This is PSY…6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」

覚えていない、もしくは知らなかった人々のためにあえて言っておくが、PSY(サイ)のデビューアルバムは「Psy From The Psycho World」だった。このように始まったPSYの世界が2012年現在、全世界を騒がせている。7月15日に発売されたPSYの6枚目のアルバム「PSY6甲PART1」は、発売から2ヶ月もたたないうちに各国の音楽チャートを席巻し、PSYには「Saturday Night Live」のシーズンの最初のエピソードに出演したり、ブリトニー・スピアーズに馬ダンスを教えるといったことが、まるでドミノのように起こった。PSYが自分でも「あり得ないこと」と言っているのは、このすべてのことが夢のように突然現れ、あっという間に現実になったからである。夢のような日々を送っているPSYは、すでに「江南(カンナム)スタイル」のその後を心配をしていたが、「10アジア」は彼がまだ見ることのできる夢について、もう一度考えてみた。それがPSYの6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」である。

 

 

This is PSY…6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」

写真=TENASIA

アメリカのPEOPLE誌が選ぶ、地球上で最もセクシーな男性PSY
アメリカの芸能誌の中で最高の発行部数を誇るPEOPLE誌が選ぶ「2012年最もセクシーな男性(The Sexiest Men Alive)」に、もしPSYが選ばれるとしたらどうだろう。もちろん、PSYにはPEOPLE誌がこれまでに最もセクシーな男性に選んできたブラッド・ピットやジョージ・クルーニーのような、類まれなオーラや繊細なセクシーさはない。それにもかかわらず、「oh sexy lady」「オパン(お兄さんは)江南スタイル」というたった二言で全世界の人々を自分の世界に引き込んだ彼だ。これ以上のセクシーな魔力は他にないだろう。YouTubeという一つのきっかけからスタートし、今のブームを作り出した彼は、ブリトニー・スピアーズに「Dress Classy、Dance Cheesy」とコメントして話題になったりもした。そんな彼が、PEOPLE誌が選ぶ今年最もセクシーな男性に選ばれたら、彼は2012年にアメリカで最もかっこよく活動した男性として残るだろう。

 

 

This is PSY…6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」

写真=TENASIA

「ザ・シンプソンズ」“PSY Visits Springfield”
アメリカFOX放送の最長寿アニメシリーズ「ザ・シンプソンズ」への出演は、アメリカで有名なスターなら一度は経験することである。シーズン23でリサがレディー・ガガに出会って慰められたのならば、9月30日にスタートしたシーズン24でリサが会わなければならないスターはPSYである。可愛いというよりもシンプルに描く「The Simpsons」ならではの絵にぴったりなDライン(アルファベットのDのようにお腹が出ているボディライン)やPSYのシンプルなファッションは、もしかしたらレディー・ガガよりも相性がいいかもしれない。小さなお嬢さんのリサがPSYに出会ったら、「コーヒー一杯の余裕を楽しめる品格ある女性」になる方法も学ぶことができるだろう。

 

This is PSY…6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」

写真=TENASIA

 

名誉の殿堂でハンドプリンティングイベント
“国際的歌手”になったPSY、そろそろハンドプリンティングのイベントを行うときである。場所はもちろん、LAのハリウッド、グローマンズ・チャイニーズ・シアター(Grauman’s Chinese Theatre)前の名誉の広場だ。韓国では俳優イ・ビョンホンとアン・ソンギが訪問し、手形を残した。イ・ビョンホンはイベントの参加を控えて「信じられない」と感想を述べたがPSYなら、チャールズ・チャップリンから始まり、これまでにおよそ200人の手形が押されたその場所にも堂々と歩いていき、オールバックのヘアスタイルを手で払いのけながら愉快に笑うショーマンシップを見せてくれるのではないかと期待する。ファンサービスのため、ミュージックビデオで着たClassyでCheesyなサマースーツをドレスコードにお勧めする。

 

 

This is PSY…6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」

写真=TENASIA

マクドナルドのハッピーミール、PSYバージョン「PSYmeal」
「江南スタイル」は泣いていた赤ちゃんも踊らせる。よく遊ぶ男PSYが、もはや赤ちゃんまであやす歌の主人公になったのである。ラスベガスのステージや幅広い年齢層をターゲットにした様々なテレビ番組に登場し、多くの人々を熱狂させた彼の歩みは、PSYの魅力に応援を送っている人々が特定の階層や性別、年齢層ではないことを意味する。そのため、マクドナルドのハッピーミールは最終ターゲットである子どもたちに挑戦ということを意味するミッションである。双子の父親で、しかも丸いお腹と丸いサングラス。父親の気持ちで近づくハッピーミールのPSYバージョン、“PSYmeal(サイミール)”がもしもリリースされたら、PSYはアメリカの子どもたちの間で“サトンリョン”(サイ大統領)になることができるかもしれない。

 

This is PSY…6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」

写真=TENASIA

 

ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショー
歌手ジャスティン・ティンバーレイクが「Sexy Back」を歌いながらヴィクトリアズ・シークレットのモデルたちと一緒にランウェイを制した2006年のヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーを覚えているだろうか。PSYが後を追うアメリカ・ビルボードチャート1位のロックバンド、マルーン5もこのショーのステージに上がり、「Moves Like Jagger」を歌ったことがある。中でも、ボーカルのアダム・レヴィーンは、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルであるガールフレンドのアン・ヴィアリツィナと一緒にこのランウェイを歩き、ステージを熱狂させた。このショーに立つということは、その年にアメリカで最もホットな男性スターであると認定されるという意味も持つ。それに、「よく遊ぶ芸人になりたい」と言うPSYにとって、ヴィクトリアズ・シークレットのショーのモデルたちと一緒にステージに立つことは、生涯の思い出になるだろう。翼をつけてウォーキングするモデルたちに馬ダンスを教えることができるかどうかはわからないが、彼のためにもヴィクトリアズ・シークレットへの出演を本気で願う。

 

 

This is PSY…6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」

写真=TENASIA

スーパーボウルのハーフタイムショー
アメリカのフットボールリーグ(NFL)のチャンピオンを決めるスポーツの祭典であるスーパーボウル。2月に行われた2012年のスーパーボウルではマドンナが公演を披露し、それを1億1400万人の人が視聴した。スーパーボウルが持つ影響力と同じくらい全世界が注目するステージであるこのハーフタイムショーに、単独で出演した歴代ミュージシャンにはマイケル・ジャクソン、ポール・マッカートニー、ザ・ローリング・ストーンズなどがいる。そのため、もしもスーパーボウルのハーフタイムショーにPSYが登場したら、それこそがPSYの6つのアメリカンドリーム「ミッション:“サイ”ポッシブル」のゴールである。「今から行けるところまで言ってみようか」と歌ったPSYが、本当に行けるところまで行ったと言えるだろう。アメリカ・オレゴン大学のマーチングバンドが彼のために「江南スタイル」のハーフタイムショー・バージョンの基本的なカバーをすでに終えておいたので、私たちはただスーパーボウルのスタジアムで彼が馬ダンスを踊る姿を見ることができるよう祈るだけだ。
記者 : イ・ギョンジン、編集・デザイン : チャン・ギョンジン、翻訳 : ナ・ウンジョン