“横領の疑い” CoKoエンターテインメント代表を指名手配…インターポールに協力要請

“横領の疑い” CoKoエンターテインメント代表を指名手配…インターポールに協力要請所属していた芸能人らの出演料と契約金、会社の公金を横領して逃亡したCoKoエンターテインメント(以下CoKo)共同代表のキム・ウジョン氏が指名手配された。

5日、警察は、業務上横領の疑いで刑事告訴されたキム代表に対して逮捕状を発付し、指名手配した。これに先立ち、CoKoは先月18日、キム氏が数年間にわたって数億ウォン(数千万円)を横領した疑いで刑事告訴した。

警察は、キム氏が昨年11月27日、米国へ出国した事実を確保し、検挙に向けてインターポールに捜査協力を要請した。帰国した場合、身辺の確保ができるように出入国管理事務所に入国の際の通報を要請した。

CoKoはキム氏の出国後、正確な被害規模を把握しようと努めてきた。警察は CoKo側が提出した資料と口座の入出金の内訳を分析し、横領の規模を調査している。

これに先立ち、CoKoは「キム氏が潜伏の後、米国に向かったことが確認され、芸能人たちの契約金と主演料、社員の給与、その他の会社公金などが被害額と推定されている」と明かした。

共同代表を務めているキム・ジュノを中心に、イ・グクジュ、キム・デヒ、キム・ウォンヒョ、キム・ジミン、ユ・ミンサンなど、お笑い芸人約40人が所属しているCoKoは、KBS 2TV「ギャグコンサート」出身のお笑い芸人を基盤として、最近、コメディフェスティバルの開催と演技者の迎え入れなど、多角度で事業を拡張し、外形的にも成長を見せてきた会社だ。しかし、昨年の11月に共同代表が突然、会社公金を横領し、海外逃亡して会社は危機に直面した。

記者 : チャン・ソユン、写真提供 : CoKoエンターテインメントのホームページ、翻訳 : チェ・ユンジョン