Block B ユグォン&ビボム、演技に初挑戦…ウェブドラマ「ジャンピングガール」公開

Block B ユグォン&ビボム、演技に初挑戦…ウェブドラマ「ジャンピングガール」公開写真=Seven Seasons

グループBlock Bのユグォンとビボムが演技に初挑戦したウェブドラマ「ジャンピングガール」が公開された。

先月30日、Daum TV POTを通じて計15話の全編が公開されたウェブドラマ「ジャンピングガール」は、ウェブ漫画を原作にした作品で、ユグォンとビボムをはじめ、f(x)のルナとSecretのチョン・ハナの出演が知られ、期待を集めた話題作だ。

「ジャンピングガール」でビボムは華やかな人生を生きる最高のアイドルスターソ・アシン役を、ユグォンはルナが演じた劇中のナム・サンアの心強い支えになるハン・ガウル役を熱演した。

「ジャンピングガール」は友達から頼まれて1日だけスターの警護を引き受けるようになった平凡な社会人ナム・サンア(ルナ)が、ソ・アシン(ビボム)の公演会場で銃だと誤解して彼を捕まえてしまう事件により、全国民から“変態ジャンピングガール”と魔女狩りに遭うことになって繰り広げられる状況を愉快かつリアルに描き出した作品だ。

ユグォンは人々から叱咤を受けて職業を失い、外の生活さえろくにできないナム・サンアを慰めていつもそばで心強い支えになってくれるハン・ガル役にぴったり合う姿で、安定的な演技力を披露した。また、ビボムは幼い頃から国民からたくさん愛されてきたトップスターのソ・アシンに扮して、自分が好きな女性イ・イェニ(チョン・ハナ)を守る姿を見せるなど、初の演技挑戦を無事に終えた。

Block Bのユグォンとビボムは同じメンバーP.Oと一緒にBlock Bの初のユニットBASTARZを結成し、タイトル曲「品行ゼロ」で精力的に活動を行っている。