JYJ ジェジュン、主演ドラマの視聴率低迷について記者懇談会でコメント「花の金曜日、遊びに行く前に見て欲しい」

JYJ ジェジュン、主演ドラマの視聴率低迷について記者懇談会でコメント「花の金曜日、遊びに行く前に見て欲しい」KBS 2TV金曜ドラマ「スパイ」の低迷する視聴率に関し、俳優たちそれぞれの思いが伝えられた。

6日午後、京畿道(キョンギド)水原(スウォン)にあるKBSドラマセンターでKBS 2TV金曜ドラマ「スパイ」の記者懇談会が開かれた。

パク・ヘリム役を演じるペ・ジョンオクは「最初は期待以上の視聴率が出て嬉かったけど、今は落ちてたくさん悩んでいる」とし、「いずれにしても、一生懸命に演じてストーリーを繰り広げていくのが目標なので、視聴率が低くても皆で会うと嬉しくて楽しいチームになった」と伝えた。これに続きペ・ジョンオクは「初めて挑戦するフォーマットなので、リスクがあると思う。まだ広報が活発に行われていないのではないかと思う。でも見てくださる方々は面白いと言ってくださる」と付け加えた。

キム・ソヌ役を演じるジェジュンは「視聴率がもっと出てほしい」とし「周りの人も皆見ていると言ってくれるけど、皆、本番ではなく再放送を見ているようだ。韓国ドラマらしくない進行速度も速く、緊張感溢れるドラマなので、海外ドラマをダウンロードして見るように、再放送で見ているようだ」と伝えた。ジェジョンは「プルグム(燃える金曜日、日本の花の金曜日にあたる)を過ごすために出かける前に是非見てほしい」とお願いした。

「スパイ」は家族同士で騙し合わなければならない新概念の家族スパイスリラードラマで、隠された過去を持つ母が息子のために命をかけたストーリーを描いた作品だ。毎週金曜午後9時30分に韓国で2話連続で放送されている。

記者 : ペ・ソニョン、写真 : ペン・ヒョンジュン、翻訳 : チェ・ユンジョン