SUPER JUNIOR-K.R.Y.、台湾を熱く盛り上げた…コンサートが大盛況のうちに終了

SUPER JUNIOR-K.R.Y.、台湾を熱く盛り上げた…コンサートが大盛況のうちに終了

写真=SMエンターテインメント

写真=SMエンターテインメント

SUPER JUNIORのキュヒョン、リョウク、イェソンで構成されたボーカルユニットのSUPER JUNIOR-K.R.Y.が、グローバルファンの熱い関心の中でソウルに続き、台北公演も大盛況のうちに終了した。

5日と6日の2日間、台湾の台北・新荘体育館で開催された「SUPER JUNIOR-K.R.Y. ASIA TOUR~Phonograph~in TAIPEI」は、8月に開催されたソウル公演以来初の海外コンサートで、開催するというニュースだけでも大きな話題を集めただけに、全席完売を記録した。そして、SUPER JUNIOR-K.R.Y.は、公演で1万人の観客を魅了して、台湾を熱く盛り上げた。

SUPER JUNIOR-K.R.Y.は、今回の公演で「Believe」「Love Disease」「In My Dream」などSUPER JUNIORのアルバムの収録曲をはじめ、「The One I Love」「SKY」「Gray Paper」「It Has To Be You」「Maybe Tomorrow」など今まで参加したOST(劇中歌)のステージ、「ハナミズキ」「月蝕~Lunar Eclipse~」など日本のシングル曲の韓国語バージョンなど、多彩なステージを披露し、SUPER JUNIOR-K.R.Y.の多様な魅力を見せて観客の目と耳を魅了した。

それとともに、SUPER JUNIORのアルバムの収録曲「Someday」「Our Love」「いい人」をアコースティック・メドレーでアレンジしたステージはもちろん、現地ファンのために特別に準備した中華圏の歌手リン・ジュンジェ(林俊傑)の「她説 She Says」、台湾の歌手蕭敬騰(Jam Hsiao)の「原諒我」など中国歌謡のステージまで、計22曲の感性に満ちたステージを披露して現地ファンの爆発的な反応を得た。

これに、台湾のファンたちはSUPER JUNIOR-K.R.Y.のためにペンライトで“私のKRY”という文章を作るイベント、「永遠に一緒に」というメッセージが書かれた応援ボードイベントなど韓国語で応援を送ったり、全員が口をそろえてSUPER JUNIORの2ndアルバムに収録された「Song For You」を熱唱してメンバーたちを感動させた。

今回の公演を成功させたSUPER JUNIOR-K.R.Y.は、12日と13日の2日間、タイ・バンコクでコンサートを開催してアジアツアーを続けていく予定で、アジアのファンのより熱い関心を得るものとみられる。

SUPER JUNIORは11月6日にデビュー10周年を迎えてSMエンターテインメント傘下の単独レーベル「Label SJ」を設立し、これからもグループ、ユニット、ソロの多様な形で公演、演技、ミュージカルなど様々な分野で活発な活動を展開する計画だ。

記者 : パク・スジョン、翻訳 : ナ・ウンジョン