「夜を歩く士」イ・ジュンギ&東方神起 チャンミン、宮殿で運命の対面…スチールカット公開

「夜を歩く士」イ・ジュンギ&東方神起 チャンミン、宮殿で運命の対面…スチールカット写真=コンテンツK

「夜を歩く士」でキム・ソンヨル(イ・ジュンギ)とイ・ユン(東方神起 チャンミン)が対面する。

MBC「夜を歩く士」(脚本:チャン・ヒョンジュ、演出:イ・ソンジュン、制作:コンテンツK)側は4日、第9話の放送を控えて強力なスポイラーを盛り込んだスチールカットを公開した。

「夜を歩く士」は人間の本性を失わなかったヴァンパイアのキム・ソンヨル(イ・ジュンギ)が、絶対悪に立ち向かう秘策が書かれた“ジョンヒョン世子の備忘録”を探しながら男装の本売りチョ・ヤンソン(イ・ユビ)と命がけのラブストーリーを繰り広げる物語で、毎回視聴者に恐怖とスリルを与えて大きな話題を呼んでいる。

守護鬼のキム・ソンヨルと世孫(王の跡継ぎとなる孫)のイ・ユンは、宮殿に暮らしながら王の上に君臨するヴァンパイアのグィ(イ・スヒョク)を倒すという同じ目的を持っているため、ネットユーザーは2人が一日も早く出会って連合作戦を展開することを期待していた。そんな中、2人が深夜に宮殿の真ん中で対面しているスチールカットが公開され、注目を浴びた。

第8話までイ・ユンは“淫乱書生”という筆名で世界にグィの存在を知らせていた。これに、グィは淫乱書生の追跡に乗り出し、このすべての状況を知っているキム・ソンヨルはイ・ユンをこっそり助けてイ・ユンに自分の存在だけを知らせた状況だった。一方でイ・ユンの祖父である玄祖(イ・スンジェ)はイ・ユンの代わりに本売りのチョン・ヤンソンを偽の淫乱書生に仕立てあげてグィに渡すという考えで逮捕し、酷い拷問を続けて危機感が高まっていた。

公開された写真でキム・ソンヨルは棺と見えるものに視線を固定したまま、決意に満ちた姿で視線を釘付けにする。その後、宮廷で出会ったイ・ユンを見て驚いたキム・ソンヨルの姿とともに、彼をじっと見つめているイ・ユンの意味深長な眼差しが視聴者をわくわくさせる。

制作陣によると、公開された写真には次から次へと起こる事件の中で大きな決断を下したキム・ソンヨルが、宮殿に侵入して行動し始める過程で目的地に向かって足を運んでいたイ・ユンと運命的に出会う様子が盛り込まれているという。何より2人は以前、町でチョ・ヤンソンを真ん中に置いて対面したことがあり、イ・ユンがキム・ソンヨルに気づくのか、向かい合った2人の物語がどのように繰り広げられるかと視聴者の好奇心をくすぐっている。

「夜を歩く士」の制作陣は「まるで磁石のように引き寄せられたキム・ソンヨルとイ・ユンの緊張感あふれる深夜の宮殿対面シーンは第9話に登場する予定だ。どんな理由で2人が出会うようになったのか、2人が今後どんな活躍を繰り広げるかに期待と関心をお願いする」と伝えた。

「夜を歩く士」は「太陽を抱く月」「奇皇后」などを共同演出したイ・ソンジュンプロデューサーが演出を担当し、「コーヒープリンス1号店」を執筆したチャン・ヒョンジュ脚本家が脚本を担当した。「夜を歩く士」の第9話は韓国で5日の午後10時から放送される。

記者 : オ・セリム(インターン)、翻訳 : ナ・ウンジョン