FTISLAND、代表の“CNBLUEの方が人気”発言に「軽くムカつくけど…」大人の対応

FTISLAND、代表の“CNBLUEの方が人気”発言に「軽くムカつくけど…」大人の対応

写真提供=イ・ジェジン Instagram

FTISLANDのイ・ホンギとイ・ジェジンが所属事務所FNCエンターテインメント(以下FNC)のハン・ソンホ代表の発言に不満を表した。

韓国で4日に放送されたMBC「ラジオスター」には、ハン・ソンホ代表とFNCの所属芸能人である俳優パク・クァンヒョン、CNBLUEのジョン・ヨンファ、俳優ソンヒョクが出演した。

ハン・ソンホ代表は所属アーティストのうち最も売上が高いグループはCNBLUEだと明かし、「その中でもジョン・ヨンファが人気だ。FTISLANDは、今の事務所を存在させてくれたグループであり、人気が高いのはCNBLUEだ」と話した。さらに、もし事務所を継がせるとしたら、イ・ホンギとジョン・ヨンファのうち、どちらに譲るかと質問されると、躊躇せずジョン・ヨンファを挙げ、「イ・ホンギは逸脱行為ばかりする」と爆弾発言をして話題を集めた。

これにイ・ホンギは自身のInstagram(写真共有SNS)に「ああ…(笑) 僕もカムバックしたら『ラジオスター』に出たい!!! プロデューサーさん、作家さん、僕がカムバックしたら絶対呼んでくれますか…」と書き込み、出演を希望した。さらに、「腹は立つけど、落ち着いて…(笑) 見せてあげる(笑) 禁煙開始 ダイエット開始」と不満を表しながらも、ファンをなだめ、反撃を予告するような決意を見せた。

またイ・ジェジンもInstagramで2枚のセルフショットを公開し、心境を表した。イ・ジェジンはハッシュタグで「軽くムカつく、でも、軽く乗り越える」と書き込み、ハン・ソンホ代表の発言に対する不満を示した。また「兄さんのこと、信じてるだろう?全部乗り越える」と書き込み、怒っているファンをなだめる大人の対応を見せた。