Red Velvet「Dumb Dumb」音楽番組のカメラワークを徹底比較分析

Red Velvet「Dumb Dumb」音楽番組のカメラワークを徹底比較分析Red Velvetが強烈なビジュアルを披露している。Red Velvetは9日、1stフルアルバム「The Red」をリリースし、タイトル曲「Dumb Dumb」で活動をスタートさせた。“Red+Velvet”の2つのコンセプトを見せてきたRed Velvetは、今回のフルアルバムで明るくて強烈な“Red”コンセプトで10曲を盛り込み、アイデンティティを確実にした。タイトル曲「Dumb Dumb」は独特な雰囲気にぴったりのパフォーマンスで視線を引きつける。見るだけでもかなりの体力を必要とし、休む暇もない振付けを繰り広げる。

「Dumb Dumb」のパフォーマンスはアメリカで最もトレンディなヒップホップの振付師として有名なウィルダビースト・アダムス(Willdabeast Adams)とRed Velvetが初めて息を合わせる作品で、SMエンターテインメントのディレクターであるシム・ジェウォンが参加し、振付けの完成度を一層高めた。「Dumb Dumb」の中毒性の強いリフレインとグルーヴィーなビートが印象的なアップテンポなポップダンス曲であるだけに、Red Velvetだけのエネルギーを感じることができるパワフルな動作で構成されている。また、好きな人の前では何もかもがぎこちない少女の姿を上手く表現したロボットダンス、スラップブレスレットを利用したポイントの振付けまで、独特で多彩な振付けで構成された。音楽番組ごとにRed Velvetの強烈な独特さをどう生かしたのだろうか。

Mnet「M COUNTDOWN」:爽快&カラフルなカラーで視線強奪

カメラワーク:★★★★
センターのポニーテールをしたスルギの威厳:★★★★
ルービックキューブでできた可愛いセット:★★★★

「M COUNTDOWN」はルービックキューブで彩られたカラフルなステージセットが「Dumb Dumb」のサウンドを生かした。最初からビジュアル担当のアイリンをクローズアップし、画面を広げ、視線を引きつけることに成功した。休む暇もなく激しく動くRed Velvetの振付けは、アップで捉えた時に一歩間違えたらめまいがするかもしれない。「M COUNTDOWN」は、頭を激しく揺らす激しい振付けはフルショットやグループショットで捉え、ビジュアルを捉える時には適切にアップで捉えた。ウェンディの細かい高音アドリブもすべて捉え、繊細さもうかがえた。1節のウェンディのパートが終わり、2節でジョイが登場してラップを歌い、ラップパートの後にはイェリのパートをフルショットで捉え、隊形を見せる部分も見逃さなかった。何よりも一番ダンスが上手いスルギがセンターで激しい振付けのバランスをとり、ポニーテールで爽快さまで与え、ステージをさらに輝かせた。

KBS 2TV「ミュージックバンク」:ビジュアルのカルチャーショック。何をしても可愛い

カメラワーク:★★★
眼鏡をかけたアイリンは女神:★★★★★
5色のストッキングも見事に着こなす女神たち:★★★★☆

ビジュアルショックだ。ミュージックビデオの中で好奇心を刺激した姿が実物で確認できた。「ミュージックバンク」でRed Velvetは赤、オレンジ、黄色、紫、青などの単色で綺麗にスタイリングし、片方が違うストッキングの色で合わせた。一歩間違えると理解できないスタイリングでもあるが、独特な雰囲気の「Dumb Dumb」とRed Velvetの爽やかなビジュアルとよく似合っていた。それだけではなく、最初の画面から捉えた眼鏡をかけたアイリンの姿はビジュアルショックだった。眼鏡をかけた姿と赤い衣装が不思議にも大人っぽく、アイリンが持つまた違う雰囲気を際立たせた。破格的なスタイリングであるだけに「ミュージックバンク」のカメラワークも破格的な試みを行った。2節以後、アイリンとジョイのラップパートが始まる時、すべてを180度回した。新鮮な試みは良かったが、ラップパート以後「私はあなたから抜け出すことができないみたい」から始まるイェリ、アイリン、ジョイ、ウェンディ&スルギのパートをロングテイクで捉えた時、アイリンのパートがワンテンポ遅れた。それだけではなく、頻繁なクローズアップでポイントの振付けを効果的に捉えることができなかった。ビジュアルは素晴らしかった。

SBS「人気歌謡」:綺麗で甘い絵だったが…

カメラワーク:★★★
「人気歌謡」が手足への愛情:★★★
カメラも一緒にダンス:★★★

チョコレートが食べたくなるステージセットだ。カメラもRed Velvetの甘さに酔ったようだった。カメラワークが良かった時もあるが、1節の「Play ME」×5、2節の「Baby」×5、最後にスラップブレスレットで「Dumb Dumb Dumb Dumb」を口ずさんだ時、サーフィンをしているようなダンスを踊るカメラワークを見せた。繊細さも少しオーバーだった。後半部に行けば行くほどカメラが手と足に執着している様子だった。ジョイのラップパートで手への愛情がクライマックスに至る。スラップブレスレットの振付けの時は手を映さなかったので、物足りなさを残した。だが、繊細さのおかげで1節のウェンディの「Crazy Yeah」の部分をカメラワークで上手く生かした。全体的なステージセットとRed Velvetのビジュアルが綺麗な絵を描いたが、カメラワークが2%の物足りなさを残した。

※12日のMBC「ショー 音楽中心」は特集放送でカメラワークに限界があったため、比較分析から除外します。

記者 : パク・スジョン、写真 : SMエンターテインメント、翻訳 : チェ・ユンジョン