神話 ヘソン「頭の中はファンのことでいっぱい」

神話 ヘソン「頭の中はファンのことでいっぱい」神話(SHINHWA) ヘソンはインタビューで質問に答えるたびにファン(神話創造、神話のファンクラブ)の話をした。「ある意味、『ファン、ファン』と言うのは照れくさいが、当たり前なことだ」と話す彼の答えから、神話創造に対する彼の格別な愛情を確認することができた。彼のファンに対する愛情は儀礼的なものではない。ヘソンは今回の10周年記念アルバムのすべてをファンのための贈り物として準備した。神話18周年、ソロ11周年を迎える彼が初めてソロダンス曲に挑戦し、8回の長期公演を計画した。ある人には簡単に見えるかもしれない挑戦だが、違う人にとっては難しい決断だ。それほど、ファンに感謝の気持ちを返したいというヘソンの気持ちが大きかった。この日、インタビューに同席した所属事務所の関係者もヘソンについて「ヘソンから先にこんな話を持ち出した」と明かし、「私たちも驚いた」と伝えた。ひたすらファンのために新たな挑戦をする男、ヘソンだ。こんな努力と愛情があるから、神話は今、歴史を描くアイドルになっているのだろう。12日、ソロ10周年記念アルバム「delight」を発表したヘソンに会った。

―まず、久しぶりにソロアルバムを発表した感想を聞かせてください。

ヘソン:久しぶりに出したアルバムで、これまで出してきたアルバムとは違うカラーがあるので、楽しみでもありながらドキドキもしています。様々な感情が心の中にあります。

―ソロアルバムでは初めてタイトル曲でダンスを踊ります。タイトル曲「Romantic Comedy Drama」の予告映像が大きな話題になりました。

ヘソン:パフォーマンスがある曲で音楽番組に出演するのは初めてです。10周年記念アルバムですが、実は去年が10周年でした。去年、アルバムを準備しながら10周年記念アルバムだから何か意味を込めたいと思いました。どんなアルバムを出せばいいだろうと悩んだ結果、ソロ歌手ヘソンはバラードのイメージでしたが、その後はモダンロック、ソフトロックにハマって、そんなジャンルのアルバムを出してきました。10周年だから初心に戻って本来のバラードを見せようと思ったんです。でも、そんなアルバムは意味はいいかもしれないけれど、新しい姿ではない気がしました。10周年だから欲が出ました。少し違うことをしようと思って見つけたのがパフォーマンスがある曲でした。それで、アルバムの制作方向をすべて変えました。実は去年の10周年に合わせてアルバムを出したかったのですが、振り付けがあるから練習時間が必要で、方向を変えて1月に出すことになりました。

―神話でパフォーマンスといえばミヌとチョンジンですが、メンバーたちはどんな言葉をくれましたか?

ヘソン:普段、ソロアルバムを準備する時はデモ曲やレコーディングをしてからメンバーたちに聞かせて話し合います。今回のアルバムは秘密ではなかったんですが、以前より話すのを少なくしました。少し恥ずかしいと思ったからか、新しいことをやるから出した時にサプライズで見せたいと思ったのか、様々な感情でした。ミュージックビデオの予告映像が出てすぐにエリックから連絡が来ました。今すぐ自分に振り付け練習動画をフルバージョンで送ってほしいと言われました。送ったら長文のメールが来ました。動作を一つずつ指摘しながら、どうすればもっとかっこよく見えるのか、想像もしなかったアドバイスをしてくれました。こいつを見ろ~(笑) リーダーに相応しいアドバイスをしてくれました。チョンジンからも連絡が来て、僕がターンをする部分は冗談っぽく「こまなの?」と笑いながら期待してくれました。他のメンバーたちも自分のSNSで予告映像を紹介してアドバイスや応援をしてくれました。

―ミュージックビデオを見ましたが、演技にも挑戦したようです。

ヘソン:演技とまでは言えません。演技というよりは……イメージカット? ハハ。表情を作るのも演技ですか? 演技と言うべきかな……むしろ今回は少しの演技よりもパフォーマンスが中心になっています。「Romantic Comedy Drama」は曲も歌詞も甘い感じがあります。だから、ミュージックビデオやパフォーマンス自体も当然明るい感じだろうと思いましたが、それでは決まりきった曲になってしまうと思いました。それで、ミュージックビデオやパフォーマンス自体に重みを与えてみました。ギャップを与えたら、見る面白さがあるだろうと思いました。だからといって、曲の雰囲気と大きな差が出てはいけないから今のような感じで作ってみました。

―一人でダンスを踊る姿はほとんど見られませんでしたが、一人で踊る姿を見て自分ではどうでしたか?

ヘソン:実は自分でも見慣れませんでした。「デビュー18年にもなるダンスグループのメンバーだから一人でダンスを踊ることは難しくないだろう?」と言われますが、実は僕が得意なのはダンスよりも歌です。今回のアルバムのタイトルは「delight」です。こんなことを言うのは少し照れくさいかもしれないですが、ここ10年間、僕は自分でやりたい音楽をやってきました。そして、ファンは僕がどんな音楽をしようが、どんな姿であろうが喜んで好きでいてくれて、それが嬉しかったんです。だから、今回は自分が好きな姿よりもファンが喜ぶだろうと思うことに焦点を合わせました。アルバムもそうだし、パフォーマンスやミュージックビデオ、音楽番組出演、コンサートまで、ファンを念頭に置いて準備しました。ぎこちなく見えるかもしれません。ソロのヘソンは間違いなくバラードのイメージだからぎこちなく見えるはずですが、「あえてあんなことまでする必要があったかな?」と言われてはいけないんです。僕をまったく知らない人でも、ファンでも僕を見た時、「ダンスが上手い~」「あの人はダンスマシン」という反応は望んでいません。ただ、よく似合う服を着たという印象を与えたいです。バラード歌手ヘソンにもこれぐらいのパフォーマンスはとてもよく似合うという感じを与えたいです。「やっぱりダンスグループのメンバーだね」ぐらいの印象だけでも与えられれば成功だと思っています。そう考えて準備しました。

―椅子に座っている姿が“椅子ダンス”で有名な神話を浮かばせます。

ヘソン:神話と言えば椅子パフォーマンスが浮かびますが、「Romantic Comedy Drama」の振り付けにもポイントダンスがあります。まず、“花ダンス”といって「きれいな花を咲かすこと」という歌詞に合わせて指を鳴らす部分があります。また、神話は18年間、地道にアルバムを出して、ソロアルバムもそれぞれ発売しています。それは多くの方が認めてくれて、僕たちも僕たちなりのプライドを持っている部分です。そんな部分のおかげで後輩たちが僕たちをロールモデルに挙げてくれて感謝しています。それで、それをパフォーマンスに入れたらどうかなと思いました。神話の「All Right」の椅子ダンスのポイント部分を「Romantic Comedy Drama」に入れました。チョンジンの「WowWowWow」のポイントダンスも入っています。神話は6人で一緒に活動してアルバムを出していますが、ソロとしても活動を続けているという意味を込めたものです。面白い要素になると思います。チェ・ヨンジュン振付師からこんなことができるグループは神話しかいないと言われました。「Romantic Comedy Drama」の後も他のソロや神話のアルバムが出るはずですが、次の僕たちのパフォーマンスには今回の花ダンスを入れて繋げていくのも面白いと思います。

―振り付けの練習で一番難しかったダンスはありますか?

ヘソン:ダンスはすべて難しいです(笑) 多くの方から必ず体力について聞かれますが、体力は問題になりません。神話のコンサートもやっていますから。ハハ。ただ、僕は膝を痛めています。左足の膝は手術をして、右足の膝も手術しなければならないので、それが少し不安です。ダンスの中で一番難しかったのはチョンジンの「WowWowWow」のポイントダンスです。ウェーブしながら肩を回すのが難しかったです。だから、たくさん練習しました。

―やはり歌の練習はあまり必要じゃないでしょう?(笑)

ヘソン:違います!(笑) 「Romantic Comedy Drama」は穏やかで温かい感じで聞くことができますが、バース(Verse:サビの前に配置される序奏部分)部分は今まで僕がやったことのない歌い方です。歌詞を発音する時、ハングルを英語のように発音したり、グルーブに乗って歌ったので、はっきりと違うポイントがあります。そんな部分も聞いたら面白い要素になります。今まではこんな歌い方をするのはぎこちなかったんです。初めてレコーディングした時は自分の感じで歌いましたが、明るい歌詞が悲しく聞こえました。それで、スタッフと話し合って似合う感じを探すためにレコーディングを3回も行いました。レコーディング後に聞いてみたら、こんな感じは僕が歌ったことがなかったような気がしました。

―今回のアルバムの活動後、長期コンサートも開催します。ヘソンさんが挑戦する初の長期コンサートです。

ヘソン:アルバム、ステージ、音楽番組出演、公演までファンが喜びそうなものを準備しました。今まではバラエティー豊かな様々な構成で引っ張っていく感じの公演を行いました。最初は今回も同じようにしようとしましたが、少し違う感じにしてみようと思いました。小劇場の感じでアクスティックで、コミュニケーションをして、穏やかな雰囲気にしようという意見があって、僕もそんな公演をしてみたかったんです。今回の公演は小劇場ではないのですが、そんなコンセプトを十分消化できると思いました。公演回数が少ないと、多くの方々が来られないので、8公演に決定しました。公演が上手な歌手にとって8回という数字は長期公演ではないかもしれないですが、僕は一度もやったことがないので小さな挑戦です。

―昨年はチョンジンさんとドンワンさんがソロ活動を行いましたが、メンバーたちのソロ活動が力になったと思います。

ヘソン:本当に良かったです。チョンジンの場合、久しぶりのソロアルバムでしたが、戦争で戦う戦士のように一生懸命に活動するのを見て、胸がいっぱいになりました。ドンワンも自分に合う音楽を見事に歌いました。今年は神話の18周年でもあり、神話の1年になるために頑張りたいです。3月に開催される神話のコンサート前に活動するソロアルバムは僕が最後なので、最後まで上手に締めくくり、3月にはメンバー全員が集まり、公演を開催できたらいいなと思います。

―ファンが喜びそうな曲を集めてアルバムを作ったと聞きましたが、普段からファンたちの書き込みを確認する方ですか?

ヘソン:細かくするわけではないが、ある程度は確認しています。

―今回のアルバム活動でファンたちがどんな点に喜びそうですか?

ヘソン:恐らくステージだと思います。一番神経を使い一生懸命頑張った部分なので。皆様を喜ばせるためにヘソンが熱心に準備したと思ってくださればいいです。

―チョンジンのアルバムにはエリックが、ドンワンのアルバムにはアンディがフィーチャリングに参加しました。ヘソンさんのアルバムのフィーチャリングに参加したメンバーはいません。

ヘソン:僕がソロとして最後にやったプロジェクトが「Once Again」です。毎月、1曲ずつ僕の歌をカバーしてコラボしました。久しぶりに出たソロアルバムなので、今回は自分の歌声だけをアルバムに詰め込みたかったんです。5番目のトラックの「綺麗なお嬢さん」でもナレーション部分がありますが、その部分もフィーチャリングできる部分で、エリックやアンディに頼んでもよかったのですが、その部分を僕がやったらファンに細かな楽しさを与えられると思いました。エリックから「ヘソン、今回はミヌと組んだらぴったりなんだけど」と言われました。最近、僕がミヌのクリスマスコンサートにゲスト出演しました。ぴったり合いました。エリックが今年は何かぴったり合っていいと言っていました。そのように1年を締めくくることができて、神話のメンバー全員が喜んでいました。

―10年間を振り返ってみてどうですか?

ヘソン:振り返ってみると、10年間、僕はやりたかったステージと公演ができました。今までアルバムを出し、公演ができたのは聞いてくれる方々がいたからです。時間が経つのは本当に早いですが、僕は10年間幸せに音楽活動ができたと思います。そのような部分を考えるようになり、ある程度ファンの皆様に恩返ししなければならないと思いました。ファンの話をすると照れますが、当然なことだと思います。これまで10年間、ありがたかったです。

―ソロ歌手として収録曲の中で好きな曲は何ですか?

ヘソン:僕がカムバックするとしたら、皆様はバラード曲を思い出すと思います。そんなイメージを覆したかったので、暖かい雰囲気の曲を歌いました。ジャケット写真も温かい雰囲気に撮影しました。好きなことを頑張ってみようという趣旨で明るい曲を収録しましたが、5曲全てが明るいと面白くないので、寒い冬の雰囲気に似合う曲「終わりだ」を入れました。バラード曲が多くの方々が知っている僕のイメージだと思います。だからと言って他の曲が嫌いなわけではありません。

―バラエティ番組にも積極的に出演してますね?

ヘソン:ソロ歌手のヘソンとしてはアルバムをリリースしても番組出演もあまりせず、主にアルバムと公演活動をしていました。今回のアルバムは僕がやりたいことではなく、ファンの方々に喜んでもらえる曲を収録しました。今回はできるかぎり、多くの番組に出演しようとしています。「君の声が聞こえる」シーズン2とSBSのバラエティ番組「同床異夢、大丈夫大丈夫!」にも出演したし、今後も積極的に出演できる番組を探して、ファンに喜んでもらえる番組に出演したいです。音楽番組もステージ初披露を皮切りに、できる限り長くしたいです。

―もしかして、心理的に何かきっかけがあったのでは?

ヘソン:今までやってなかったことをやるから不思議でしょう? ハハ。特別なきっかけがあったわけではなく、これまでの10年間を見守ってくれたファンに感謝しているので、お返ししたかったんです。仕事が増えたけど、スタッフたちがむしろ楽しく働いています。

―ソロ歌手として活動しているヘソンさんがステージの上でダンスを披露するとは驚きました。プレッシャーはなかったですか?

ヘソン:一生懸命練習しています。絶対に失敗しないと思います。新しい姿を見せるのは良いことだと思いますが、最初の放送で人々に「バラードを歌えばよかったのに、どうしてあんなことをしているんだろう」と言われると悲しいです。なので、より慎重になる部分もあります。ダンスグループを18年間続けているのに何が大変なんだろう、と思うかもしれませんが、僕はお話した通り歌がメインです。今回にダンスで認められないのではなく、よく似合うことをしっかり準備したと言われるのが目標です。だから、絶対、失敗してはいけません。

―音楽的に挑戦を続けていますが、ラップに挑戦したいという意欲はありませんか?(笑)

ヘソン:まったくないです。ラップはバラエティ用です! ラップは難しいです。全然やってないわけではないですが、真面目にラップを認められたくて歌ったわけではなく、バラエティ番組で面白半分で歌ったことはあります。ラップを歌うと、非難されるのではないでしょうか? パフォーマンスは僕にできるもので組み合わせて準備すれば大丈夫です。

―ファンが喜んでくれるものの中で、できないと思うものはありませんか?

ヘソン:うん……何があるかな? 演技かな? でも、演技は死ぬ前に一度は挑戦すると思います。ソロでダンスを踊るとは僕も考えてなかったから。後になって話を変えることはできないので、僕にできないものはありません(笑) ミュージカルもオファーをいただいたことがありますが、基本的な準備なしに挑戦したらダメだと思ったので、慎重に決めようと思っています。スタイリストが僕がピンクのニットを着て撮った写真を見て、冗談で「ヘソン兄さんがピンク色の衣装を着るまで10年がかかりました」と言いました。死ぬほどやりたくないことは何があるのかな? ラップも迷惑にならないラインでやりましたからね。ハハ

―歌手が演技をすることが当たり前になった時代ですが、ヘソンさんは歌だけにこだわっていますね?

ヘソン:一番重要なのは、僕が一番上手くできることが歌だと思っています。演技であれ、何であれ、他のことをする時は軽い気持ちで挑戦できません。その挑戦が漠然と僕がやりたいことだからアマチュアのようにやるのは礼儀ではないと思います。自分自身の準備ができてから挑戦しなければならないと思っていますが、まだそのような自信や準備が整っていません。準備なしで始めるなら、最初からやらない方がいいと思います。そうしているうちに、ファンの皆様が僕が歌うことに集中していると思っているところもあるし、僕が10年間歌えたことは、ファンの皆様が応援してくださったからです。本当に感謝しています。

―NAVERのLIVE映像配信アプリ「V」で生配信しますか?

ヘソン:チョンジンはどうしてあんなに気楽にできるのか……ハハ。少しずつ慣れています。個人的にSNSをまったくやっていないので、「V」で少しだけど個人的な部分をお見せできて、いいコンテンツだと思います。ぎこちないのも僕のキャラクターだと思います。18年間ずっとぎこちないキャラクターです。ハハ。テレビ番組やバラエティ番組に一人で出演したら、ファンは喜ぶと思いますが、まだ慣れていません。「君の声が聞こえる」でも慣れませんでしたが、放送を見たら、悪くなかったです。ほっとしました。バラエティには向いてませんが……

―今回のアルバムに目標はありますか?

ヘソン:初ステージを気にしています。「一生懸命に準備したので、上手くできた」という評価を受けるのが最高の目標です。それも簡単なことではありませんが。

―今日のインタビューで話し合ってみたら、ヘソンさんは完璧主義者のように思えます。

ヘソン:ちょっと慎重な方ですよね?

―今回のアルバムはファンのための完璧なプレゼントになると思います。

ヘソン:入念に準備しました。お互いが100%満足できるアルバムではないと思いますが、僕の努力を知ってもらいたいです。僕は10年間ソロ活動をし、18年間神話として活動しましたが、新しいことを準備して、皆様にお見せできることだけでも感謝しています。本当に長く活動して来ましたが、今後の目標を立てるとしたら、今のように長く地道に音楽活動をしたいです。何かまた新たなことに挑戦できる部分があると思いますが、これまでやってきたことでより深みを感じるなど、色んなことに挑戦できるので、自分自身を励ましながら長く活動したいです。今年はやることがたくさんあります。今年は休まず走り続ける一年です。神話の年、ヘソンの年、神話創造の年になってほしいです。

記者 : パク・スジョン、写真 : LIVEWORKS COMPANY、翻訳 : ナ・ウンジョン、チェ・ユンジョン