【アイドルユニット大百科辞典 Vol.3】斬新なコラボレーション領域

【アイドルユニット大百科辞典 Vol.3】斬新なコラボレーション領域アイドルグループの活動領域はますます広くなっている。ドラマ、バラエティなどの他の分野での活躍だけではなく、ユニットやソロとしてまた違う変身も見せている。その中でもユニットはグループ活動とはまた違う魅力を持つ領域だ。アイドルのユニットは同じグループのメンバー同士または別のグループとのコラボレーションを通じて新たなコンセプトを開拓したり、ミュージシャンとしての才能が現れたりする。今やユニットはアイドルの通過儀礼になるほど一般的になった。本格的にユニットの歴史を開いたSUPER JUNIOR-K.R.Y.をはじめとする現在まで活動中のアイドルユニットを分類してまとめてみた。

【分類基準】

ミュージシャン:ユニットを通じて自作曲を発表してミュージシャンとしての才能を表したり、グループ活動では見られなかった歌唱力などの実力を証明する場合。

コンセプト:はっきりとしたコンセプトでグループで活動した時と違うアイデンティティを確立した場合。

希少性:予想しなかった組み合わせで新鮮さを与えたり、強いインパクトを与えたが、活動が少なくて希少性がある場合。

予測可能:ボーカルとラッパーの組み合わせなどコラボレーションでよく見るタイプのユニットだったり、グループの中での役割でユニット活動の可能性が十分に明らかになる場合。

斬新なコラボレーション

予想できなかった斬新な組み合わせや個性的なコンセプトで強烈かつ新鮮な風を巻き起こしたグループたち(カ、ナ、ダ順)

NASTY NASTY

2014年に結成されたZE:AのケビンとNine Musesのギョンリ、 スター帝国の新人ソジンが集まったプロジェクト混成ユニット。異なるグループのメンバーと新人のデビューという型破りで、独特な組み合せで話題を集めた。「Knock」でデビューしたNASTY NASTYは、19禁の予告映像とセクシーコンセプトで各自のグループ活動で見せなかった才能を発揮した。新人のソジンはその後、2015年度にNine Musesの新しいメンバーとして合流し、NASTY NASTYの活動経験をベースにNine Musesに自然に溶け込んだ。

SUPER JUNIOR-Happy

SUPER JUNIORのイトゥク、カンイン、ソンミン、ウニョク、シンドン、イェソンのユニット。Happyという名前らしく愉快な音楽で幸せを分かち合いたいという意思を盛り込み、2008年度にはミニアルバム「COOKING? COOKING!」をリリースした。当時、SUPER JUNIOR-Mが中国活動を始めたため、SUPER JUNIORが韓国でユニット活動することは予想できた部分だ。メインボーカルのイェソンが合流し、爽やかな歌を披露したという点で意外性を見せた。「COOKING? COOKING!」「PAJAMA PARTY」など、才気煥発な曲と真似しやすい振り付けで風変わりな魅力をアピールした。イベント性を持って企画されたユニットあるだけにSUPER JUNIORのコンサート以外で会うことは難しそうだ。

SUPER JUNIOR-T

2007年に結成したSUPER JUNIORのイトゥク、ヒチョル、カンイン、ソンミン、シンドン、ウニョクで構成されたアイドル初トロット(韓国の演歌) ユニット。バラエティ番組で有名になった5人のメンバーのボーカルを後押しするソンミンが合流した形式で、SUPER JUNIORのバラエティ活動を舞台化したものと見られる。デビュー曲「Rokkugo」の場合、センスある歌詞と中毒性の強いリフレインで人気を集めた。選挙とCMなどに積極的に活用され、話題を集めた。2010年にリリースされた新曲「Tok Tok Tok」ではイトゥクが高音を担当し、成長した歌の実力を誇った。2015年デビュー10周年記念スペシャルアルバムには薔薇旅館とコラボレーションした「一目惚れしました」を収録した。SUPER JUNIOR-TはSUPER JUNIORのコンサートのたびに登場し、愉快なステージを披露するコンセプトに充実した楽しいユニットだ。

Toheart

2014年にSHINeeのキーとINFINITEのウヒョンが結成したとユニット。これまでグループ内でのユニット結成はよくあることだったが、それぞれ異なるグループのメンバーがユニットを結成するケースは珍しかった。キーとウヒョンは1991年生まれの同じ年でToheart活動の以前から格別な友情を誇り、このような友情がユニット結成にまで繋がった。2人はアルバムコンセプトの決定に積極的に参加し、1980年代のヴィンテージを現代的に再解釈したコンセプトはステージを公開する前から話題になった。Toheartは2014年1stアルバムをリリースし、「Delicious」と「Tell Me Why」を通じて、予想外のユニットのギャップのある魅力を披露し、「ゴールデンディスクアワード」のアルバム部門で人気賞を受賞し、ユニットのパワーを見せた。

Trouble Maker

2011年に結成したBEASTのチャン・ヒョンスンと4Minuteのキム・ヒョナの男女ユニット。CUBEエンターテインメントの所属歌手の出会いはある面では予測可能だったかもしれないが、キム・ヒョナとチャン・ヒョンスンは破格的で濃厚なスキンシップのある振り付けで話題を集め、デビュー曲「Trouble Maker」と2013年の「明日はない」まで、セクシーユニットの新しい歴史を書いた。チャン・ヒョンスンはキム・ヒョナの強力なセクシーさに負けない退廃美を見せステージを掌握した。Trouble Makerは「2012 MAMA」でベストコラボレーション賞、「2012 MelOn Music Awards」でホットトレンド賞、「2013ゴールデンディスクアワード」アルバム部門でベストダンスパフォーマンス賞を受賞し、最強にセクシーなユニットの誕生を知らせた。

T-ARA N4

2013年に結成したT-ARAのウンジョン、ヒョミン、ジヨンと新人ダニで構成されたユニット。デビュー曲「田園日記」はMBC農村ドラマ「田園日記」のタイトルを借りた国楽(韓国伝統音楽) とヒップヒップ、EDMが混じったフュージョンダンス曲で話題を集めた。活動3ヶ月でメンバーアルムがT-ARAを脱しながら、新人のダニを新しく合流させたが、「田園日記」以後、活動していない状態だ。

記者 : パク・スジョン、オ・セリム&ウン・ジヨン(インターン)、編集:ハン・ヘリ、写真:SMエンターテインメント、CUBEエンターテインメント、翻訳:チェ・ユンジョン