ハン・イェスル、恋愛でもっと愛らしくなった彼女「今が本当に幸せ」

ハン・イェスル、恋愛でもっと愛らしくなった彼女「今が本当に幸せ」率直で、はっきりとした物言いをする。女優ハン・イェスルに会う人は誰でも真っ先にそんな雰囲気を感じるだろう。率直な人は時には風雨により激しく直面し、それで他人よりもっと強くぶつかって倒れることもある。3年前、多くの話題を生んで撮影現場を離れたハン・イェスルが、特有の愉快でハツラツとしたエネルギーを持って再び戻ってきた。彼女が3年ぶりにカメラの前に立った作品であるSBS週末ドラマ「美女の誕生」は、作品性や演技力の面であまり満足できないという評価を受けたが、女優ハン・イェスルの存在感を再び知らせることには成功した。そして、女優である前、“人”としてのハン・イェスルも以前より成熟したと自評した。笑いと思いやりが増えて、“私と異なる”人を認める寛大さも大きくなった時間であったことを、彼女はインタビューを通じて証明して見せた。

―SBS「美女の誕生」は久しぶりのカムバック作だった。撮影しながら緊張しなかったか?

ハン・イェスル:思ったよりとても気楽に撮影した。男性俳優(チュ・サンウク)との呼吸もとてもよかったし、私が面白く撮影に臨んだのでより大きな相乗効果を出せたと思う。

―「美女の誕生」は変身前の既婚女性であるサ・グムランと美女になったサラの2人の姿を演じなければならなかった。

ハン・イェスル:最初はラブコメディのハツラツとした感じを出して、恋愛模様を演じる時は以前やった演技からヒントを得た。例えば、MBC「ファンタスティック・カップル」の主人公アンナの姿を借用したり、SBS「クリスマスに雪は降るの?」の純粋で一途なキャラクターを見せたりした。SBS「いかさま師~タチャ」のナンスクが逆境を乗り越えていく姿ももちろんあった。そのためか、新しい人物を演じるという感じではなかった。以前演じたキャラクターが大きく役立った。

―ドラマ「ファンタスティック・カップル」の姿が印象に強く残っているためか、ハン・イェスルは傲慢なイメージがある。でも、今回の作品ではサラのキャラクターを通じて間抜けながらも愛らしい面を表現したと思う。

ハン・イェスル:そんな面で自ら満足している。今回のキャラクターは以前と違う姿を見せながらも、私にぴったり合う感じがした。一石二鳥の効果を見せられたと思う。

―実際のハン・イェスルはどっちにより近い?

ハン・イェスル:様々な姿を持っている。傲慢で神経質な姿もあって、好きな人の前では限りなく愛らしい姿になる。気分がいい時は誰よりもハツラツとした姿だが、非常に憂鬱で落ち込む時もある。たぶん人はみんなそうだろう。そんな様々な姿を上手く解釈して演じるのが役者という仕事だ。だから、私がこんなに様々な姿を持っているということが幸いだと思う。

―カムバックする前、3年という空白があった。カムバックを決めて戻ってくることは決して簡単ではない選択だったと思う。

ハン・イェスル:久しぶりの作品なのにキャラクターがよく似合わないと困るので、カムバック作に対する悩みが多かった。実は以前も何回か違う作品の出演オファーがあった。でも、出演する気にならなかった。自信が100%ある作品がなくてカムバックを延期してきたが、「美女の誕生」は読んですぐに「これだ!」と思った。

―何よりも演技を楽しんでいることだけは確実に感じた。

ハン・イェスル:演じる時、私が苦しんでいるか、楽しく幸せにやっているかを視聴者も見て分かると思う。私の幸せなエネルギーをドラマを通じて視聴者も受けるようで、人のエネルギーは本当に重要なんだと改めて考えた。サラは私にとって幸運なキャラクターだ。

―制作発表会でも、作品の中でも、相手俳優チュ・サンウクと自然な雰囲気を作ろうと非常に努力しているようで印象的だった。

ハン・イェスル:チュ・サンウクさんは本当に気楽で良いパートナーだった。実は無口で静かな俳優は鑑賞用だ(笑) あまりにも静かだと面白くないし、イメージ管理にとても気を使う方は仲良くなりにくいが、チュ・サンウクさんは私がどんな行動を取ってもいつもよく合わせてくれた。そのためか、自称“配慮のアイコン”と呼んでいた。本当に面白くて、彼女を紹介してあげたいほどいい人だ。

―撮影現場に久しぶりに戻ってきたが、変わった点があるのか?

ハン・イェスル:私自身が非常に成熟したと思う。以前は自分が正しいと思う部分に対しては心の揺れや妥協がなかった。でも、今は私が正しいと考えても、他の人は正しくないと思うかもしれないという広い視野を持つようになった。私の意見はこうだが、他の人は誤解するかもしれないという考えもする。以前は自分が明確で、正確で、正直であれば、他の人もそれを分かってくれると考えたが、必ずそうではなかった(笑) この世の中には多くの人がいて、みんな私と同じ心を持っているのではなく、私と違う人も多いということを知るようになった。そんな面で「私は未熟だった」ということを悟った。

―空白期間にハン・イェスルを支えてくれた力について聞きたい。

ハン・イェスル:人はみんな心が揺れて大変な時があることに気づいた。それが表に現れるかどうかは別として、誰にでも大変なことを経験する瞬間はある。どうしても経験するしかないことなら、それをうまく克服して、私にとって傷ではなく、より成熟するきっかけにすればいいと思った。殻を破って出てきた時、より素敵な姿になっていたらそれこそが勝利だと思った。どうであれ、私はもっと賢明になって、もっと良い姿を見せて、きれいになるつもりだ。そんなことに傷ついて萎縮すると、それこそ本当に悔しいと思った。避けられないことなら、頑張らなければならない。

―自分の意見を明確に表現するタイプで損することもあるのか?

ハン・イェスル:無難な性格はどこにいても適応しやすい。でも、率直過ぎると、「どうして一人だけ違うのか?」と嫌がる人も出るのが事実だ。例えば、この間、受賞の感想で彼氏(TEDDY)について言及したことも嫌がる方がきっといるだろう(笑) 感情通りに行動することで損する時もあると思う。でも、何かを得たら、失うものもあるような気がする。結論的にすべての人を満足させることはできないということに気づいた。

―あ、話が出たので聞くが、授賞式での愛の告白はサプライズイベントだったのか?

ハン・イェスル:サプライズだったから面白かった(笑) TEDDYは女優と恋愛するのが初めてなのに、私がドラマの撮影であまり会えなくて悪いという気持ちがあった。でも、あの受賞感想ですべて解決できた。

―TEDDYの反応はどうだった?

ハン・イェスル:「Oh my god!本当に僕に言ったの?」と興奮した(笑)

―結婚も考えているのか?

ハン・イェスル:まだよく分からない。結婚は社会制度に縛られる部分だから、また違う世界だと思う。その後、出産と育児があるから女性としてキャリアを築くのにもやや不利な面があるだろう。それでも、子どもを生むためには、結婚しなければならないと思う(笑) 愛する人と結婚して子どもを持つことが次のステップではあるが、今は恋愛を存分に楽しみたい。私は今が本当に幸せだ。活動を再開したばかりなので、もっとたくさん恋愛してから結婚しても遅くない気がする。

―二人の出会いと恋愛について好奇心を持つ人が多い。

ハン・イェスル:年末の忘年会の時、多くの人とディナーを食べる集まりで初めて会った。一目ぼれして私が先に電話番号を聞いた。本当にかっこいいと思った。理想のタイプは人それぞれだが、眼差しが本当にかっこよくてハンサムだった。私が「ハンサムだ」と言うと、彼は「冗談はやめて」と返すが、私は本当に彼がハンサムだと思う。仕事の分野がまったく違ったら理解できなかったり、同じ分野だと神秘性がなかったりするが、私たちは似たようで少し違う分野で働いているので、お互いに面白がる部分が多い。

―TEDDYもハン・イェスルのためにサプライズイベントをしたり、曲を書いたりするのか?

ハン・イェスル:いつも私のことを思いながら曲を書くと言っている(笑) それで、数多くの曲の主人公が私だろうと一人で考えたりする。

―二人が一緒に音楽作業を行う計画はある?

ハン・イェスル:やってみたい。以前、OST(劇中歌)を歌ったことがあって、よりしっかりした形できちんとやってみたいという気持ちはある。その場合、本当に私が好きな雰囲気の曲を歌いたい。本格的な歌手活動ではなく、恋人の思い出としての作業になるだろう。

―次回作はどんな作品を考えているのか?

ハン・イェスル:「これだ!」とピンと来る作品に出会ったらいいなと思う。以前は作品に確信もないのに“やらなければならない”状況があったが、最近は確信がある作品をやろうという主義に変わった。ただ、暗いキャラクターは避けたい。そして、悪役はやってみたい。本当に豪快な悪役で、“そうするしかない”必然性を持つ作品もいい。そんな作品だと、いくら大変でも楽しく演じられると思う。

―アクションや時代劇はどう?

ハン・イェスル:アクションは避けたい(笑) もう20代の柔軟な体ではないからだ。今は体が本当に硬い。だから、再びアクションに出演するためには、少し長い準備期間が必要だと思う。時代劇は以前、MBC「太陽を抱く月」の時、ハン・ガインに聞いてみたら「また違う世界だ」と言われた。魅力的なのでやってみたいと強く思っている。

―女優としてかなりの経歴を積み上げた。後輩や年下との演技に挑戦するのはどう?

ハン・イェスル:この年齢でも私の中にはまだ少女っぽい姿が多い。私の中の“少女根性”はとても強い。だからか、後輩と対面した時、ぎこちない感じがある(笑) 後輩の前で先輩としての姿勢を取らなければならないのに、そんなことがまだ難しい。

―ドラマが終わる頃、海外不動産の違法取得疑惑に関する報道が出て、それに対する公式立場を明かした。

ハン・イェスル:公式立場で明かしたその通りだ。合法的に取得して、名義を法人へ移転した後、遅延申告したことによって発生した問題だ。過料を忠実に納付するつもりだ。

記者 : チョン・ソユン、写真 : ク・ヘジョン、翻訳 : ナ・ウンジョン