ジェシカ「事務所に少女時代から出て行って欲しいと通告された…やめたいと思ったことはない」(公式発表全文)

少女時代 ジェシカ、脱退か?「事務所から通告を受けた」SNSで戸惑いを告白グループを離脱することになった少女時代のジェシカが公式的な立場を明らかにした。

ジェシカは1日午前、自身のファッションブランドのPR代理店を通じて「9月29日、所属事務所から少女時代を出て行ってほしいという退出通知を受け、あまりにも当惑して悲しい心を隠すことができない私の立場を明らかにしたい」と、立場を表明した。

ジェシカは「前から個人的に関心が高かった事業を計画して、SMとメンバーたちに事業の準備段階から最近まで数回にわたって事業について十分に議論し、理解を求めてきた」とし「8月の初めにBLANC事業の立ち上げまで、SMから事業を並行して行うことについて同意と許可を受け、メンバーからもお祝いを受けて事業を開始しました」とファッションブランド立ち上げに関する話をした。

続けて、「ローンチから1ヶ月後の9月初めにメンバーたちが突然立場を変えて、正当な理由なく、事業をやめるか少女時代を抜けるかという要求をしてきた」とし「これに対し、所属事務所から許可を受けたし、少女時代のメンバーになったことは私の人生の最高の日だったし、やめたいと思ったことがない」と述べた。

ジェシカは後日、所属事務所の代表に会い、事業との両立の許諾を再確認したが、少女時代を出て行ってほしいという一方的な通知を受けたと伝えた。ジェシカは「15年以上一緒に過ごしてきた仲間のメンバーと会社側の、私がビジネスをするという理由で少女時代から私が出て行ってほしいという要求に、あまりにも大きな傷を受けた」とし「このような状況は、決して私が望んでいたものではないことをご理解お願い申し上げ、私はいつも少女時代を大切にして来たし、またこれからもそうだろう」と伝えた。

これに先立ち、29日SMエンターテインメントは「今年の春、ジェシカが個人的な事情で、当社の活動を中止することを知らせてきた」とし「ジェシカがファッション関連事業を開始し、到底チームを維持することができない状況に至った」と説明した。

続いて「当社は、8人体制の少女時代の活動を当初より早めることを決定するしかなかった」とジェシカのグループ離脱を公式的に伝えた。

以下はジェシカが出した公式発表の全文である。

こんにちは、ジェシカです。
私は去る9月29日、所属事務所から少女時代を出て行ってほしいという退出通知を受け、これについて、あまりにも当惑して悲しい心を隠すことができず、私の立場を明らかにしたいと思います。

私はこれまで少女時代の一員として、私の個人のプライバシーや事業に先立って、少女時代の活動を最優先してきました。しかし、グループのための私の努力と献身にもかかわらず、私は所属事務所からのグループから出て行ってほしいという通知を受けました。

私は前から個人的に関心が高かった事業を計画して、SMとメンバーたちに事業の準備段階から最近まで数回にわたって事業について十分に議論し、理解を求めてきました。

過去8月初めにBLANC事業の立ち上げまで、SM所属事務所から事業並行に同意と許可を受け、メンバーからもお祝いを受けて事業を開始しました。

しかし、ローンチからわずか1ヶ月後の9月初めにメンバーたちが突然立場を変えて会議を招集し、その後私に正当な理由なく事業をやめるか、少女時代を抜けるかという要求をしてきました。これに対し、所属事務所から許可を受け、その間少女時代の活動をおろそかにしたことがなく、BLANCローンチから初期1ヶ月に渡って締結された関連事業パートナーとの契約で事業を停止することができない事情を説明しました。結果的に、私は選択をすることは不当な要求だと訴えました。少女時代のメンバーになったことは、私の人生の最高の日だったし、やめたいと思ったことはなかったからです。

以降、戸惑った私は9月16日、所属事務所の代表に会って、上記のような私の立場を伝え、その席で、所属事務所から事業並行についての許可を再確認しました。

しかし、私は去る9月29日、所属事務所から少女時代を出て行ってほしいという一方的な通知を受けました。そのため、翌日の9月30日に予定されていた中国深センでのファンミーティングにも参加できなくなったし、それ以降のすべての少女時代の活動から除外されました。

私は何よりも私の情熱と愛情を注いで、15年以上一緒に過ごしてきた仲間のメンバーと会社側の私がビジネスをするという理由で少女時代から私が出て行ってほしいという要求に、あまりにも大きな傷を受けた切ない心境を隠すことができません。

不本意ながらファンの方にもご迷惑をおかけした点、申し訳ない気持ちを申し上げます。このような状況は、私は決して望んでいたものではないことをご理解お願い申し上げ、私はいつも少女時代を大切にしてきて、これからもそうでしょう。いつも私を惜しまず応援してくださって愛してくださってありがとうございます。

ジェシカ・チョンより

2014年10月1日

記者 : パク・スジョン、写真 : パン・ヒョンジュン