ロイ・キム、タイトル曲「北斗七星」のMV予告映像を公開…孤独な冬の男の感性

ロイ・キム、タイトル曲「北斗七星」のMV予告映像を公開…孤独な冬の男の感性

写真=「北斗七星」MV予告映像キャプチャー

歌手ロイ・キムがタイトル曲「北斗七星」のミュージックビデオの予告映像を公開した。

ロイ・キムが2日、公式SNSに公開した20秒ほどの予告映像には、新曲の歌詞とある女性の髪を撫でている姿が盛り込まれている。

3日午前0時にベールを脱ぐ「北斗七星」は、ロイ・キムの真率で淡白なボーカルと冬の感性が溢れる曲だ。ロイ・キムが初めてギターとフォーク音楽ではないバラードジャンルに挑戦した曲だ。

ロイ・キムは新曲で季節が変わっても常にその場所を動かない“北斗七星”のように大切な人に温かい光になる慰めの歌詩と老若男女、全世代を感動させる感性を盛り込んだ。

今年の冬、雄大なバラード曲でカムバックを予告しただけに「北斗七星が見える」という歌詩と感性溢れるメロディラインは新曲への期待を高めている。ロイ・キムが初めて試みる冬のバラード曲「北斗七星」で四季のグランドスラムを達成できるのか、その結果が注目される。

ロイ・キムは3日、3rdフルアルバムの記念ショーケースの開催に続き、当日午前0時、タイトル曲「北斗七星」以外に「去らないで」「私も愛したい」「涙一粒」など、計9曲が収録された3rdフルアルバム「北斗七星」をリリースする。

ロイ・キムは12月18日~20日、延世(ヨンセ)大学ペクヤンコンサートホールにて開催される年末コンサートを控えている。ニューアルバムは12月4日に公開される。