうだ。

―ハハ、ドンヒョンの話にミヌは少し不満そうな表情だが。

ミヌ:いや、実は、他の人が僕を見る時にそうだろうが、自分でモニターしても自分が少し中学生っぽく見える。それで、より大人っぽくなりたい。(ヒョンソン:フフ、今の話し方はとても残念そうだが)“パンシャトル”でも高校3年生か、大学生にしてほしい。

一同:(笑) 大学生なのか!

―話をしていたら、ドンヒョンが最年長でリーダーであることが確実に感じられる。末っ子を可愛がるのも、話をまとめるのも、一番大人っぽい。でも、大変なこともきっとあると思う。一般的にアイドルグループにはリーダーと同い年のメンバーがいるが、BOYFRIENDには1989年生まれはドンヒョン一人だ。

ドンヒョン:メンバーたちが優しくて僕の面倒をよく見てくれる。特に末っ子たちが優しくて、ご飯を食べる時や喉が乾いた時にそんなこと考える瞬間もないほどよく世話をしてくれる。(一同:(拍手しながら)ウハハハ)そんな点は本当に感謝する。でも、僕もたまには頼れる人が必要だ。悩みがあったり、大変なことがある時、お酒を飲みながら打ち明けられる人がいたらいいなと思う。弟たちに話すと、グループの中心が揺らぐかもしれないからだ。そんな点が少し大変かもしれない。

―そういう時はどうしているのか?

ドンヒョン:周りに付き合いの長い友達が多い。彼らは幼い頃から僕を見てきたから、この世界の仕事についてよく理解してくれる。彼らと一緒に話したら、かなり心が軽くなる。

―リーダーとしてメンバーたちにこの点だけは直してほしいということがあるのか?

ドンヒョン:うん。(しばらく考えて)そんなことがあったらすぐに話すタイプだから、今は特にない。話した後はまたすぐ忘れる。ただ、今のこの状態が良い。

―「OBSESSION」のステージでタンクトップを着たヒョンソンの筋肉質の体に多くの人が関心を示した。以前、映画「容疑者」のコン・ユのように引き締まった筋肉質の体を作りたいと話したが、今回の活動で体が完成したと思うのか?

ジョンミン:そんな話はどこでしたの?

ヒョンソン:一度言ったことがある(笑) 運動して献立の管理をしてみた人として「容疑者」のコン・ユ先輩の体は本当にすごいと思った。

ドンヒョン:(ヒョンソンを見て)でも、どうして最近は運動しないの?

ヒョンソン:時間がない!言い訳かもしれないが……。

ドンヒョン:最近、どこに行っても体の話ばかりしているから、運動を少しやった方がいいと思う。あ、先ほどメンバーたちに直してほしい点はないと言ったが、実はある。ヒョンソンが運動をもう少し一生懸命にやってほしい。活動する前までは熱心だったのに、活動を始めてからはやっていない。

ヒョンソン:正確に6月2日までやった!今は時間がなくて運動できない状態だが、それでもステージに上がる前はプッシュアップなどをやっている。

―ヒョンソンとジョンミンだけがB型で、残りはA型だ。ジョンミンは誰が見てもB型だが、自分の性格についてどう思うのか?

ジョンミン:あ、そう見えるのか?実はうちの家族は5人だが、全員B型だ。

一同:うわ、不思議だ。

ジョンミン:感情の起伏がある時はかなり酷い。でも、テンションが低い時は静かになるので、実は皆はよく気づかないと思う。

ヒョンソン:むしろジョンミンの場合は普段非常に活発な方だから、静かになると僕たちが気づく。

ジョンミン:最近はテンションが低い時があまりなかったが、カムバックする前にストレスを受けた時は少し落ち込んでいた(笑)

―サインも平凡じゃない。メディアのショーケースで配られたサインCDを見たら、ジョンミンはサインにト音記号を使っていた。

ミヌ:音楽を愛しているから!

ジョンミン:本当にその理由だ。サインしながらも音楽のことをもう一度考えるためだ。ト音記号は楽譜の始まりだから。

―やっぱり音楽を愛する気持ちがすごい。ジョンミンも作曲をしているが、ハードディスクに何曲ほど保存されているのか?

ジョンミン:バース(Verse:サビの前に配置される序奏部分)だけ数えると、(ミヌ:すごく多い!)数枚のアルバムを作れる。

ヒョンソン:完成された曲を数えると?

ジョンミン:ミニアルバムを数枚作れる。

―ジョンミンが作った曲を聞いたメンバーたちの反応は?

ジョンミン:曲を書き始めてから3年ぐらい経つが、最初の頃はメンバーたちに聞かせたら反応が(やんちゃな声で)「いや、面倒くさいです。どうしたんですか?」だった。(クァンミン:何を言っているんですか?僕たちは真剣に聞いたのに!)あまり関心がなかった。「あ、あの兄さんは曲を書くんだ。放っといておこう」のような感じだった。(ヒョンソン:いや、そんなことない、フフ)悪い目では見ていないが、大きな関心もなかった。(ヒョンソン:(音を立てながら笑っている))作業室で作業して「お、これいいじゃん。良い曲が出た」と思ってメンバーたちに聞かせたが、ある日皆が車の中でその歌を歌っていた。

ミヌ:今、僕は歌いそうだった!

一同:(爆笑)

ジョンミン:その反応を見て、曲をよりスムーズに直して意見を受け入れて、ハードディスクにより多くの曲を入れようと思った。いつか全曲を一度に公開しようと思っている(笑)

―今はただ静かに笑っているヨンミンは、以前チームでカリスマ性を担当したいと話した。自分で考えて「僕、こんな時にカリスマ性がある」と思う瞬間があるのか?

ヨンミン:(小さくため息をついて)ステージの上でじゃないかな?ハハ。

ジョンミン:寝て起きた時!

ヨンミン:そんなことだったら、シャワーしながら鏡を見る時だ。

ジョンミン:朝、ヨンミンが疲れている時、カリスマ性が非常に出る。「ヨンミン、起きて」と言ったら「(低い声で)はい」と答える時、ヨンミンのカリスマ性はその時に出ると思う。無意識的に出る。ハハ。

ヨンミン:兄さん!

―周りの多くの人が非常に気になっていることを質問する。ヨンミンとクァンミンは双子なのにどうして性格がかなり違うのか?チームのポジションもヨンミンはボーカルで、クァンミンはラッパーだ。

クァンミン:育ってきた環境が違うからだ!

ヒョンソン:いや、育ってきた環境は違わないだろう!(笑)

ヨンミン:僕の考えでは、クァンミンがこんな風に行動するから僕は少し違う行動をしようと考えることが多いと思う。

ドンヒョン:僕が見た時、双子は同じものがあまり好きじゃないと思う。同じものが好きな双子もいるが、ほとんどは嫌いだと思う。

ジョンミン:顔型などもかなり変わっていないか?

―初めて会った時、ヨンミンとクァンミンをすぐに見分けた。ヘアスタイルだけでなく、性格が違うように雰囲気も違う。

ヒョンソン:(クァンミンを指差して)クァンミンはここに微笑みを浮かべている。頬骨が際立っている。ヨンミンは少し落ち着いた感じがある。

―それでは、弟より、もしくは兄より僕の方がこれは上手いということは?

クァンミン:僕は遊ぶことが……。

ドンヒョン:(ヨンミンを見つめながら)どうして緊張しているの?

ヨンミン:僕がですか?

ヒョンソン:「何が上手いんだろう?」と考え中だろう(笑)

ミヌ:(ヨンミンは)クァンミンより公の場で大人っぽく上手く行動する。

ヒョンソン:クァンミンは本当に自由人だから、そんなことが上手くない。

クァンミン:決められたことが上手くできない。

―クァンミンは話す時も自由人の感じがよく出る。チームのラッパーであることが一目で分かるほどだ。ロールモデルにしているラッパーがいるのか?

クァンミン:多い。リル・ウェイン(Lil Wayne)が好きで、韓国ではDynamic Duoもすごく好きだ。(ミヌを指差して)Simon.Dが好きだ。

―ミヌはチームのラッパーでもあるが、一緒にショーケースのステージを見た記者がミヌはダンス担当なのかと聞いてきた。ダンスの感覚は生まれつきなのか?

ドンヒョン:ミヌはダンスにずば抜けた才能があると思う。幼い頃、一緒に練習した時から習得力が早いと思ったが、ミヌ本人はダンスに対する興味があまりなさそうだ。演技やラップにより関心が高いと思う。

ミヌ:ダンスを習った時は好きだったが、時間が立つにつれ、ダンスも重要だがチームで担当する役割がラッパーだからダンスが中心になるといけないと思った。ラップをより熱心に練習してラップに自信を持とうと思ったから、そう見えたと思う。

―興味深いのは、アルバムの“Thanks To”を見たら、チームのラッパー2人だけが顔文字を使っていた。他のメンバーは主にテキストだけ書いたが、2人は愛嬌が多い方なのか?

ミヌ:僕は愛情表現が好きだ。

クァンミン:僕も!兄さんたちに愛情表現をよくする。

ドンヒョン:2人は愛嬌が本当に多い。僕たちに愛嬌を振りまくメンバー2人がファンにも一番よく表現する。

ミヌ:でも、みんな顔文字を使わないんですか?

ドンヒョン:全く使わない。

ヒョンソン:僕も使わない。

ミヌ:それがないと愛情が感じられないのに……。

ドンヒョン:それを入れると恥ずかしく感じられる。

―ミヌの場合、昨年までは愛嬌を振りまく姿を非常に多く見せたが、最近は愛嬌がかなり減ったように感じられる。

ヒョンソン:今も愛嬌を見せてと言われたら見せる。

ミヌ:愛嬌を振りまかないように努力する。今は何だか恥ずかしい感じがする。やはり大人っぽく見えたいという気持ちがあるから、そうなっていると思う。でも、インタビューなどで愛嬌を求められると、兄さんたちがいつも僕を指差す。

ドンヒョン:僕がするわけにはいかないじゃん。

一同:(爆笑)

ミヌ:それで、自制しようと努力はしているが、たまに自分も知らないうちに愛嬌を振りまいている。「あ、そうだ。もっとお兄さんっぽく行動しないと!」と考えてはいる(笑)
ヨンミン:じゃ、お兄さんっぽい愛嬌を振りまいて。

―質問をしたら、当事者よりもメンバーたちが積極的に答える。みんなすごく仲が良いようだ。宿所生活をしているからか?

クァンミン:(一人ひとりを指差しながら)双子の2人とヒョンソン兄さんが同じ部屋、残りの3人が同じ部屋を使っている。

ヒョンソン:僕が毎日(ヨンミンとクァンミンを)起こす。

クァンミン:ヒョンソン兄さんが洗った後、お風呂から出る音で起きる。

―ジョンミン、ミヌ、ドンヒョンの部屋では誰が一番早く起きるか?

ヒョンソン:彼らの部屋も僕が起こす。だから、例えば僕をミヌを一番早く起こしたら、ミヌが一番早く起きる。

ジョンミン:最近ミヌがとても疲れて、なかなか起きない。

ミヌ:(悔しいというように)兄さん、昨日まで僕が起こしました!

ジョンミン:今日は僕が起こした。ミヌの「On&On」のアラームが3回ほど鳴ったのに……。

ミヌ:子守唄だと思って聞きながら寝た。

ジョンミン:誰も起きようとしなかった。

クァンミン:ミヌは全ての歌を子守唄にする。

ミヌ:歌が聞こえてもよく寝る。

一同:(爆笑)

―今回の活動でBOYFRIENDが一番聞きたい言葉は?

クァンミン:BOYFRIENDのカラーを見つけたという話が一番聞きたい。

ドンヒョン:ステージの上で上手い、かっこいいという話。

ヒョンソン:僕も!

ヨンミン:1年半の間、たくさん変わったという言葉を聞きたい。

―BOYFRIENDとしての目標と個人の目標についても聞きたい。

ヒョントン:みんな似た気持ちだろうが、もう少し高いところに上がりたい。音楽番組1位も獲得したい。日本では行ったが、まだ韓国では行っていない単独コンサートもやりたい。個人的には歌手として淘汰されず、発展したいということが目標だ。

ドンヒョン:次のアルバムが期待される歌手がいるじゃないか。そんなグループになりたい。個人的な目標はBOYFRIENDとは少し違う、僕だけの音楽的カラーを見せたいという欲があるので、後で機会があれば披露したい。

ミヌ:BOYFRIENDを見た時、「あのアイドルいいね、上手いね」のような認識がより広がったらいいなと思うし、よりたくさん愛されるグループになりたい。個人的は今はソロ活動をあまり行っていないが、多様な分野に挑戦してそこでも認められる人になりたい。

クァンミン:僕はただBOYFRIENDとして長い間活動をし続けたい。本当に韓国でもコンサートをやりたい。機会があれば、ソロ曲とかミックステープも出したい。

ヨンミン:まずトップになることだ。トップになってから、それが本当に長い間続くといいが……。いつかトップから降りてくる時もあるだろう。(ヒョンソン:もう降りてくることを考えるの?(笑))いや、だからまずは最高になることが目標で、長い目で見て降りてくる時も上手く行動できたらいいなという話だ。そして、長い間愛されながらずっと音楽をし続けたい。おじいさんになってもやりたい。

ジョンミン:僕たちはアイドルグループという認識が多い。でも、見せる音楽よりは聞く音楽で多くの人々にアピールしたい。それで、「わぁ、BOYFRIENDの歌は本当に良い」という話を聞きたい。個人的には僕たちの相乗効果がぴったり合って、僕がプロデュースに挑戦してみたい。

クァンミン:兄さんは作詞作曲が上手いと思う。だから、上手くできるだろう(笑)

―最後に長い間待ってくれたファンに一言。

ドンヒョン:まるで軍に入隊したほど長い間待ってくれた。ショーケースの時もそんなに多くのファンが来ると思わなかったが、覚えているファンがたくさん来てくれた。僕たちから離れずに待ってくれてとても感謝するし、それだけ今回の活動ではBOYFRIENDのファンとしてプライドを持てるようにさせたいし、幸せを感じさせたい。「うちの兄さん、最高!」と考えられるように熱心に活動する。

一同:(拍手)

記者 : イ・ジョンファ、写真 : ク・ヘジョン、翻訳 : ナ・ウンジョン