2015年、ガールズグループの世代交代!各事務所の出撃計画は? ― Vol.1

2015年、ガールズグループの世代交代!各事務所の出撃計画は? ― Vol.12015年、ガールズグループの世代交代の動きはさらに激しくなる。1月にデビューしたSONAMOO、GFRIENDを皮切りに、2015年には新たなガールズグループが出撃を予告している。何よりもK-POPシーンで大きな存在感を誇る複数の所属事務所が今年、ガールズグループのデビューを計画している。韓国では毎年数多くのガールズグループが誕生しているが、今年はいつにも増して華やかなスペックを誇るガールズグループのデビューが続くと見られ、激しい世代交代の戦争が予想される。

2015年にデビューするガールズグループは?

まず、今年ガールズグループをデビューさせると予告した芸能事務所だけでもオールスター級である。YG ENTERTAINMENT(以下YG)、JYPエンターテインメント(以下JYP)、CUBEエンターテインメント(以下CUBE)、STARSHIPエンターテインメント(以下STARSHIP)、WMエンターテインメント(以下WM)、Jellyfishエンターテインメント(以下Jellyfish)、MBKエンターテインメント(以下MBK)など、全社がK-POPシーンを支配する歌手を保有した芸能事務所だ。

BIGBANG、2NE1、WINNERなど成功率100%を誇るYGは、すでにメンバーの一部であるキム・ジスとキム・ジェニを公開している。キム・ジスはEpik Highの「SPOILER+ HAPPEN ENDING」とHI SUHYUNの「私は違う」のミュージックビデオに登場し、デビュー前からCMモデルにも抜擢されて関心を集めている。JYPもmiss A以来、久々に新しいガールズグループ6MIX(仮称)を準備している。ソンミの「Full Moon」にフィーチャリングとして参加したラッパーリナが6MIXのメンバーの一人だと知られている。

CUBEも4Minute以来、5年ぶりにガールズグループをデビューさせる。CLCという名前で公開された新しいガールズグループは、CUBEが初めて試みる多国籍グループだ。1月7日、SBSスペシャル「チャールズがチョルスに出会った時」編でタイ人メンバーであるSONの姿が公開された。彼女たちはソウル引大(ホンデ)の街で発達障害の子供を助けるためのバスキング公演を行い、実戦経験を積むと同時にチャリティ活動に参加し、デビュー後の活動に期待が高まっている。

B1A4の所属事務所であるWMも大型ガールズグループの出撃を準備している。現在、B1A4だけしか所属グループがいないWMは、B1A4を人気グループに成長させた原動力とノウハウをもとに、ガールズグループを成功させるという計画だ。

KARA、RAINBOWを輩出したDSPメディアも5人組のDSPガールズを準備している。昨年、「KARA PROJECT」ですでに顔を知らせたBABY KARAのメンバーの一部も含まれている。

この他にもSISTARの所属事務所であるSTARSHIP、ソン・シギョン、パク・ヒョシン、VIXXの所属事務所であるJellyfishなどが年内のデビューを目標にガールズグループを準備している。

世代交代の原因と特徴は?

次から次へとデビューしていくガールズグループの世代交代の動きはどこから始まったのだろうか? ある音楽関係者は「ニューフェイスがいないという共通的な認識によるトレンドだ。現在、韓国のガールズグループ市場には、ある程度地位を固めたグループだけが存在し、新人はいない状況だ。そのため、新しいガールズグループに対する需要が高まり、各芸能事務所でもガールズグループのデビューがしばらく行われていない状況であるため、時期的に多くのガールズグループが出てくるしかない」と伝えた。

アイドルグループの平均寿命は6~7年と見られている。3~5年目に全盛期を迎え、その後、完成期に入るため、ニューフェイスへの需要が自然に生まれる。2015年は2014年に全盛期を迎えたガールズグループが完成期に入り、世代交代を図る時期になった。

2015年のガールズグループの世代交代は、従来とは異なる様子を見せているという特徴もある。以前は美しさ、可愛らしさ、セクシーさという限られたコンセプトの千篇一律なガールズグループのデビューが主流だったが、今年は多様なジャンルとスペックを持ったガールズグループがデビュー前から話題を集める戦略を繰り広げている。最近デビューしたSONAMOOの場合、Secretを輩出したTSエンターテインメントの力量をもとに、デビュー前から自作ラップやパフォーマンスの映像を公開して実力を知らせた。

YG、JYP、CUBE、DSPの場合も、新しいガールズグループのメンバーが所属歌手の作品に参加したり、テレビに出演したり、まず人々に顔を知ってもらうことから始め、前哨戦を盛り上げている。ある音楽関係者は「以前と違う点は、ガールズグループたちが多様やジャンルや様々な経験を持って出ているということだ。今はメンバーが作曲や楽器の演奏などの実力も磨き、新たな選択肢を提示できるガールズグループも多くなった」と説明した。

ボーイズグループの場合、2012年に現在のガールズグループ市場と似たような動きが起きた。2012年、EXO、VIXX、B.A.P、BTOB、NU’EST、A-JAX、SPEED、Tasty、CROSS GENEなど大勢のボーイズグループがデビューを果たした。そして、2年が経った現在、EXOがボーイズグループのトップを守りながら、世代交代を成し遂げた。音楽関係者は「韓国市場において、ガールズグループはボーイズグループに比べて初期から爆発力をもってコンテンツを継続していくことができる」と話し、今年、激しい戦争が繰り広げられるだろうと期待を伝えた。

記者 : パク・スジョン、写真 : ペン・ヒョンジュン、写真提供 : CUBEエンターテインメント、YG ENTERTAINMENT、SBS「人気歌謡」スクリーンショット、翻訳 : ナ・ウンジョン