“詐欺容疑で告訴”ペ・ヨンジュン、不起訴処分に…公式立場表明はなし

“詐欺容疑で告訴”ペ・ヨンジュン、不起訴処分に…公式立場表明はなし検察が紅参製品の販売契約に関連して詐欺の疑いで告訴された俳優のペ・ヨンジュンに対して、不起訴処分を下した。

所属事務所キーイーストは11日、「検察から不起訴処分を受けたことは事実だ」とし「処分に関しては別途の公式立場表明はしない予定だ」と伝えた。

健康補助食品の製造業者A社は、以前ペ・ヨンジュンが最大株主であったG社と2009年、日本での紅参製品の日本輸出契約を結び、日本の市場調査と流通会社という契約締結などの名目でA社が22億ウォン(約2億3千万円)を前払いしたが、当該用途にお金を使わなかった疑いで、合計22億ウォンの金銭的な損害を被ったと主張し、9月19日にペ・ヨンジュンを告訴した。

検察は当時、ペ・ヨンジュンが契約の当事者ではなかったため、詐欺容疑が成立しないという判断を下した。

両社の契約は2010年に解除された。

記者 : チャン・ソユン、写真提供 : キーイスト、翻訳 : チェ・ユンジョン