Vol.1 ― 防弾少年団、新たな姿でカムバック!メンバーが語る「花様年華」

Vol.1 ― 防弾少年団、新たな姿でカムバック!メンバーが語る「花様年華」防弾少年団が帰って来た。“防弾”という名前の感じやこれまで披露してきたカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス)など、強烈な雰囲気を醸し出す少年たちだった彼らが、力を抜いて新たな姿でカムバックを知らせた。防弾少年団は3rdミニアルバム「花様年華 pt.1」を公開した。

防弾少年団は今回のアルバムに少年を越えて成長している7人の男の姿を盛り込んだ。これまで防弾少年団は10代の夢、幸せ、愛をテーマに歌う「学校3部作」を披露した。そして、防弾少年団は学校を越え、“青春”へ一歩を踏み出した。青春について語る防弾少年団は、音楽的にもこれまで曲作業を行ってきたラッパーラインにボーカルラインまで共に加わり、より広くなった音楽的な幅を披露した。

防弾少年団の成長を知らせた「花様年華 pt.1」。美しいながらも不安なこの瞬間について、今青春を過ごしている防弾少年団はどう考えているのだろうか。ちなみに、この日のインタビューには末っ子のジョングクが学校の試験があったため、残念ながら一緒に参加することができなかった。

―カムバックの感想をお願いしたい。

J-HOPE:8ヶ月ぶりのカムバックだ。期待がとても大きい。久しぶりのカムバックなので、ファンたちに会えると思うと心がワクワクして楽しみだ。毒気を抱いて熱心に頑張る覚悟で心が満ちている。ハハ。

―メンバー全員が痩せてイケメンになった。その中でも、今回の活動でビジュアル的に“勢いに乗った”メンバーはいるのか?

J-HOPE:個人的にSUGA兄さんだと思う。とてもスリムになって今回のコンセプトに一番よく合う。清楚で清純なコンセプトだ。

ジミン:末っ子のジョングクだ。見ても見てもハンサムだ!

―今回のアルバムの紹介をお願いしたい。

RAP MONSTER:タイトルは「花様年華 pt.1」だ。「学校3部作」プロジェクトが終わって「青春2部作」として企画したプロジェクトの第1部だ。「花様年華」は映画のタイトルで、最も美しい瞬間を意味する。そして、人生の「花様年華」は青春だと思う。青春を懐かしむ人が多いが、僕たちが今その青春を過ごしていると思って青春に関するアルバムを作ることになった。

―「花様年華」というタイトルは神秘的に感じられる。

RAP MONSTER:人生で最も美しい瞬間という言葉が、青春の定義のように思えた。青春ってどんなものなのか確信することはできないが、最も懐かしくて美しいと思える瞬間だと思う。青春に関する詩も多いじゃないか。それで、青春という言葉をそのまま使うよりも美しく表現した方がいいと思っていた中、語感が良い「花様年華」をキーワードに決めた。

―昨年、「2014 Mnet Asian Music Awards」でジミンが“花様年華”というタトゥーを入れたが、それは今回のアルバムに対する伏線だったのか?

ジミン:そうだ。その時から決まっていた。具体的なことは決まっていなかったが、アルバムを出す企画を行っていた時期だった。

―防弾少年団のメンバーにとってはいつが“花様年華”だったのか気になる。

SUGA:えーと、美しい瞬間はまだ来ていないと思う。タイトルを「花様年華」にした理由も、今回のアルバムをきっかけにその時期が来たらいいなと思ったからだ。今回の活動をきっかけにより輝くようになりたい。ヒヒ。

J-HOPE:僕たちも、ファンたちも“花様年華”の瞬間を迎えられたらいいなと思う。

―タイトル曲「I NEED U」はどんな曲なのか?

RAP MONSTER:メロディーがはっきりした感性的な曲だ。笛の音も入っている。まず、歌詞は基本的にほとんど終わっている恋を掴もうとする切ない気持ちを盛り込んでいる。実はこの曲をタイトルに決めた理由は、青春は美しいと言うが、それと同時に短くて彷徨うことになるので無謀で危険のような影の面もあると考えたからだ。ただ、青春の美しい面を歌うよりも、少し暗くて落ち着いた面にフォーカスを与えたいと思った。青春のラブストーリーではあるが、危うくなる可能性もある歌詞を盛り込んだ。

―それでは、青春と恋は似ていると思う?

RAP MONSTER:青春と恋は似ている点が多いと思う。青春は自分も知らないうちに、いつの間にか終わっている。そして、恋も本当に永遠に続くように熱く燃えるが、いつか冷めてしまう。このように、2つは触れ合う点があると考えた。それで、「花様年華」のアルバムのタイトル曲を「I NEED U」に決めた。

―曲を聞いたメンバーたちの反応はどうだったのか?

J-HOPE:最初はビートだけ聞いたが、そのビートからが新鮮だと感じた。高調する感情も良くて、“タンタンタンタン”と響く部分が新鮮で良かった。作業する時も面白かった。

ジン:今までのアルバムには、パフォーマンスのために強い雰囲気が盛り込まれたが、今回の振り付けは聞くことが中心になったので楽だった。

―今回のタイトル曲のステージで注目すべきポイントは?

V:僕のパートだ。ハハ。あまりないからだ。愛という言葉を言うが、デビュー後、直接的に愛を話すのは初めてだ。僕のパートに注目してほしい。

J-HOPE:振り付けの場合も非常に防弾少年団のスタイルでありつつ、柔らかい線も少し含まれた。そんな感じの部分がポイントかな。フフ。また違った防弾少年団の魅力が見れると思う。全体的な絵で見ると、曲の感情線が明確で振り付けも曲に合わせて組まれている。だから、見る楽しみもあると思う。「ウオオオ」と感情が高調する部分がある。

ジミン:ある部分のポイントの振り付けよりも全体的に全てを見てほしい。ハハ。

―アルバムの収録曲についても知りたい。

SUGA:今回のアルバムには計9つのトラックが収録されている。僕たちの年齢の若者たちが持つ悩み、心配、考えをまとめた。すべての曲が多くの人がよくする心配や恐怖などを表現している。同い年の人だけじゃなく、若かりし頃に心配を抱いていた方まで共感できる歌詞が多いと思う。

―アルバム発売前に写真が公開されたが、新しい雰囲気だった。撮影のエピソードを聞かせてほしい。

ジミン:慶尚南道(キョンサンナムド)の方に1泊2日で行ってきた。風景がとてもきれいだった。まるで遠足に来たような気がして楽しく撮影した。

J-HOPE:花が咲いていたから暖かいだろうと思ったが、実は寒かった。木の上に上る撮影があったが、怖かった。僕は怖がり屋なので、怖くて表情が硬直していた。(―若者の不安を表現したのでは?ハハ) あれ?そう言われたみればそうだ。寂しい感じが恐怖から出た。ハハ。

―今までは主に男前のコンセプトを披露してきたが、今回のコンセプトがぎこちなくはなかったのか?

ジン:普段は強烈な姿を主に見せてきたから、今回は全員が努力した。目から力を抜く練習もした。特に、僕の場合は他のメンバーよりも難しく感じた。“男前”のコンセプト以来、目から力を抜いたことがないのに力をたくさん抜きなさいと何度も言われた。

SUGA:今回は良い写真に仕上がったと思う。その日は特に楽しく面白く撮影することができて、良い結果が出た。

ジミン:フィルムカメラだったので現場ですぐにモニタリングができなくて心配したが、景色もきれいで良かった。

―メンバーたちと旅行に行った感じがしたと思う。

ジン:本当にMT(Membership Training:仲間で親睦を深めるために行く1泊2日の遠出)に行った感じだった。初日に盈徳(ヨンドク)産のズワイガニを食べたかったが、開いていた食堂がなくてお菓子で食事を済ませた(涙)

ジミン:でも、慶州で(キョンジュ)で慶州パンやキムチチゲを食べた。特産物も美味しく食べた。

―ミュージックビデオについても気になる。

RAP MONSTER:ジャケットを見たら、桜のように華やかなものもあるが、寂しいバージョンもある。ミュージックビデオは個人の不幸をエピソードにしている。一人でいる時は不幸だが、皆と一緒に遊ぶ時は幸せな気分になるような姿が交差されて、美しさと不安が共存する様子を見せる。映像自体は憂鬱な青春の感じが少し強い。

―今回のアルバムではボーカルラインのジン、ジミン、V、ジョングクもプロデュースと作曲のクレジットに名を連ねた。

ジミン:Vとジョングクが大きく貢献した。

V:「Hold Me Tight」という収録曲を作詞、作曲した。まず、僕は以前からラップラインが作業する姿を見て育った。それで、興味が湧いて従来の歌手たちのインストゥルメンタル曲に少しずつ書いてみた。今回の作業の時、プロデューサーの兄さんが一度やってみようと機会を与えてくれ、運よくアルバムに収録された。

―活動を控えてパン・シヒョクプロデューサーはアドバイスしてくれたのか?

ジン:今回はダンスが簡単だと言われたが、嘘だった。ハハ。最初は簡単だったが、徐々に難易度が上がった。

V:ついには「Danger」のような振り付けが誕生した。

SUGA:修正がとても多かった。覚えることが多くて大変だった。

J-HOPE:覚えた後、寝て起きたら次の日、振り付けが変わったりもした(涙)

ジン:他のメンバーたちは一日だけ習えばいいが、僕はそれができなかった。それで、振り付けが修正されて練習しているのに、再び修正されるとメンブン(メンタル崩壊)だった。

―今回の活動で1位を獲得したら、どんな公約を実行したいか?

RAP MONSTER:1位か……。もし音楽番組で1位を獲得したら、映画館を借りてファンたちと映画を見る。

J-HOPE:興行映画ではなく、あまり人気のない映画を一緒に見るのはどう?ハハ。

SUGA:アンコールステージでボーカルのメンバーたちとラップのメンバーたちがパートを変えて歌ったらどう?

―防弾少年団にとって、今回の活動はどんな活動になりそう?

SUGA:最も美しく輝く瞬間にしたい。

V:伝説に残るような活動になったらいいなと思う。人々が「I NEED U」と思えるような人になりたい。

―待っていてくれたファンたちに一言お願いしたい。

ジン:空白期間を経て帰ってきた。今回の活動がファンたちにとっても、僕たちにとっても「花様年華」になってほしい。

SUGA:長い間待っていてくれただけに、後悔のないように楽しく活動するつもりだ。ファンたちと一緒に活動しようと思っている。一緒に楽しんでほしい。

V:久しぶりにファンの顔を見ることができて嬉しい。

ジミン:楽しみにしていただけに、記憶に残る活動になったらいいなと思う。

J-HOPE:ファンたちと常に、いつも一緒にいたい。公式ファンコミュニティ、コミュニティの書き込み、Twitter、メンションなどすべてを確認している。幸せだ。カムバックをたくさん期待してほしい。今回の活動を本当に「花様年華」にしたい。

RAP MONSTER:「花様年華」を聞くたびに花の名前のような気がする。ファンたちも、僕たちもスイセンのように咲いてほしい。そして、満開になったらいいなと思う。

記者 : チェ・ジンシル、翻訳 : ナ・ウンジョン