VIXX LR レオ「物足りなさは大きいけれど、ラビと思い出を作れた」

VIXX LR レオ「物足りなさは大きいけれど、ラビと思い出を作れた」心血を注いで作ったアルバムの活動を終える時が来た。グループ初のユニットという点や全てを自作曲で構成したアルバムという点で注目を浴びた。ボーイズグループVIXXのユニット、レオとラビのことだ。レオ(L)とラビ(R)は8月17日、ユニットとして第一歩を踏み出した。

「良い機会だと思って始めた」LRは音楽性を認められたことはもちろん、SBS MTV「THE SHOW:ALL ABOUT K-POP」で1位のトロフィを手に入れた。色んな面で成功した活動だったが、レオはただただ物足りなさを感じている。その物足りなさは次回で満たすことを約束し、これからはLRではなく、VIXXに戻る。

―いつの間にかユニット活動を終了する時が来ました。気分はいかがですか?

レオ:LRとして活動をしながら一番感じたことは物足りなさでした。それが一番大きかったです。今回のアルバム活動はむしろVIXXの時よりも物足りない気持ちが大きかったです。

―グループで初のユニットであり、見せたかったステージを思う存分披露できたと思いますが。

レオ:やりたかった音楽を見せることはできましたが、その物足りなさは言葉で表現できません。

―特にどの部分が物足りなかったのですか?

レオ:もっと良いステージをお見せしたかったこと、もっと多くのファンの皆さんに素晴らしい音楽を聞かせたかったこと、そしてステージでのパフォーマンスが残念でした。すべて十分にできなかった部分です。

―物足りない部分があったことで、今後の活動に向けて新たに誓ったこともあると思いますが。

レオ:実際、僕とラビにできることは、音楽を作り、聞かせることだと思っているので、今感じている物足りなさを大切にして、次のステージではさらに良いステージや音楽で満たしたいと思いました。

―今回の活動を終えることで、今後やりたいことが具体的に思い浮かんだと思います。欲も出てきたのでは?

レオ:欲というより、今回の活動を始める前にVIXXとして音楽性をより成長させ、より進化した音楽を聞かせたいという目標を立てました。ひいては今後VIXXが披露する音楽に対する期待感も高めたいと思いました。実際、それが満たされたのかは自分でも分かりません。次にVIXXとして音楽を出す時への期待を高めたくて、十分できたかは分かりませんが、一つ確実なことはこれからより成長した音楽を披露するので期待してほしいということです。

―最後にLRの活動を通じて得たものは?

レオ:思い出と記憶。ラビと一緒に思い出を作りました。1位になれたことやファンにプレゼントしたこと、そして音楽的に発展する可能性を見せたことより、個人的にはラビとの活動で思い出をいっぱい作れたことが良い記憶、思い出だと思います。ファンに一風変わったステージを思い出として残せたような気がします。それを考えると、今回のアルバムは悪くなかったと自分では思っています。

記者 : キム・ハジン、写真 : 10asia DB、翻訳 : チェ・ユンジョン