BTOB、デビュー後初めて済州道でファンサイン会を開催…「忘れられない時間」

BTOB、デビュー後初めて済州道でファンサイン会を開催…「忘れられない時間」新曲「家に帰る道」で活発に活動しているBTOBが、済州道(チェジュド)で初めてファンサイン会を開催し、ファンと会った。

BTOBは25日、済州市映画芸術文化センターで7枚目のミニアルバム「I Mean」の発売記念公式ファンサイン会を開催して、抽選で選ばれた100人余りのファンと会った。BTOBがデビュー以来、初めて開催する済州地域のファンサイン会であるこの日は、これまでドラマ撮影でアルバムプロモーションに参加できなかった末っ子ソンジェを含め“7人の完全体”でファンと共に特別な時間を過ごした。

BTOBの今回のサイン会は済州地域はもちろん、BTOBメンバーを見に高い競争率を勝ち抜いた全国各地のファンたちが集まり客席を埋め尽くした。BTOBは熱烈なファンの愛に応え、友達のように優しいファンサイン会を開催した。もちろん、デビュー初の音楽番組1位に輝いた新曲「家に帰る道」に送ってくれた熱い関心に感謝の気持ちを伝え、ファンと共にした。

それだけではなくBTOBは、済州道訪問を控えて練習した「いらっしゃい」「あらら」「何してるの?」などの済州道方言を愛嬌を振舞って話し、ファンたちから熱い歓声を受けた。ここにファンからの熱烈なリクエストを受けて、ウングァンはイム・チャンジョンの「再び愛(Love Again)」を、チャンソプは少女時代のテヨンの「I」を、ソンジェはキュヒョンの「A Million Pieces」をその場で熱唱した。

80分余りのファンサイン会を終えたBTOBは、「かなり長い時間だった。でも時間が経つのが早かった。済州道での初のファンサイン会だったが、遠くから見に来てくれた皆様に感謝している。忘れられない楽しい時間だったし、次回また、済州道を訪問する予定なので、これからも多くの愛をお願いしたい」という微笑ましい挨拶も忘れなかった。

BTOBは新曲「家に帰る道」を公開し、音源&アルバムチャートで1位を獲得しただけでなく、デビュー3年7ヶ月ぶりに初めて音楽番組で1位を獲得し、活発な活動を繰り広げている。

記者 : パク・スジョン、写真 : CUBEエンターテインメント、翻訳 : チェ・ユンジョン