【スーパールーキーのパフォーマンス探求 Vol.2】SEVENTEEN、13人が作り出す一つの絵

“アイドル音楽の花”はパフォーマンスだ。ダンスは最も直観的に受け入れられる情報であるだけに、明確なコンセプトを持って作られるアイドルにとってパフォーマンスはグループのコンセプトや音楽を最も上手く表現できる最高の手段になる。どんなパフォーマンスを披露するのかによって、同じ音楽でも違うように聞こえる効果を発揮する。つまり、よく作られたパフォーマンスはアイドルグループの完成度に傍点を打つ役割を果たしてくれるのだ。それでは、最近デビューした新人グループのMonsta X、SEVENTEEN、ROMEOのパフォーマンスはどんな感じだろう。彼らのパフォーマンスの魅力を探ってみた。

MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」スクリーンショット

【SEVENTEEN、トランスフォーマー型のグループが披露する群舞】

SEVENTEENはAFTERSCHOOL、NU’ESTの所属事務所であるPledisエンターテインメントがデビューさせた13人組のボーイズグループだ。彼らは先月29日にデビューアルバム「17CARAT」をリリースし、タイトル曲「Adore U」で正式にデビューした。彼らはデビュー前からMBC MUSIC「SEVENTEENプロジェクト-デビュー大作戦」に出演して顔を知らせた。

グループ名であるSEVENTEENという名前には13人のメンバー(13)、3つのユニット(3)、一つのチーム(1)という意味が内包されている。13人のメンバーは個人の力量と興味によってヒップホップ、パフォーマンス、ボーカルといった3つのユニットに区分される。まず、ヒップホップチームにはSEVENTEENのリーダーであるS.COUPSとミンギュ、バーノン、ウォヌが属している。また、パフォーマンスチームはホシ、ディノ、ディエイト(THE8)、ジュンで、ボーカルチームはウジ、スングァン、ジョシュア、ジョンハン、ドギョムで構成されている。13人といった大人数のグループだが、メンバーたちを各ユニットに分けて自分の力量を表現できるようにした。

SEVENTEENの最大の武器は自主制作だ。曲の作業や振り付けの作りなど、メンバーたちはアルバム制作のすべての過程に参加した。ホシは先月26日に開催されたデビューショーケースで「僕たちは歌と振り付けを自分たちで一緒に作る自主制作を行っている。そのため、自分たちの話ができる、真実性のあるグループだ」とアピールした。リーダーのS.COUPSは「チームが知られた後、メンバーたちがそれぞれの分野で活動する予定だ。ヒップホップ、ボーカル、パフォーマンスだけでなく、ミックスユニットも準備している。期待してほしい」と野心に満ちたデビューを知らせた。

パフォーマンスのポイント1. SEVENTEENとして集まった13人の多国的なメンバーたち

13人はあまりに多いのではないかと心配したが、SEVENTEENは大人数を上手く活用した。ステージで13人のメンバーはまるでミュージカルのナンバーを表現するかのように一糸乱れず動く。センターにいるメンバーも、端っこにいるメンバーも全員が繊細な表情演技を見せる。「Adore U」は中毒性のある愉快で明るいメロディが魅力な曲だ。そして、パフォーマンスもこのような曲の雰囲気と同様に愉快でハツラツとした動作で構成されている。

ホシは「少年の感じを最大化してベストフレンド13人の学校生活を描いて見ようと思った。少年の純粋さや才気あふれる姿、また予想しなかったところで素材を発見して作ったパフォーマンスで曲を表現した」と伝えた。SEVENTEENは先行公開曲「Shining Diamond」で真面目で重みのあるカリスマ性を披露したが、「Adore U」では純粋で明るい少年の姿をアピールする。曲を解釈する才能まで見られる部分だ。

パフォーマンスのポイント2. 自主制作アイドルの自信

「Adore U」の振り付けはパフォーマンスチームのリーダーであるホシが主導して作った。ホシはパフォーマンスについて「僕はストーリーテリングを最も重視する。メンバーたちがそれぞれ生かせるポイントを決めてパフォーマンスを作っている」とパフォーマンスを作る時の自分だけの基準を明かした。先ほど話したように、「Adore U」の場合もホシがベストフレンド13人の姿を想像して自分なりのストーリーテリングを繰り広げた結果、豊かな一本のミュージカルが完成された。

音楽やパフォーマンス、そして13人がすべて調和する秘訣は自主制作だ。「Adore U」はチームのプロデューサーで、ボーカルチームを率いるウジが作詞、作曲した。メンバーたちが自ら作ったコンテンツなので、SEVENTEENのメンバーたちはより大きな責任感と自信を持っている。ホシは「これからも絶えず新しいことを試みて、自主制作を通じてSEVENTEENが伝えようとする音楽を真実性を持って表現できるということが僕たちの強みだ」と伝えた。

パフォーマンスのポイント3. このシーンは逃さないでください。

「Adore U」はリフレイン(繰り返し)の「大切に思う!」という歌詞に合わせて13人が一緒に正面を指差す振り付けがメインパフォーマンスだ。SEVENTEENのステージを見ているすべての人々を大切に思うという意味をこめて作った。このパフォーマンスの時は、ステージの上で様々な隊形で広がっていた13人が一斉に正面を見つめて一緒に叫ぶ姿が楽しいながらも威容を誇る。大人数を誇るだけに、群舞の効果も大きい。

“東大門(トンデムン)を開けなさい”遊びをパフォーマンスに昇華させたパートもポイントだ。13人が約3分間の歌を分けて歌うため、一人のメンバーに与えられるパートは短い。ややもすれば、カメラに捉えられない残念なことが起こるかもしれない。だが、SEVENTEENは“東大門を開けなさい”パフォーマンスを通して、誰が歌っているのかをはっきり見せつつ、13人という人数を効率的に利用する良い例を示した。この他にも13人を3つや4つのグループに分けてパフォーマンスを繰り広げるシーンもある。

記者 : パク・スジョン、翻訳 : ナ・ウンジョン、写真 : ペン・ヒョンジュン