勝手に表彰!「2015演技大賞」賞をあげたかったスターたち ― Vol.1

勝手に表彰!「2015演技大賞」賞をあげたかったスターたち ― Vol.1「ジョンファン、俺すごく悔しい」

新年初日、多くの視聴者は「パンチ」のチョ・ガンジェに憑依した。前日まで報道資料を通じてキム・レウォンを大賞候補として発表していた「2015 SBS演技大賞」は、授賞式当日、キム・レウォンを大賞候補から外した。受賞者が自動的に大賞候補になる「10大スター賞」にキム・レウォンの名前はなかった。SBS側は「私たちもキム・レウォンが候補にいないことを現場のモニターを通じて知ったので驚いた」とコメントした。SBSが知らなければ誰が知っていたと言うのだろうか。お墓に入ったパク・ジョンファンが飛び出してきそうな話だ。

「パンチ」で二度と戻れなくなる人生と別れ、正義のための最後の闘いに乗り出した検査パク・ジョンファンを演じたキム・レウォンは、役を完璧に憑依させた演技で視聴者を戦慄させた。パク・ジョンファンは“キム・レウォンの、キム・レウォンによる、キム・レウォンのための”役だと言えるほど、キム・レウォンは完璧な演技力を披露したが、演技大賞に参加しなかったキム・レウォンに与えられたのは3社のプロデューサーたちの投票で決まるプロデューサー賞だけだった。もしプロデューサー賞がなければ、多くの視聴者は「パンチ」やパク・ジョンファンと別れられなかったかもしれない。

多くの視聴者の人生ドラマになった「パンチ」を輝かせ、人生キャラクターになったパク・ジョンファンを演じたキム・レウォンに、10asiaは「どうしてキム・レウォンが受賞できなかったの?」という視聴者の疑問と怒りを込めて、今回の「10asia放送大賞、その後」の大賞である「なぜ受賞できなかったのか大賞」を与える。充分なものではないが、これでもう本当にパク・ジョンファンとはお別れだ。「これにしましょう、僕たちの別れ酒」

#「憑依した君を憶えてる」10大スター賞-1部(ハングル順)

キム・ヒソン : MBC「Angry Mom」

「Angry Mom」でキム・ヒソンはもう一度、演技的な変身を試みた。40代の母親が再び制服を着て娘の高校に入るという設定のため、軽いコメディドラマを想像した視聴者が多かった。しかし、「Angry Mom」は想像以上に重く、現実を赤裸々に見せてくれるドラマだった。そんな作品でキム・ヒソンは過度な行動や感情を見せず、娘を思う母親の気持ちを真心を込めて可愛く見せてくれた。安定した演技力にコメディ、アクションまで加え、韓国の学校教育の問題点を正面から解決していく母親の姿を見せてくれた。彼女のように20年間ずっと続け、再発見ができる女優は他にいないだろう。容易ではないドラマにキム・ヒソンが注いだ努力に比べ、「10大スター賞」のトロフィーはあまりにも小さく見える。もしキム・ヒソンが授賞式に出席しなかったために賞を与えなかったのなら、MBCは“Angry視聴者”に会う覚悟をしなければならない。

キム・ヒエ : SBS「ミセス・コップ」

「ミセス・コップ」は視聴者の熱い声援に支えられ、放送終了から3ヶ月でシーズン2制作という噂が浮上した名作だ。このハイクオリティなドラマを引っ張った中心には“女優パワー”キム・ヒエがいた。だが、“名女優”キム・ヒエも「2015 SBS演技大賞」の主人公にはなれなかった。やはり出席しなかったことが大きな影響を与えたのだろうか。キム・ヒエが受賞しなかったことに残念な意見を示す視聴者の声が特に大きいのは、40代の女優として簡単には乗り越えられない極限の限界を乗り越えたキム・ヒエの努力を多くの視聴者がドラマを通じて見守ったからだ。すっぴんに近い顔で働き盛りの若い女優にも難しいアクションを完璧に消化し、臭い下水道や古い空ビルの屋上で体を張るアクションを見せるキム・ヒエの汗と涙を視聴者は「ミセス・コップ」を通じて見た。本当にシーズン2が誕生しても、SBSは再び「ミセス・コップ」とキム・ヒエを無視することができるだろうか。視聴者は2015年の演技大賞の現場を生放送ではっきりと見た。

ソ・イングク : KBS 2TV「君を憶えてる」

賞とは一生懸命に働いた俳優に与えるもの。歌手兼俳優であるソ・イングクは昨年1年間、KBS放送局で一生懸命に働いた。2014年「王の顔」で光海(クァンへ)役を務めたソ・イングクはまさに熱心な姿を見せた。これに続き、チャン・ナラと共演したサスペンスドラマ「君を憶えてる」まで、ソ・イングクの活動が続いた。だが、賞を一つももらえないとは。ソ・イングクの苦労を知っている視聴者としては残念に思うだけだ。二作品の視聴率がどちらも低迷していたことは事実だ。それだけではなく、問題も絶えなかった。しかし、ソ・イングクが作品の中で見せてくれた演技は、視聴率という枠の中に閉じ込めるにはもったいないものだった。目に見える成績では物足りなさを残したが、ソ・イングクの演技は視聴者の心に深く刻まれた。

スエ : SBS「仮面」

2013年「野王」で悪女の代名詞になった稀代の悪女チュ・ダヘ役を演じたスエは“歴代最高レベルの演技的変身”という賛辞を受けても賞をもらえなかった。不運の歴史は2015年も続いた。「仮面」で父親の借金で運命の渦に巻き込まれた貧しい百貨店販売員のピョン・ジスクと堂々とした優雅な国会議員の娘ソ・ウナという瓜二つの人物の一人二役でお茶の間を魅了した。同じ俳優が演じる正反対のキャラクター、“自分にそっくりな人に会うと死ぬ”という俗説を持つドッペルゲンガーという特別な題材だ。視聴者たちはスエの魅力を見逃すことはできなかった。もしスエが今回の演技大賞に参加したなら、結果が違っていたのだろうか? 視聴率1位の立役者であるスエをSBSはいつまで不参加という理由で見過ごすことができるのだろうか。視聴者たちは今年も続いたSBS演技大賞の黒歴史を生中継で見守った。

オン・ジュワン : SBS「パンチ」「村-アチアラの秘密」

オン・ジュワンは「パンチ」と「村-アチアラの秘密」で、演技人生のターニングポイントを迎えた。“人生のキャラクター”と呼ぶにはまだ頂点に至っていない彼なので、その言葉は残しておきたい。しかし、俳優オン・ジュワンの演技人生をまとめた時、2つの作品がすべてターニングポイントになるほど、オン・ジュワンは2015年の俳優としては幸運に恵まれたと言える素晴らしい作品に出会った。しかし、勝利の女神は微笑んでくれなかった。最高に悪口を言われる最高の悪役イ・ホソン役を演じた「パンチ」、そして村の恐ろしい秘密を抱いている男ソ・ギヒョン役を演じ、七色の魅力を披露した「村」まで、視聴者を魅了したオン・ジュワンの魅力は100点満点中100点だった。それだけではなく、オン・ジュワンは「拳を握って少林寺」のメンバーとして中国にまで行ってきた。1年の間ずっとSBSの公務員のように一生懸命に頑張ってきた彼だったが、SBSは彼を見過ごした。しかし、オン・ジュワンは授賞式の最後まで自分の席を立たなかった。私たちが記憶すべき俳優の品格だ。

記者 : チャン・ジンリ、ユン・ピルジュン、ハン・ヘリ、写真 : 10asiaDB、翻訳