防弾少年団、グローバルファンミーティングが大盛況…9千人のファンとの“幸せな時間”

防弾少年団、グローバルファンミーティングが大盛況…9千人のファンとの“幸せな時間”防弾少年団が2度目の公式グローバルファンミーティングを成功裏に終えた。

防弾少年団は24日の午後2時と7時、ソウル高麗(コリョ)大学化汀(ファジョン)体育館で公式ファンクラブであるA.R.M.Yの第2期ファンミーティング「BTS 2ND MUSTER[ZIP CODE : 22920]」を開催し、9000人のファンと会った。

今回のファンミーティングは23日に予約受付を開始してからすぐ全席完売し、最もホットなグループとして地位を固めた防弾少年団への世界のファンたちの熱い反応を実感させた。

MCディンドンの司会で進行された今回のファンミーティングで、防弾少年団は近況について語り、4thミニアルバム「花様年華 pt.2」の活動とアルバム発売の直前に開催した「2015 BTS LIVE <花様年華 on stage>」を終えた感想を伝えた。また、2016年を迎えて二十歳になったジョングクのことと、多事多難だった2015年を締めくくりながら、今後もより努力する姿を見せたいという抱負を明かし、ファンミーティングに参加したファンたちから拍手喝采を受けた。

防弾少年団はメンバーたちの悩みを聞くコーナー「防弾竹の森」と恋愛シミュレーションコーナ「恋愛2年目」、そして、ルーレットを回してミッションを遂行する「ブルーマーブル」コーナを設けて笑いと感動を与え、ファンと近くでコミュニケーションをとる時間を過ごした。

防弾少年団は「花様年華」シリーズのタイトル曲である「I NEED YOU」と「RUN」「Sick」「BOY IN LUV」など、多数のヒット曲を熱唱した。特に、コンサートで見られなかった「花様年華 pt.2」の収録曲「ベプセ」のステージを初披露し、ファンから熱い反響を得た。

最後に防弾少年団は「本日、とても寒い陽気にもかかわらず遠くから来てくださったA.R.M.Yの皆様に感謝します」と挨拶した。「(ファンミーティングのサブタイトルにもあるように) 2年の時間を数字に換算した数字が22920です。短くない時間を振り返ってみると、幸せでした。今後、増え続ける数字を考えると、さらに幸せを感じます。2万2千920時間の間、一緒にいてくれて本当にありがとうございます。これからも5万時間、10万時間、一生懸命に頑張る姿をお見せしますので、その時も今のように見守ってほしいです」とお願いし、ファンとの深い友情を誇示した。

記者 : パク・スジョン、写真 : Big Hitエンターテインメント、翻訳 : チェ・ユンジョン