パク・ヘジン、アンチファンと一緒にボランティア活動

パク・ヘジン、アンチファンと一緒にボランティア活動俳優パク・ヘジンが温かい心をこめた歩みを続けている。

普段、善行を通じて分かち合いのアイコンとして位置づけられたパク・ヘジンが24日(土)、練炭配達のボランティアのために九龍(クリョン)村を再び訪れた。

彼が訪れた九龍村は基礎生活受給費(生活保護者)の世帯が大半であるため、助けの手が切実に必要な状況だ。これに、パク・ヘジンは3年前から毎年秋に九龍村を訪れ、練炭支援のための寄付金や生活に必要な生活必需品の寄託、また自ら練炭配達を展開して住民たちと温かい心を交わしている。

特にパク・ヘジン、自身に悪意のある書き込みをした人たちと2013年から同地域を訪れボランティア活動を行っている。書き込みを行った人を名誉毀損で訴えていたが、反省した人に対してはボランティア活動を条件に告訴を取り下げたもの。今年もネットユーザーたちはもちろん、特別な縁を結んだ児童養育施設の子どもたち、ソウル総合芸術実用学校の後輩たちと一緒に練炭配達のボランティアに参加し、より心温まる光景を演出した。

また、約3時間ほど続いたこの日のボランティアでパク・ヘジンは九龍村にある約152世帯に約2500枚の練炭をはじめ、各種生活必需品のクーポンなど約6000万ウォン(役640万円)相当の品物を渡した。

パク・ヘジンは「こんなに意味深いボランティアに多くの人が一緒に参加してくれて本当に感謝している。練炭を配達する間、全員が一つの心で動いているということに胸がいっぱいになって、小さい心だが分かち合うことができて本当に嬉しい時間だった。分かち合いというのは自分一人ではなく、多くの人と一緒にしてこそより大きな意味があるということを再び感じるきっかけになった」と真心の込めた感想を伝え、ボランティア現場に深い感動を与えた。

パク・ヘジンが“ユジョン”役で出演するtvN月火ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」は甘い笑顔の後ろに危険な本性を隠している完璧な男と、唯一彼の素顔を見抜いた非凡な女子大学生の息詰まるロマンススリラーで、韓国で1月4日(月)に放送スタートする予定だ。

記者 : チョン・シウ、翻訳:ナ・ウンジョン