Vol.2 ― Block B テイル「メンバーそれぞれが影響力を持つようになりたい」

Vol.2 ― Block B テイル「メンバーそれぞれが影響力を持つようになりたい」Block Bの2015年はどうだったのだろうか。ソロ、ユニット、演技など、各自が上手くできることをして、上手くなりたいことに挑戦した。一緒に活動する時は“Block Bらしい”一つのハツラツとした軽快なイメージを完成させ、一人で活動する時も自分たちだけの個性のあるカラーをアピールした。華やかに鳴る爆竹のようにいつも大きなエネルギーを放つ7人の男のパーティーは、2016年になってもなかなか終わらない。

―テイルの2015年はどうだったのか?

テイル:2015年……Block Bは2015年にアルバムを出したわけではないが、僕のソロ曲が公開された年で、一人で歌番組に出演した。今までBlock Bとして活動してきたが、2015年はソロで歌う姿をたくさん見せることができた。

―ソロ曲「揺れる」をリリースした時、どんな感じだったのか?

テイル:本当に嬉しかった。順位が良かったわけではなかったけど、僕の名前でアルバムに出たということに意味がある。初めてだったから。これからもずっと記憶に残るだろう。

―何か準備していることはあるのか?

テイル:秘密だ(笑) でも、ソロ曲を出すことになると、ご一緒したい方々がいるので、事務所に伝えておいた。その方々と僕の時間を合わせなければならないので。確実なことではない。

―計画中だというと、すぐ聞けるのでは?

テイル:2016年の春頃か夏頃かな? まだ決まってないので……。

―最近、MBC「能力者たち」で熱帯魚を育てるのを見た。他にハマっているものはないのか?

テイル:特にない。既にハマっていることを管理するのも難しい状況なので、他のものには目が行かない。

―熱帯魚は増えたのか?

テイル:たぶん、放送を見て分かると思うが、多すぎて増やすことはできない。その状態で維持している(笑)

―「揺れる」のことを聞きたい。2015年に誰かに揺れたことはなかったのか?

テイル:誰かに揺れたというよりは、(ソロ曲)の順位に揺れた。予想とは違って順位が著しく低かったのでがっかりした。

―順位に影響される方なのか?

テイル:影響されないとは言えない。なぜなら、初めてだったから。でも、正直、最初は自分の曲でもあまり聞かなかったけど、最近再び自分の曲に愛着が湧いた。レコーディングの時に聞きすぎたので、自分の曲がリリースされる頃には飽きてしまう。しばらくの間はあまり聞かなかったけど、1週間前から聞きながら練習した。凄く良かった。自分の曲だから仕方かない(笑)

―最近、また聞いているとは。「揺れる」」はどんな人が聞くといい曲なのか?

テイル:恋人関係になる前の親しい友達かな? そのような内容が盛り込まれた曲だ。

―2016年、どんな1年を過ごしたいのか?

テイル:まず、Block Bがより広く知られて、僕もそうなって欲しい。何よりも問題なく無事に過ごすことが一番だ。健康に過ごしながら今よりも良い1年になるだろう。現状に満足せず、Block Bのメンバーそれぞれが影響力を持つ地位になりたい。

―最後にファンに一言お願いしたい。

テイル:BBC(Block Bの公式ファンクラブ)の皆、Block Bが新たな姿を見せずに個別活動だけをしていてごめん。少し疲れているかもしれないけど、2016年にはBlock Bの新たな姿とステージを見せるので、もう少し待っていてほしい。最後まで待ってほしいとしか言えない。早くアルバムを出すことが解決策でしょ?

記者 : イ・ジョンファ、写真 : ク・ヘジョン、翻訳 : チェ・ユンジョン