JYJ ジュンス、ソウル公演でEpik HighのTABLOとコラボステージ披露“兄さんは最高のラッパー”

JYJ ジュンス、ソウル公演でEpik HighのTABLOとコラボステージ披露“兄さんは最高のラッパー”JYJのジュンス(XIA)がソウル公演でEpik HighのTABLOとコラボステージを披露した。

C-JeSエンターテインメントは「8日、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で開催されたジュンスの3度目のアジアツアーである『2015 XIA 3rd ASIA TOUR CONCERT-FLOWER』の公演でジュンスとTABLOが同じステージに立った。3日、リリースされたジュンスの3rdソロアルバム『FLOWER』のタイトル曲『FLOWER』のラップフィーチャリングを務めたTABLOはこの日、ステージに立ってジュンスと素晴らしいコラボステージを披露し、大きな拍手を受けた」と伝えた。

ラップメイキングからフィーチャリングまで参加したTABLOとジュンスのコラボステージは、比較できないほど素晴らしいステージだった。サプライズゲストであるTABLOがステージに登場すると、ファンたちは一斉に「TABLO」と叫び、溢れるオーラでTABLOはステージを掌握した。一編の物語を盛り込んだジュンスのパフォーマンスとTABLOのカリスマ性が一つになり、自然にリズムに乗るステージを完成させた。

ジュンスは「FLOWER」のステージが終わると「“ラップの詩人”TABLO兄さんが一緒にステージに立ってくれた。バラード&ミュージカルコンサートではなく、僕の単独コンサートのステージに立った初めてのゲストだ。タイトル曲『FLOWER』のフィーチャリングの時も感じたことだが、兄さんは最高のラッパーで、今日のステージも本当に感謝している」と伝え、TABLOもステージの上でジュンスに親指を立て、温かい雰囲気をかもし出した。

現場にいた関係者は「TABLOがアルバムに参加したことはもちろん、ソウル公演で特別ゲストとしてステージに登場し、義理を誇示した。ジュンスの歌声にTABLOのラップが加わった『FLOWER』のステージで公演の雰囲気は絶頂に達し、2人のアーティストの素晴らしいパフォーマンスが絶妙に調和し、蚕室(チャムシル)室内体育館を盛り上げた」と伝えた。

ジュンスは7日と8日の2日間、まったく異なるパフォーマンスで1万4000人のファンを魅了した。最近リリースしたニューアルバムの収録曲をはじめ、以前のソロアルバムの収録曲、そしてジュンスが参加したOSTをメドレーで披露し、言葉の必要ない歌唱力とパフォーマンスを披露「さすがジュンス」という賛辞を受けた。また、ファンの願いを叶えてくれる“ジーニータイム”を設け、ファンが自ら作った花冠を被って童謡を歌ったり、ヒット曲のメドレーに合わせてランダムプレーダンスを披露するなど、最高のファンサービスを披露した。

ジュンスは「いつも話していることだが、常に感謝している。愛するファンたちがそばにいたから今の僕がいる。皆が誇らしく思うアーティストとして残り、これからも末永く歌い続けたい。残りのツアーも無事に終わらせたい」と伝え、ファンを感動させた。ファンたちの爆発的な反応にダブルアンコールまで歌い、ソウル公演は大盛況のうちに幕を閉じた。

ジュンスは14日、上海公演を開催する。

記者 : パク・スジョン、写真提供 : C-JeSエンターテインメント、翻訳 : チェ・ユンジョン