防弾少年団 RAP MONSTER、米音楽メディアが選ぶ「2015年ベストヒップホップアルバム50」にランクイン

写真=Big Hitエンターテインメント

グループ防弾少年団のRAP MONSTERのミックステープ(非商業用の目的で制作された無料で配布するテープ・CDの一種)「RM」が、アメリカの音楽専門メディア“SPIN”が選定した「2015年ベストヒップホップアルバム50」にランクインした。

16日(現地時間)、SPINは今年最も影響力があった2015年ベストヒップホップアルバム50曲を発表し、RAP MONSTERのミックステープ「RM」を48位に選定した。SPINのベストヒップホップアルバムのチャートに韓国のアーティストがランクインしたことは今回が初めてであるため、より注目を集めている。

SPINは「RAP MONSTERがソロとしてリリースしたミックステープ『RM』を通じて、真剣に自分だけのスタイルを探した」と伝え、RAP MONSTERと「RM」の収録曲である「DO YOU」と「Life」を紹介した。

また、SPINは「キム・ナムジュン(RAP MONSTERの本名)は、アメリカで確実な地位を固めることができるチャンスを作った。もし、彼が自分だけのスタイルを地道に積み重ねるとしたら」と言及し、RAP MONSTERの可能性についいて評価した。

「RM」は今年3月にRAP MONSTERがリリースした1stソロミックステープで、ラッパーとしてRAP MONSTERの実力をアピールし、話題を集めた。タイトル曲「DO YOU」以外にも、先公開曲「覚醒」とアメリカの有名ラッパーテック・ナイン(Tech N9ne)が代表として務めているレーベル会社Strange Musicの所属ラッパーであるクリッズ・カリコー(Krizz Kaliko)が参加したトラック「RUSH」、抜群の言葉遊びを見せた「JOKE」など、計11トラックが収録されている。

昨年、アメリカのヒップホップの巨匠ウォーレン・G(Warren G)とのコラボレーション曲「P.D.D(Please don’t die)」をリリースしたことに続き、ハリウッドの超大作映画「ファンタスティック・フォー」とコラボし、全世界に活動の舞台を広げている。

RAP MONSTERが所属している防弾少年団は先月30日、4thミニアルバム「花様年華 pt.2」をリリースし、タイトル曲「RUN」で活発な活動を繰り広げている。

記者 : ソン・イェジ、写真 : Big Hitエンターテインメント、翻訳 : チェ・ユンジョン