「チーズ・イン・ザ・トラップ」パク・ヘジン&キム・ゴウンら、台本読み合わせのメイキング映像を公開

「チーズ・イン・ザ・トラップ」パク・ヘジン&キム・ゴウンら、台本読み合わせのメイキング映像を公開「チーズ・イン・ザ・トラップ」の台本読み合わせの現場を公開した。

5日午前、最近行われたtvNの月火ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」(脚本:キム・ナムヒ、コ・ソンヒ、演出:イ・ユンジョン)の台本読み合わせのメイキング映像がNAVER tvcast「チーズ・イン・ザ・トラップ」館を通じて公開された。

公開された映像の中の台本読み合わせの現場には、甘い微笑みの裏に危険な本性を隠した完璧なエリート男子ユジョン(パク・ヘジン)、鋭い勘でただ一人彼の本来の姿を見抜いた非凡な女子大生ホンソル(キム・ゴウン)、言葉より先に手が出てすぐムキになる男だが、ホンソルだけには限りなく優しいギャップを持つ人物ペク・イノ(ソ・ガンジュン)など、「チーズ・イン・ザ・トラップ」を引っ張っていく約20人の俳優をはじめ、イ・ユンジョン監督までが一堂に会した。

特に、本格的に台本読み合わせが始まると、「ソル、僕と付き合う?」という台詞でスタートを切らなければならなかったパク・ヘジンは恥ずかしさを隠せず、現場にいる俳優とスタッフたちの笑いを誘った。そして、キム・ゴウンとソ・ガンジュンはビジュアルから手の仕草、眼差しまで、キャラクターに完璧に没入した演技を披露した。

それだけではなく、台本読み合わせの後の記念撮影でパク・ヘジン、キム・ゴウン、ソ・ガンジュン、パク・ミンジ、ナム・ジュヒョクは、組み合せだけでも初々しくときめき溢れる魅力を見せた。

「チーズ・イン・ザ・トラップ」は甘い微笑の裏に危険な本性を隠した完璧なエリート男子ユジョン(パク・ヘジン)と、ただ一人彼の本来の姿を見抜いた非凡な女子大生ホンソル(キム・ゴウン)の手に汗握るロマンススリラーを描き出す作品だ。

和気あいあいとした雰囲気の中で行われた台本読み合わせでドラマへの期待を高めている「チーズ・イン・ザ・トラップ」は韓国で2016年1月4日から放送される予定だ。