2NE1のCL、父イ・ギジン教授と「世界科学技術フォーラム」広報大使に任命

2NE1のCL、父イ・ギジン教授と「世界科学技術フォーラム」広報大使に任命2NE1のCLが西江(ソガン)大学の教授である父イ・ギジン教授と共に、2015年世界科学技術フォーラム(World Science&Technology Forum)の広報大使に任命された。

CLは21日午後、政府果川(グァチョン)庁舎にて開催された2015世界科学技術フォーラムの広報大使任命式でイ・ギジン教授と共に参加し、広報大使に任命された。

2015年世界科学技術フォーラムは、「科学技術革新でグローバルな未来創造」というテーマで、OECD(経済協力開発機構)会員国の科学技術分野の長官が集まり、今後10年間の世界科学技術政策の方向を決める重要な会議だ。世界各国の長・次官60人余りと科学技術分野の碩学など、3000人余りが参加し、10月19日から23日まで大田(テジョン)で開催される。

現在、アメリカデビューを控えているCLは4月、アメリカのTIME誌が選定する2015年「世界で最も影響力のある100人」のオンライン投票の中間集計で、ロシアのプーチン大統領に続き2位にランクインし、認知度を証明した。また、最近米マイアミで開催された世界的な音楽フェスティバル「Ultra Music Festival(UMF)」とグローバルポップとダンスミュージックを全体的なコンセプトにしている大規模なフェスティバル「MDBP(Mad Decent Block Party)」などで スクリレックス(SKRILLEX)とDJディプロ(Diplo)などの有名ミュージシャンたちと共にステージに上がり、韓流スターとして世界的に大きな影響を与えていることが認められ、広報大使に任命された。

イ・ギジン教授は物理学分野で著述活動を行い、文化体育観光部で優秀教養図書の著者として選ばれた。それ以外にもロボットやキャラクター人形を製作するなど、科学文化の大衆化に貢献した功労で広報大使に任命された。

CLは「父の影響で科学技術がとても重要であると常に考えています。科学技術を通じて世界が直面している問題の解決策を見つける世界科学技術フォーラムの広報大使に任命されて嬉しいです」とし、「世界科学技術フォーラムが全世界で愛されている韓国の音楽のように、全世界が認める科学の韓流になるきっかけになることを願っています」と任命された感想を明かした。

広報大使に任命されたCLは、イ・ギジン教授と共に応援映像リレーや広報映像のナレーションなどに参加する予定だ。

記者 : イ・ウノ、写真 : YG ENTERTAINMENT、翻訳 : チェ・ユンジョン